BLACK OPAL
Toshihiro Okada






"この人達は、写真に撮られる為にここにいる訳ではない"

「写真の暴力性」を考えるようになってから、シャッターが重くなった。



Comment(0)|






サンプルが出来ました。



Comment(0)|








Comment(0)|






葬儀は行いません

あなたが私の死を知ったその時に、

少しだけ私のことを思い出してもらえたなら幸いです



戒名なし

葬式なし

散骨希望

森へ



Comment(0)|








Comment(0)|







その死骸は肉体の外皮によって封じ込められていた。

贖罪を乞うその目は光に反射して静かな沈黙を守っている


動物園の"イキモノ"は死んでも土には帰れない。

ぼくはその事を15の時から知っている。


"悲しみ"という感情の虚構化は 自己弁護にしかならない事を、彼らは僕に教えてくれた。

"虚しさ"は言葉と声を 連れ去り、"感情" は やがて "撮りたい"という永久運動に変わる。

しかしそれは"記録"という捕獲された行為ではなく、
僕の中で " 生きる " と、同義になってしまった" 記憶 " に他ならない。



"思い出は 良く燃える"




寂寞感に侵された陳列棚の中から、その一面を覆い尽くすような幔幕は
低い位置から、今でも僕を狙っている。

もしあの時の一枚がジョーカーだったら、
彼らの人生は ちがったものになっていたかもしれない


僕にはもう 構図と言う美学に頼った写真は撮れない気がする。



Comment(0)|








Comment(0)|








Comment(0)|







写真は 切ない女の嘘に似ている



Comment(0)|






そのフィルムは感じたままに写ってくれる

僕の人生をかばうように



Comment(0)|








Comment(0)|








Comment(0)|








Comment(0)|








Comment(0)|








Comment(0)|


« 前ページ