日光山系 ななころびのあの山の向こうに

あの山の向こうには何が待っているのだろう。7回ころんだら7回起き上がる、平凡ハイカーななころびの気まぐれ山行録です。

赤面、須立間はカラっとした雰囲気がアルプス的  赤面山/三本槍岳/須立山/甲子山 Pt.2

2016-10-25 04:10:37 | 山行

2016年10月16日(日) 晴 
=====> Pt.1  からの続きです。
本日の目標としていた行程の稜線が意外にも手に取るように間近に感じられて、天気の良さもあって、少し気が大きくなります。須立山、甲子山間は先週歩いていて、自信があります、須立山山頂に13時くらいまでに着けば問題ないでしょう。。まずは赤面山からはまずは三本槍を目指します。
(赤面山直下から三本槍に向かう稜線)



左サイドには那須連山が見えて、歩いていくと刻々と山の見える角度が変化していきます。



朝日岳の直下のこんもりした山の斜面をズームにしてみますと、とんでもないことになっている事がわかります。あの中を歩いたら、どんな景色が見られるのでしょう。



三本槍の東にある前衛峰がだいぶ近づいてきます。このあたりはまだ人も少なく静かです。



前岳は知らないうちに通り過ぎて、左カーブに斜面を横切る局面では、東方面に下っていく尾根に赤いモザイク模様が綺麗に望めます。あの尾根を歩いたとしたら、結構急でしょうね。



振り返って、赤面山。



ルートは概ねしっかりしていて、明瞭。大きな岩峰を巻いて登って行きます。ふと、別の一般ルートと合流しますと、登山者が一機に増えた印象。中の大倉尾根っていう尾根でしょう。この尾根は歩いたことがないので、機会を見つけていつか歩いてみましょう。



中の大倉尾根合流から、緩やかに登って、那須連山の主脈のコースと合流で、もっと登山者が増えます。やはり、1年で一番紅葉のいい週末なのでしょう。歩いていくと、10人くらいの行列の最後尾についてしまいました。しばらくノロノロ行きます。
(朝日岳方面)



(もうすぐ、三本槍ピーク。でも少し頑張らなければいけない地点)



自信二度目の三本槍です。登山者でごった返しています。座る場所もないので、ここは大好きな三倉山の写真だけ撮って軽くスルーしました。
(秋の好日の山頂。)



でもって、その三倉山の画像です。縦走路がくるっと曲折しています。あれ山の斜面が赤く紅葉してるぞ、そういえば初夏にしか歩いていないな、今度秋に歩いてみましょう。




三本槍ピークをスルーして、北上すると途端に静かな世界。それでも大峠からピストンのようなかたが、多少歩いています。これから向かう北の縦走路を眺めます。(p ↓)




鏡ケ沼って言うんだっけ?綺麗な色をしていました。



三本槍から一旦ガレの旧斜面を下りますが、危険なほどではないです。下りきるとあとは、少々ヤブが道にハミ出す程度の平穏な縦走路。大峠分岐を過ぎると、ルートは一層歩かれていないモードになりますが、それでも整備されている印象です。
(振り返り、大きな山容の三本槍)




たいした登り返しがなくて済んでホッとして、須立山山頂に立てます。寡黙な青年と一言だけご挨拶。静かな山頂で、ここは2週連続。この先甲子山、甲子温泉までは歩いたルートなので、気はかなり楽になります。
(須立山山頂、左に旭岳、右は大白森山)



赤面山ピークにいた頃は、縦走した場合、日没コールドで暗くなってしまうのを恐れていましたが、須立山頂に12:14着ですから、もう心配はないでしょう。先週、須立山頂から甲子山に戻るとき、復路はかなりあっさり帰れた気がしたのです。ここからは、知っている道ですし、あとはゆっくり秋色の森を楽しみながら歩きましょう。須立山直下のガレを下って、先に進みます。この後、また絶好の紅葉地帯が出てきて写真が多くなりそうなので、続きます。  =====> Pt.3へ ■■


(須立山直下のガレ急斜面から観た、旭岳方面。)

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アプローチで使った堀川登山... | トップ | 坊主沼周辺の縦走路は、黄葉... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やはり那須の紅葉はいつも (ノラ)
2016-10-25 21:17:09
ななころびさん こんばんは。やはり那須の紅葉はいつ見に行ってもいいのですね。過去に2度ほど行ってるのですが,人の多さで辟易してます。まあ2度ともオートバイで行ったので渋滞は回避してますけど,その昔かみさんの車で行こうとして東北道の渋滞につかまって途中で帰ったこともありますよ。中禅寺湖畔と混み方は双璧のばしょじゃないでしょうか。でもこの紅葉が見れれば渋滞なんのそのなんでしょう。なのでななころびさんや野球親爺さんの記事で満足しちゃうのです。
Unknown (ぶなじろう)
2016-10-25 22:04:48
こんばんは。
自分も10/10に那須の山を地味に歩き、ガスに巻かれましたが、やはり晴れ渡ると気分が高揚しますね。
堀川コースの高木が紅葉し始めると、主稜線の灌木紅葉は最終盤かなと思いましたが、最後の1枚「須立山からの俯瞰」を見ると中々のものですねぇ~。こう言った景色を見たいものです。
ノラさん (ななころび)
2016-10-27 02:28:49
こんにちは。
ちょうど歩いた16日頃が那須の山が一番色づいた頃だったようです。今回のルートで歩くと、自分は田島経由で行けるので、渋滞とかまったく無しです。
三本槍から北の稜線も、人も少なくとてもいところですね。
赤面山もとてもいい山なのを初歩きで発見しまして、今後リピートしそうです。
ぶなじろうさん (ななころび)
2016-10-27 02:36:55
こんにちは。
堀川コースの上のほうの黄葉は正にまっ盛りの状態で、赤面山の山頂付近の斜面の潅木の紅葉はパサパサで終わりかけだった気がします。
須立山から北の縦走路の紅葉は、色とりどり、。
ただの地味な森の中のコースですが、そういうところを歩くのが、一番癒されますよね。

コメントを投稿

山行」カテゴリの最新記事