にゃおん雑記

日々思ったこと、感じたことを綴っています

過剰宣伝とのギャップ

2017年07月14日 | 映画

大々的に宣伝されていたスタジオポノック第一回長編作品『メアリと魔女の花』

『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』が良かったのでこの作品にも期待して観に行きました

 

う~ん…ワクワクもドキドキもなく、薄っぺらいストーリで面白くなかった

脚本がダメなだけじゃなく、主人公のメアリに全く魅力を感じなかったの!

魅力を感じないどころか嫌いなタイプのコで感情移入できなかったよ!

そして音楽も全く印象に残らなかったなぁ。

って酷評ばかりだけど『ゲド戦記』よりは良かったですよ。(席を立ちたいとは思わなかった)

あとね、セカオワの主題歌は良かったし、背景もキレイでした

 

米林宏昌監督!スタジオポノック次回作に期待しています がんばってほしいです

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 835・836鞍目 ウラノス | トップ | 猛暑日になりそうです! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL