おっさんゲーマーのゲームな日常(元翔説場)。

30代独身おっさんゲーマーのゲーム中心日常ブログです。極まれに小説なんかもあり。

千の刃濤、桃花染の皇姫

2016-10-19 22:55:09 | ギャルゲー
 どおも。
 今日は昨日もう少しでクリアだろうと書いた千の刃濤です。結局その後数時間やってクリアしました。

 面白かったです。以上。…は流石にどうかと。ネタバレは極力避けます。
 最初から最後まで集中して読み続けることができました。プレイ時間は記録していないのではっきりとは分かりませんが20~30時間だと思います。先が気になったので駆け足気味で読んでいたのとHシーンはほぼ飛ばしたのでまたやるときはゆっくり読んでいきたいですね。キャラクター、シナリオ、演出、BGMなどどれも高いクオリティで完成度が高い作品だと思いました。
 若干のボリューム不足を感じてしまいますが、同じシナリオ展開でどうしても比較してしまうユースティアは各ヒロインがそれぞれの問題を抱えて解決していきながら進行していったのに比べて、今作は基本的な目的は一つでそういうところが無かったためだろうと思います。個別ルートがやや薄く感じるのもそのせいでしょうかね。
 序盤であからさまに敵になる相手が分かったりとツッコミどころも色々あるんですが(詳細はネタバレになるのでやめておきます)、綺麗にハッピーエンドで締めてくれたのも含めていいシナリオだったと思います。
 今回珍しくヒロインに「特にお気に入りになったキャラ」も「あまり好きにはなれないキャラ」もいませんでした。サブキャラも含めれば流石に・・・なのですが、ヒロイン全員が魅力的で好きになりました。あえて一番気に入ったキャラを選ぶとヒロインではなく五十鈴さんですね。何故彼女のサブストーリーが無いのか。
 主人公がああなってこういうことを強いられるという話はどこかで見たことがあるような気がものすごくしたりもするんですが、それをひっくるめても面白い作品でした。公式へのアンケートも回答しておきましたよ。今後も個人的に作品を追う数少ないメーカーとして楽しみにしています。コンシューマー版が出たら追加要素が無くても買うような気がしますね。その位には面白かったです。

 では、今日はこのへんで。
 それでは。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 書くことがマジでないです。 | トップ | すいません寝落ちしました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL