MOSSANの気紛れ日記

ゲームブック、レトロゲーム、マクロスが大好きです。
記事のテキストの改行は、PC準拠で行っています。

《恐怖の幻影》 第48話 今は勝ち目が無い

2017年05月19日 08時23分41秒 | 恐怖の幻影
リアン(テレッサ、許して…)

あたしは渋々と鞘から愛剣を抜くと、前方の濡れた草村に放り投げた。

リ(生きていれば、きっと希望はある…)

?「よし… よし… いい子… だ…」

リ「ハア… ハア…」

?「さあ… 立て…」

あたしの首から足が離れて、やっと立ち上がることができる。













あたしの首を踏みつけたのは、逞しい身体の男だった。
磨き抜かれた両刃の斧を携えている。

リ(ウッ…)

だけど、見事に手入れされた武器とは正反対に、男は野蛮でむさ苦しい。
汚ならしい服… 長くモジャモジャの髪… クシャクシャの髭…
そして剥き出しの腕には、何年もの垢が染み込んでるみたいね…

男「ガーハッハ!」

リ「ヒッ…!?」

突然、男が嬉しそうに高笑いする。何がそんなにおかしいの?

リ(わかった! 少し頭が足りないんだ…)

そうとわかれば、慎重に対応しなくちゃね。
下手に刺激しちゃうと、何をされるかわからない。

リ(優しく… 宥めるように…)

あたしはソッと声を掛けてみる。

リ「ご、ゴメン、勝手に入っちゃって… あ、あなたと戦う気は無いの…」

男「……」

返事が無い。困ったわね、どうしたものかしら…

・男の隙を突いて、愛剣テレッサを拾う為に走る

・男が何かするのを待つ

テレッサさえあれば、こんな間抜けそうな男に負けるはずない。
だけど、愛剣までの距離が遠すぎる。
拾う前に追いつかれたら、あたしの身体は真っ二つだろう…


★ステータス
技術点 12/12  体力点 13/17  運点 10/11  魔力点 19/14

★持ち物
革の鎧
背負い袋
食料8食分
幸運の飲み薬
イノシシの牙
12本の枝で装飾された角笛
22本の枝のうちの1本
ジャンル:
レトロ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 《恐怖の幻影》 第47話 潰... | トップ | 《恐怖の幻影》 第49話 奪... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。