BLACK SWAN

白鳥のブログ - 日々の世界を徒然と

UQ HOLDER! 第141話 『夢に向かって』 感想

2017-10-17 18:01:04 | Weblog
そうだ、連載141話も読めた。

これ読むと、源五郎の能力や、甚兵衛の能力がようやくよくわかってきた。

あ、そうか、UQHのアニメの3話で源五郎が出てきたのは、彼の能力がいま、連載の方で解禁されているよ、そっちも見てね!ってことだったんだ。

といっても、残機制だっけ、命のストックがあるってどういうこと?と思ったけど。
ついでに、あの、生き返りますか?的な画面が生じるのはどういうこと?

というか、源五郎が、カトラスの能力値をゲームキャラのように見通せるのって、どういうこと?

こういう描写を見ると、やっぱり、この世界って、火星の魔法世界の方なのかね。

つまり、作られた側の世界。
まぁ、ゲームの世界と同じようなもので。

だから、UQHってのは、そのゲームの世界で、各人各様のチートをしている、って感じかな。

SAOやAWで言うところの、心意技のようなものってことで。

となると、究極のチーターは超鈴音なわけだけど。
平行世界移動なんて、そういうことでしょ?

ともあれ、141話自体は、刀太と仲間たちのUQHの面々が京都でカモくんやダーマとともに、ネギたちの平行世界超ハッピーエンドを見たりしている時に、カトラスがUQHのアジトを襲う、ということなんだけど、この自称、刀太の妹、何がしたいんだろうね。

ネギ=ヨルダには紐付いていないから、自発的に動いているということのようだけど、そもそも彼女を駆り立てている動機は何なの?と思うよ。

まぁ、それが明らかになるのが、今回の襲撃の意味なんだろうけど。

しかし、金星の黒、ってここまで魔族化するわけ?

てか、これで、少なくとも、いわゆる純製の魔族は金星生まれであることがわかったから、ザジやポヨもそっち系ってことだよね。

で、かつてネギの村を襲った魔族も、金星からやってきた、ってことなのかね。

そして、そういう魔族=金星人を退治するために誕生したのが、魔法使いだったり神鳴流だったりしたのかもね。

で、その魔族退治の方法を伝来させにやってきたのが「火星の白」の陣営だった、ってことなのかね?

だったら、ネギたちが、イギリスのストーンヘンジのあたりから魔法世界に行ったと思ったらなぜかそこは火星でした!っての理解できるかなぁ。

順番が逆だったってことで。

で、ヨルダあたりは、そういう火星や金星由来の魔的な力を人工的に扱おうとしたマッドな地球人科学者でした、とか。あ、昔だから、錬金術師とかか。

ともあれ、金星と火星の死者が地球にやってきてた、ということで。

で、火星の白は、金星の黒の中和剤としてある。

で、その二つがなぜか、刀太には植え付けられている。

となると、確かに、彼を生み出したのは、魔法師としてのフェイトとエヴァだったのかも。
もちろん、その設計図はネギが書いていたと思うけど。

で、金星の黒だけを継いでしまったカトラスは、実質的な魔族で5段変身?が可能ってこと?なのかな。

となると、カトラスの身の上話をしていく過程で、ネギま!の頃からの積み残しである魔族の謎が明かされていく、ということなのかもね。

もっとも、その説明はザジや龍宮隊長からなされそうだけど。

そういう役割としてカトラスには、ちょっと期待しよう。

どうせ、ネギくんがフェイトを籠絡したように、最後は、カトラスも刀太に籠絡されるんだろうけどさw
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« UQ HOLDER! 〜魔法先生ネギま... | トップ | UQ HOLDER! 第142話 『憎し... »

Weblog」カテゴリの最新記事