MOSSANの気紛れ日記

ゲームブック、レトロゲーム、マクロスが大好きです。
記事のテキストの改行は、PC準拠で行っています。

《運命の森》 第69話 力仕事は不得手なの…

2017年08月13日 07時53分41秒 | 運命の森(完結)
ボッ…

あたしは蝋燭に火を点けてみた。途端、部屋中に不気味な影が浮かび上がる。

リアン(うわッ!?)

淡く黄色い光の中で、箱に載せられた石版がよく見える。
その表面に、年老いた男の顔が彫られていた。

リアン「────ッ!」

向かい側の壁の片隅を見ると、仄暗い陰から骸骨の脚が飛び出していた。
あたしはゆっくりと骸骨に近づく…




リ(人間のものじゃなさそうだ…)

骸骨は小さく、頭蓋骨からは鋭い歯が突き出ている。
多分、ゴブリンかオークの成れの果てだろう。

リ(さて…)











あたしは石の箱の所まで戻った。そして、その上の石版に触れてみる。

リ(…! 微かに動くじゃん!)

あたしは必死に石版を持ち上げようとしてみる。

リ「う~ん…(;>_<;) う~ん…(;>_<;)」











しかし…

リ「ハア… ハア… ダメだ…(;´Д`)」

あたしの細腕じゃ、どうにもなりそうにない。
“力の腕輪”は使っちゃったし…

リ(諦めるしかない…かな)

・ふわふわ粉を持っている

・持っていない

ふわふわ粉…?


★ステータス
技術点 12/12  体力点 16/17  運点 11/11

★持ち物

革の鎧
ザック
金貨10枚
食料8食分
技の薬2回分
真鍮のフルート
ネズミの骨のネックレス
銀の小箱
“G”の文字が刻印されたハンマーの柄
ベラドンナ草
ふわふわ粉
銀の鍵

★魔法の道具
万能薬
虫封じの薬
毒消しの薬
聖なる水
光の指輪
するするロープ
ジャンル:
レトロ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 《運命の森》 第68話 オバ... | トップ | 《運命の森》 第70話 中に... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
力仕事なら… (批判屋管理人ALADDIN)
2017-08-13 19:06:59
 ここで「力の腕輪」を使ってもいいはずです。なのに、ふわふわ粉しか使えないという理不尽さ。リビングストンの強引さはこのときから既に始まっていたのかもしれません。
Unknown (ぽんつく)
2017-08-14 09:03:07
何の作品か忘れましたけど、ラスボスは技術点12で2回か3回連続で攻撃されたら(触られたら)麻痺して負け、なんてのがありましたがイアン・リビングストンじゃなかったかな(^_^;)
イアン=リビングストンの作品 (MOSSAN)
2017-08-14 20:44:22
>ALADDINさん
いや、これぐらいなら理不尽のうちには入りませんよ。
イアン=リビングストン作品の理不尽な面は、やはりFF中盤~後半の巻にあります。
技術点二桁でもクリアは困難を極める作品がたくさんありますからね。
シナリオが悪くなくても、強すぎる敵のせいでモチベーションが下がってしまう作品は多いです。
しかし、この《運命の森》は、個人的に良作だと思います。

>ぽんつくさん
イアン=リビングストンの《恐怖の神殿》ではないかと思います。
ラスボスの技術点は10で、体力点は18もあります。
あるアイテムを持っていないと、戦う前に技術点を3失ってしまいます。
攻撃を三回受けると、主人公はやられてしまいます…
私は未読ですが、《甦る妖術使い》のラスボスも似たような感じだと聞いたような…

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。