MOSSANの気紛れ日記

ゲームブック、レトロゲーム、マクロスが大好きです。
記事のテキストの改行は、PC準拠で行っています。

《恐怖の幻影》 第32話 悲しむ時間も無いのね

2017年05月15日 08時11分47秒 | 恐怖の幻影(完結)
あたしたち森エルフにはテレパシー能力がある。

リアン(森が… 無言で… 泣いてる…)

遥か遠くから感じる。森が受けている痛みを…

リ(あんなのは、あたしの知ってる森じゃない…)

いくつか無事な樹木もあるけど、大部分が荒廃してしまっている。
まるで炎、もしくは狂ったドワーフの斧の餌食になったみたいに…

あたしのいる場所、そして麓の快適な谷の澄んだ空気とは対照的に、
遠くに見える呪われた一帯は、陰鬱な空気に包まれている。
混沌とした生命を持つ霧が渦巻いていることがわかる。

?「ウアーッ!!」

リ「────ッ!!」

不意に耳障りな叫び声を聞いて、あたしは我に返った。

?「ウアーッ! ウアーッ!」

叫び声が空気を切り裂き、頭上の木々で囀ずっていた鳥たちを黙らせる。
あたしは身も心も凍る恐怖を抱いた。

・急いで隠れる

・この場に留まる

怖い! 傷心のあたしに容赦無く迫る何かが、すごく怖い…!


★ステータス
技術点 12/12  体力点 17/17  運点 11/11  魔力点 19/14

★持ち物
愛剣テレッサ
革の鎧
背負い袋
食料8食分
幸運の飲み薬
イノシシの牙
12本の枝で装飾された角笛
ジャンル:
レトロ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 《恐怖の幻影》 第31話 変... | トップ | 《恐怖の幻影》 第33話 狂... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。