ブルエの森のアトリエから 〜アートな日常のささやき 【ポム・ヴェール pomme vert】通信〜

【川越】子ども美術教室&アートセラピー 心に寄り添うアトリエ。絵画・工作・臨床美術で豊かな人生を♪

【小鳥のおうち】〜息子の誕生日に〜

2017-05-19 14:08:18 | shufurina舞のワーク♡

次男の19歳の誕生日に創作




『小鳥のおうち』〜私の大切なもの〜


私たちのもとに生まれてきてくれてありがとう の気持ちを込めて作りました。





次男が小さい頃から大好きなでドライブしてる絵




青い鳥は息子。誕生日なのでティアラを乗せました


綿の下にはオイルパステルで色を塗り込んだガーゼがあります 見えないけど…




メイン材料の彩生ポットです
さいたま市の杉の子学園さんの製品です。植木鉢としてしばらくはで使っていたのですが、再生紙の肌触り柔らかなパステルカラーの色あいが気に入って、
このままの形を留めておきたいなぁと思うようになり
、ふと鳥の巣のイメージが湧きました

今回私は黄色を使用しました。



庭ではバンバン水やりしますから、すこ〜しずつ崩れてきて…


やがて土に還ります…。


始めは1本のオレンジ色のラインから。



そこから少しずつイメージが膨らんでいきます 手を動かしながらあれこれ考えてアイデアを思いつくのがだんだん楽しくなります


アトリエの生徒さんとは、
『〇〇のおうち』というテーマで創作しています。

メイン材料を固定して、いろんなヴァリエーションができそうですね




小鳥起きあがりこぼしを芯にしています。

ビーズ、和紙、糸などお気に入りの材料を自由に使います。

小鳥も、さらに材料を変えたらまた面白いものが作れそうですね。発想が膨らみます





この作品にはもう一つの想いが込められています。それは…

家庭はエネルギーチャージの場

だということ。ここ数年のあいだにとても強く感じていることです。の部分にはあたたかい発光体のような存在の親がいる。

触れたり、会話したりとその存在を感じることも大切なんだと。ご飯を作り、洗濯をし、掃除することも大事ね。

スキンシップも‼️
嫌がる年齢になる前にたくさん触れ合いたい 「キモッ!」とか言う年頃になっても、こちらが受け身の姿勢でいるとたま〜にさり気なく触ってきたり、「湿布貼ってー」とか言って上半身裸で(あ、息子です)私の前に座ったりします。あぁ、20歳代はまだまだ母からのエネルギーを必要とするのねなんて実感するのです✨



ま、この作品を次男に見せたら、
へー、興味なーい!それよりプレゼントはゲームソフトだよ! の一言で終わりました
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『彩生ポット』の工作〜オリ... | トップ | 【オルセーのナビ派】〜丸の内〜 »
最近の画像もっと見る

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL