yuuのTrash Talk

クラッチシューター・yuuが綴るバスケ(Blaze )やスローライフ

Blaze 今昔物語_6

2016-10-13 21:48:32 | Blaze


AIR JORDAN XⅡ、フレンチブルーは3代目の紺ユニフォームに合わせて当時よく履いたものです。さすがにソールの黄ばみが目につきます。

さて、今は昔、ブレイズのDNAに関する話。チームの理念や運営の仕方などは、僕の独自のアイデアもあるのですが、多くは他のチームとの交流を通して気づかされたものでした。

例えば、Micksからは見た目でも楽しむことを。彼らは、濃淡ユニフォームに加えてサードユニフォームも揃えていて、それらのカラーに合わせたJORDAN等の着用率が高かったですね。あの当時なので11~13。甲冑や旗指物を赤備えした武田や井伊みたいなイメージでかっこ良かった。対戦中に、トラッシュトークではなく、お互いのバッシュを誉めあったりして楽しかったものです。ウェアを揃える楽しみは彼らに影響されたのかもしれません。ジャージ、Tシャツ、ロンT、2チームコラボによるプラクティスシャツ、セカンダリーシャツなど。

P-shampooからはケミストリーを。とてもアットホームで絆の強いチーム。Gや練習試合での対戦以外にも、合宿や遠征に誘ってもらい交流を深めました。そのなかで彼らのチーム運営からも学びました。特に、新たなメンバーを加える際の考え方は、良いケミストリーを生み出すのに効果的と感じました。協調性があって、チームプレイができるなど、適した人材を集めることができれば、チームの土台は磐石です。

その他にも、Aspirants、じにす、Chuken、上越籠球組・・・GやAMLのチームから、多くの刺激を受けました。こういった交流のなかでBlazeは育まれてきたのだと考えています。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨夜の練習 | トップ | giant hornet »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。