B.LET'S 

「滝本Bログ」滝本祥生のブログです。B.LET'SのHP→http://blets.jimdo.com/

終わって、また始まって

2016-12-10 00:49:16 | 日記

「中ノ嶋ライト」のチラシが届きました。

今回のチラシは切り絵作家のYUYAさんにお願いし、いつもとは少し違う雰囲気。

チラシの雰囲気が少し違うと、気付いていて貰えてたら嬉しいです。

私は本格的に「中ノ嶋ライト」の書き直しに入り、ようやくその世界が少し体の中に入ってきました。

しかし思ったようには進まないのが現状で。

それは今書く世界観と、当時の世界観とはもう違ってしまっているので、そのずれの間で正しい方向が分からずに迷ってしまっている感じ…? 自分の本なのに不思議な事ですが。

 

先日終演した「ラクリーメロッセの読書会」もそんな思いの中、書き直しました。

 

改めまして、もじゃもじゃ頭とへらへら眼鏡プロデュース「ラクリーメ・ロッセの読書会」が、全公演無事に終了しました。

ご来場いただいたお客様、関係者の皆さま、ありがとうございました。

殆どの私の作品を観に来てくれている友人も「初めて見た作品だった」と言ってましたが、それもそのはずでもう二度と上演することはないと、心の奥にしまい込んでいた本、

その物語を、また上演するきっかけをもらって、その上で演出の笹浦さんや出演の俳優のみなさんや制作の山下さんや…楽しんで上演して貰える作品となったようで、嬉しいです。

最終日には最近劇団員になった大田康太郎くんも観に来てくれました。

大田さんは今回、青木清四郎さん(カプセル兵団)が演じられた「水川」の最初のキャスト。

「水川」の繊細さのモデルは大田さんで、この日も「緊張して見ていられない」とか「緊張で胃痙攣をおこした」とか「苦しい」とか、ただ観劇するだけなのになぜ? と思うほど繊細な気持ちで観劇しておられたようでした。

本にも俳優にも寄り添った笹浦さんの演出、世界観はとても興味深いもので、私が自分で上演したときとは全く違った面白さ、雰囲気に出来上がったことが嬉しかったし、勉強になりました。また2月に再演を予定して貰えるとのお話も聞いて、更に書き直せることを幸せに思います。

今、芸術劇場で本番中の金替康博さん(MONO)も、稽古の合間にわざわざ観に来てくださって→「紅をさす」(東京マハロ)@芸術劇場上演中

金替さんに「おもしろかった」と言ってもらえたことも、十年ぶりに私が書いたものを見て貰えたこともうれしかったです。

一緒に移ってる山本麻貴ちゃんはMONOで金替さんと共演、今回の「中ノ嶋ライト」に出演してくれます。

 

ともかく、「ラクリーメ・ロッセの読書会」また書き直しのチャンスが貰えて嬉しいです。

書き直してまた作り直せることは演劇だけの特権かもしれませんから。

 

終わって始まって次は「中ノ嶋ライト」。

これももう二度と上演しないと思っていた作品、絶対に面白くしなければ。

来週から稽古が始まります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

B.LET‘S第17回公演・第27回下北沢演劇祭参加作品
「中ノ嶋ライト」  
作・演出  滝本祥生

会場  下北沢「劇」小劇場

キャスト
永島広美
大田康太郎(以上B.LET‘S) 
川口雅子 
酒井孝宏 
櫻井竜
永田涼香(TOKYOハンバーグ) 
中西浩
山本麻貴
渡辺啓太(東京サムライガンズ) 

音楽・演奏 Mahsa(マーサ)今尾昌子 

前売り ¥3600 当日¥3900 前半☆・学生割¥3300
日時指定・自由席 (学生券は劇団のみ取扱い・要学生証提示)

日程 
2月8日~12日
8 (水)       /19:30☆ 
9 (木)14:00☆/19:30
10(金)14:00/19:30
11(土)14:00/19:00
12(日)13:00/17:00

前売り開始  2016年12月24日(土) 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12/5,6 「ラクリーメ・ロッ... | トップ | 2016年「中ノ嶋ライト」の稽... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事