MOSSANの気紛れ日記

ゲームブック、レトロゲーム、マクロスが大好きです。
記事のテキストの改行は、PC準拠で行っています。

《雪の魔女の洞窟》 第121話 光が見える時

2017年03月07日 08時19分49秒 | 雪の魔女の洞窟(完結)
私と癒し手は、無言のままで洞穴を歩き続ける。
そして…











マーテル(光…)

洞穴の突き当たりにある亀裂から、太陽の光が射し込んでいる。

癒し手「ワシが付き添えるのは、ここまでじゃ」

マ「…! これから私はどうすれば?」

癒し手は落ち着き払って私の質問に答える。

癒「最後の試練には、お前一人で臨まねばならぬ。
 その〈生の仮面〉を被って、夜明け前に火吹山の頂まで行け。
 そして日の出を見るのじゃ」

マ「こ、この仮面を?」

私の顔から血の気が引く。もうあんな激痛は…
そんな私の気持ちを察するように癒し手が言う。

癒「案ずるでない、既に最初の試練は乗り越えておる。
 頂に着いたら、東に向かって座禅を組むがよい。
 地平線に日の光が射し初めた時、お前は完全に癒されるじゃろう」

マ(やっと…)

だけど、火吹山の頂まで行くだけの体力が、今の私にあるだろうか?

癒「何か銀製の物を持っておるか? あれば天馬を呼ぶことができる」

マ「天馬?」

癒「天馬は、お前を乗せて火吹山の頂まで運んでくれるじゃろう」

・銀製の物を持っている

・持っていない

私はザックの中から銀の矢尻を取り出すと、癒し手に手渡した。

癒「つくづくお前の強運… いや、お前自身の強さには驚かされる」

癒し手は銀の矢尻を亀裂に向かって放り投げた。
そして指笛を大きく鳴らす。


★ステータス
技術点 11/11  体力点 13/20  運点 6/11

★持ち物

革の鎧

ザック
金貨148枚
食料2食分
マント
勇気のカエルの護符
魔法の銀の笛
投石器
鉄の玉1個
金の指輪
銅の指輪
星形の金属板
四角形の金属板
銅の腕輪(技術点+1)

★メモ
白ネズミに気を付けろ
一度だけ魔神の力を借りることができる
グル・サン・アビ・ダァル
エルフの健康薬を飲んだ
ジャンル:
レトロ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 《雪の魔女の洞窟》 第120話... | トップ | 《雪の魔女の洞窟》 第122話... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。