ブラックアウト

写真とお出かけ。山歩き。お酒とビール。ときどき甘いもの。

ハンディGPSのサブ機にとして。

2016-08-11 | ガーミン eTrex 20/30

eTrexが素晴らしいので、

2台目も検討。

 

eTrex20Xの海外版なら2万円弱だな・・と購入を考えていたところ、

Simフリースマホが以外に安価なことが判明。

wifi運用なら、維持費もかからないので、スマホ+GPSアプリもいいかもと思い、

思いがけず、防水Simフリースマホをぽちっと・・(笑)。

 

で・・

ハンディGPSのサブ機として、海外メーカーのsimフリー防水スマホを購入して、無料で使える地図アプリをインストールしてみました。

今回の、筑波山登山は、スマホGPSの試し登山を兼ねていました。

 

アプリは、地図ロイドと山旅ロガー。

 

使ってみた感想は、

スマホアプリを利用しての、現在地の確認は、画面が大きくて見やすい反面、

身に着けて、常に位置を確認できる状態にするのが難しい(ザックにつける専用ホルダーが必要かと?)。

また、歩きスマホでの登山はかなり危ないかも…という感じでした。

休憩時の地図確認にはいいと思いますが。。

 

バッテリーの消費は、筑波山片道(薬王院コース)約100分の登山で、

2470 mAhのバッテリーが約10%の消費でした。

 

 

Simフリースマホでも、ハンディGPS替わりになる!

と実証したかったのですが、予想外に、やはりハンディGPSが最高だな…ということに。。

登山には、やはり、専用機である、GARMIN等のハンディGPSが最適という結論に至りそうです。

  

補足ですが、

「ハンディGPSの使用は、常に地図を見ることができる状態で、軌跡ログを表示できなければ、本来の力を発揮できません」

 

今回の山旅ロガーでは、リアルタイムに軌跡ログが表示されません。

(有料の山旅ロガーGOLDでは、できそうです)

 

そして、


握りやすく、落としにくい形状というのも大事だな、と感じました。

GPSは、常に地図を見ることができる状態にしておき、

実際に、ときどき地図を確認しながらといういう使い方であれば、

確実に、道迷いと道迷い遭難に役立つと思います。

 

迷ってからGPS(地図)を見たのでは、

本来のGPSの力を発揮できないです。

現在地がわかっても、仮に登山道から外れていれば、登山道に戻れるとは限りません。

戻る道がない(わからない、戻れない)という状況になることは、そう珍しいことではありません。

さらに、登れても下れないという状況もあるかもしれません。

 

私自身も、沢を下り、振り返ったら道がない・・。

来た道を戻っているハズなのに、道が見当たらない・・という経験があります。

特に整備されていない山や、低山では。

GPSは、使い方次第です。

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山の日に筑波山へ。 | トップ | おいものソフトクリーム。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ガーミン eTrex 20/30」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。