マクロ・WCCF・エコノミクス

ヴィエリやデル・ピエーロを見てWCCFへの思いを日々熱くしているマクロです。”縛りで強いチーム”編成を目指します!

いつもとは違う場所で・・・~その2~

2010年02月28日 | 試合内容報告



プレミア2連戦の後は、ICCが控えています。

自分を含めて4人がプレイ中。当初は出場するつもりは無かったのですが、チーム
レベルがだいたい似通って(自チームは、その時点で獲得賞金50億円ほど)いたので、
思い切ってエントリーします。

2名ずつで綺麗に分かれ、初戦は対人戦となります。
メンバーを見るとフランス縛りのようですが、GKにビクトル・バルデスがいます。

「どういうコンセプトか?」

と考えていると、どうやら”坊主縛り”のようです。妙に納得です。

さて、試合の方はというと、これがもう散々。

開始早々、大したことはないと思っていたタックルでダヴィッツが一発退場。
これで崩壊へまっしぐら。中盤でまったくボールをキープできなくなり、終わってみれば
0-3の惨敗。最悪のスタートです。


                      ~続く~
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

いつもとは違う場所で・・・

2010年02月27日 | 試合内容報告



本日、用事があり新宿方面へ。

若干時間が取れそうだったので、カードを持参。「クラセガ新宿」でプレイしてきました。

チームは下記の通り。

FW:☆LEアンリ、☆ラヴァネッリ、☆ジダン 
控え:★ラウール(0809)、デルヴェッキオ

MF:★バラック(0809)、☆ダヴィッツ(0203)、★アルベルダ(0405)
控え:ランツァート(0708)、ジョビンコ(0809)

DF:ルアーノ(0809)、☆WMVPカンナヴァロ、アルビオル(0708)、★セルヒオ・ラモス(0809)
控え:カッセッティ(0708)

GK:★カシジャス(0708)


まずは、プレミア2連戦。

ボールが上手く回っているので、得点の予感。
すると、ジダンがドリブル突破に成功。あとはシュートボタンを押すだけ!

というところで相手タックルを受け病院送りに。
てっきりPKかと思いきやFKに。その上、キッカーはジダンのため入る訳も無く・・・
踏んだり蹴ったりです。

とにかく、こちらが優位になったのですから、後は得点するだけ!

と、前がかりになったところをカウンターを喰らい、得点したのは相手チーム。
これは完全な負けパターンの予感・・・

結局、負けは逃れたものの2-2のドロー。

気を取り直して次の試合へ。

しかし開始早々、こちらのカンナヴァロがゴール前で激しいチャージ。
これでレッド、一発退場。いきなりのピンチ。

さらに、呼び出し3回を使い切りこの試合に強制復帰させたジダンが再び病院送りに。

この試合も大差負けの予感でしたが・・・

2-1で辛くも勝利。アンリとラウールの2発でなんとかうっちゃりです。

これで通算1勝2分けの3位。まだまだです。


                     ~続く~
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

このチームを紹介・・・

2010年02月26日 | チーム編成考



もう一チーム、立ち上げてきました。メンバー等は以下の通りです。

┏━┳━┳━━━┳━┳━┓① ☆レイナ
┃□┃□┗⑩━━┛□┃□┃② エブラ(0708)
┃□┃□□□□□□□┃□┃③ ☆WMVPカンナヴァロ
┃□┗━━━━━⑪━┛□┃④ ★メクセス(0708)
┃□□□□□□□□□□□┃⑤ ミゲウ(0708)
┃■■■■⑨■■■■■■┃⑥ セイドゥ・ケイタ(0809)
┃■■■■■■■■■■■┃⑦ ブリーギ(0809)
┃■■■■■■■■■■■┃⑧ ハーグリーブス(0708)
┣━━━━━━━━━━━┫⑨ ☆WMVPロナウジーニョ
┃■■⑥■■■■■⑧■■┃⑩ ☆LEアンリ
┃■■■■■⑦■■■■■┃⑪ ☆エトー(0506) 
┃□□□□□□□□□□□┃
┃②□□□□□□□□□⑤┃⑫ サビオラ
┃□┏━③━━━④━┓□┃⑬ ★メッシ(0809)
┃□┃□□□□□□□┃□┃⑭ マルーダ
┃□┃□┏━━━┓□┃□┃⑮ マクン(0809)
┗━┻━┻━①━┻━┻━┛⑯ カッセッティ(0708)

全冠を逃していた0708バージョンのチームを更新したものです。
RL2部からのスタートとなっているので、チームの熟成には好都合かもしれません。

とにかく、揃えられそうな戦術は片っ端から入れた・・・という印象です。

◆ペナルティエリアブロック
◆ディフェンスダイナモ
◆インターセプト
◆フィールド支配
◆ラインブレイク

今までは、ほぼ守備戦術をメインに戦ってきました。

しかし、最近どうも頭打ちというか行き詰まり感があり、攻撃的な戦術を中心にしようと
考えています。ですので、このチームではラインブレイクが主となります。

また、相手をしていていつも痛い思いをさせられていたロナウジーニョを、今バージョン
初起用。前線での奪取頻度が高く、予想以上の動きです。

いつも言っている感じですが、「WT優勝」を至上命題に戦っていきます。

では、また明日。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地味に・・・

2010年02月25日 | 試合内容報告



地味~に、エクストラキャンペーンの応募用紙を集めるべく、こつこつやっています。

すいません。ネタはこれだけです。

では、また明日。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

このまま晒し者にし続けて良いのか?

2010年02月24日 | 雑記



日に日に大きくなっていくトヨタのリコール問題。

ついには、アメリカ議会の公聴会に、豊田社長が呼び出されるところまで来てしまいました。

昨今の報道は、トヨタバッシング一色。
アメリカ議会やマスコミの異常なまでのトヨタ叩きを、これまた意味も無く垂れ流し続ける
日本のマスコミ。違和感だらけの状況です。

日本の製造業を、いや、日本の産業を代表すると言っても過言ではないトヨタを、常軌を
逸しているアメリカに差し出したままで良いのでしょうか?

主義主張のない日本のマスコミにはまったく期待していませんが、日本政府がほぼ知らん
顔を決め込んでいるのには失望の念を禁じえません。

「誠意を尽くせばアメリカもきっと理解してくれる・・・。」

鳩山首相はそういう主旨の発言をしたようですが、おめでたいにもほどがあります。
アメリカは今回、明らかに国家としての”意思”を持って臨んでいます。

一企業のこととして放置せず、日本政府は”国家戦略”の一環として対処する必要が
あるのではないでしょうか。

いつまでも”トヨタ叩き”を止めないならば、アメリカに対するカードは、いくつも切れる
はずです。

◆トヨタの北米工場を無期限操業停止にする。
◆トヨタの北米工場を縮小・閉鎖する。
◆アメリカの国債を大量に売却する。

最後の打ち手は、日本もアメリカと刺し違える事となりますが、それくらいの覚悟を示す
必要はあります。

鳩山首相、このままトヨタを晒し者にし続けて良いのですか?

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加