MOSSANの気紛れ日記

ゲームブック、レトロゲーム、マクロスが大好きです。
記事のテキストの改行は、PC準拠で行っています。

《電脳破壊作戦》 第113話 無我の境地で…

2017年04月24日 11時17分15秒 | 電脳破壊作戦(完結)
こうなったら、賭けるしかない。
この洗脳装置に欠陥があることを信じて、実験台になるのよ。
フェーザー銃を持ったアルカディア人と正面から戦うより、
いくらかの望みがあるはず…

あたしは科学が苦手科目だった。
だけど、この手の装置にありがちな欠陥ぐらいは知っている。

リアン(あたしが強い意志を持てば…)

そう、洗脳に抵抗するだけの強固な意志を保つことができれば、
逆にアルカディア人を支配することが可能なはずだ。
なぜなら、お互いの頭にコードを繋ぐんだから…
あたしの意志が相手に働きかけて、相手の意志より強ければ…
危険な賭けだけど、これ以外に助かる術は無い。

アルカディア人「お前は運が無い。いや、幸運だな。
       偉大な実験のモルモットにされるのだから」

アルカディア人は、あたしの手足を椅子にガッチリと拘束する。




いよいよ悪魔の実験が始まる。
アルカディア人の頭には電極が貼り付けられ、そこから伸びたコードは、
洗脳装置を経由してあたしの頭に貼り付けられた電極に続いている。
もう逃げられない。最後まで意志の力で戦うしかない。

・心を無にする

・アルカディア人の意志に抵抗する

空手の試合の前も、あたしはいつもそうしてた。まずは無心に…











無想状態になることで、あたしの心は水のように澄んでいく…

リ(……)











恐怖心が消えて、精神戦闘の準備は整った。
精神戦闘の間、あたしの技術点は高まる。原点を越えて構わない。
(技術点+1、12→13)

やがて頭がボンヤリとしてきた…


★ステータス
技術点 13/12  体力点 16/17  運点 9/11

★持ち物
レーザー剣
反重力バックパック
精神探査機

★所持金
1350クレジット

★メモ
ザカリアス教授の部屋は×××号室
合言葉は無情の海

★コードの手掛かり
け! たたかいはわれらのたのしみ
はたぎる もたもたするな
んのうのアルカディオンよ!
うをおしむな すすめ つねにすすめ!
け! いくさのおたけびにちはさわぐ
をもとめて──すすめ ひたすらすすめ

2100-2200

真ん中の数字からは、前へも後ろへも同じ数字が続く
ジャンル:
レトロ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 《電脳破壊作戦》 第112話 ... | トップ | 《電脳破壊作戦》 第114話 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。