MOSSANの気紛れ日記

ゲームブック、レトロゲーム、マクロスが大好きです。
記事のテキストの改行は、PC準拠で行っています。

《恐怖の幻影》 第38話 信じていいの?

2017年05月17日 06時33分34秒 | 恐怖の幻影(完結)
あたしの眠りを誰かの声が妨げる…

?「森エルフだわ」

?「とても可愛らしい顔をしてる」

?「そして透き通るように綺麗な肌…」

リアン(…?)











あたしは意識を取り戻す。

リ「ありゃりゃ? あ、貴女たちは?」

?「魔法の庭へようこそ」

?「この翼を見ればわかるでしょ?」

リ「よ、妖精? 実際に見るのは初めてだ…」

妖精A「私たちは、植物と豊かさの神ガラナの子…」

そう言って、妖精たちはあたしの周りを飛び回る。

リ「あたしに何か用なの?」

妖精A「まあまあ、そう構えないで」

妖精B「この世界には、森エルフさえ知らない草木がたくさんあるのよ」

妖精C「その知識について、私たちが色々と教えてあげるわ。
   ワクワクするでしょ?」

リ「ど、どうしてそんなことを…?」

あまりに唐突だけど、確かに興味深い申し出だわ。
もし本当なら、ぜひとも教えてほしいな…

ここでサイコロを一つ振る。出た目は4だ。


★ステータス
技術点 12/12  体力点 15/17  運点 11/11  魔力点 19/14

★持ち物
愛剣テレッサ
革の鎧
背負い袋
食料8食分
幸運の飲み薬
イノシシの牙
12本の枝で装飾された角笛
ジャンル:
レトロ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 《恐怖の幻影》 第37話 身... | トップ | 《恐怖の幻影》 第39話 剥... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。