MOSSANの気紛れ日記

ゲームブック、レトロゲーム、マクロスが大好きです。
記事のテキストの改行は、PC準拠で行っています。

《恐怖の幻影》 第56話 あたしたちは迷コンビ?

2017年05月20日 08時00分22秒 | 恐怖の幻影
あたしはエリックの同行を受け入れることにした。

リアン「いいよ、二人で行こう。
   だけど、危ないと思ったら、すぐに引き返してね」

エリック「ガッハッハ! 俺に勝てる者なんかいない。何でも来い!」

リ(すっかりキャラクターが変わってる…)

こんな感じで大丈夫かな?











あたしとエリックは小屋を出て、苦労しながら柊の茂みを潜る。
そして森の中を歩き始める。

毒々しい色に染まった木の葉が、異様に膨れている。
中には枯れてしまったものもあった。
森エルフのあたしの目には耐えられない光景だ。

リ「エリック、イシュトラの巣窟について何か知ってる?」

エ「ガッハッハ! イシュトラだと? 知らん! だが、怖くないぞ」

リ「そ、そう…」

エ「俺の斧は、世界で一番の切れ味を誇る。ガッハッハ!」

リ(こりゃダメだわ…)

エリックから情報を聞き出すのは無理みたいだ。
ぎこちない口調こそ治ってるけど、まだまだ頭のリハビリが必要ね…

エ「俺が拷問したオークは、本当に臆病者だった。ガッハッハ!」

リ「いつ頃の話?」

エ「千年前だったかな?」

リ「そんなわけないッ!」

あ、あたしの頭のほうがどうにかなっちゃいそう…

エ「イシュトラ…」

エリックが何となく呟く。あたしはイライラしてきた。

リ「エリック、無駄口を叩かないで急ごうッ!」

エ「あのオークが言ってたな…」

リ「…?」

急にエリックが真剣な表情になる。何を言い出すつもりなの?
もっとも、期待しても仕方ないけど…


★ステータス
技術点 12/12  体力点 17/17  運点 10/11  魔力点 20/14

☆エリックのステータス
技術点 ?  体力点 ?

★持ち物
愛剣テレッサ
革の鎧
背負い袋
食料7食分
幸運の飲み薬
イノシシの牙
12本の枝で装飾された角笛
22本の枝のうちの1本
20という数字が刻まれた琥珀
ジャンル:
レトロ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 《恐怖の幻影》 第55話 冒... | トップ | 《恐怖の幻影》 第57話 魔... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。