マクロ・WCCF・エコノミクス

ヴィエリやデル・ピエーロを見てWCCFへの思いを日々熱くしているマクロです。”縛りで強いチーム”編成を目指します!

今日も・・・

2009年05月31日 | チーム編成考



WCCFのために時間をとれず・・・で終わってしまいました。

今週、どこかで”ちょっとオールド・ミラン”を立ち上げてこようと思います。
デサイーの「フォアリベロディフェンス」を再度試すのが目的。

気長にいきます。では、また明日。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

少々ご無沙汰・・・

2009年05月30日 | 雑記



若干、WCCFとはご無沙汰状態。でも、興味が薄れた訳ではありません。
明日少々できるか・・・

それでは、また。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お疲れ様です

2009年05月29日 | 雑記



今週はWCCFをせずに終えてしまいました。

こんな内容で申し訳ありませんが、本日はこれにて。

では、また明日。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

昨日に引き続き・・・

2009年05月28日 | 雑記



選手はJリーグ時代に所属していたクラブを”故郷”と考え、一方、クラブは
”送り出した”選手を”可愛い息子”と思い続ける・・・

これが甘えの構造の元です。

ポジションがしっかり確保されているため、選手の伸びもなくなり、クラブは
クラブでその選手頼みになるため、今まで築いてきたチームのバランスを大きく
狂わせてしまう可能性があります。

果たしてこれが、Jリーグのためになることなのでしょうか?

私はアジアチャンピオンズリーグの優勝チームを、未来永劫日本のクラブで独占
してほしいと願っています。そのためには、Jリーグの継続的な強化が必要に
なります。リーグの活性化が不可欠です。

ビッグネームに頼らなくとも、打つべき手はいくらでもあると思います。

例えば、タイ、ベトナム、インドネシア、シンガポール、マレーシア・・・
サッカー人気の高い国の、野心ある才能豊かな選手を発掘し、積極的に活用
するのです。選手が活躍すれば、彼らの母国でのJリーグ認知度がさらに深まり、
商業的にも大いにプラスとなるはずです。

私はアジア枠1名は、最終的に撤廃すべきだと考えています。完全フリーです。
アジア諸国の選手の目標を、「Jリーグ移籍」となるようにすれば、リーグの
活性化に一役買うはずです。

目の色を変えた、ギラギラした有望なアジアの選手が溢れてくれば、それに負けじ
と日本人選手の意識も上がってくる・・・

相乗効果でリーグが活性化すれば、いったん出て行った選手がそう簡単に元の
クラブに戻ることも無くなると思います(代わりの人材が、次々に輩出されるため)。

クラブ側も、比較的安価なサラリーで良い選手をいくらでも見つけられるとなれば、
考え方も変わってくるはずです。

Jリーグがアジアを引っ張り、名実共に「アジア最強リーグ」になることを願って
止みません。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

移籍について

2009年05月27日 | 雑記



中村俊輔のマリノス復帰が取りざたされています。
本人も日本復帰には意欲的ということですから、可能性としては高そうです。

ただ、いつも思うことですが、なぜJリーグ時代に所属していたチームに”出戻る”
ことが、当たり前のことのように報じられるのでしょうか。

日本のクラブ(マスコミ)はきわめて情緒的に、”卒業”やら”復帰”という言葉を
並べます。所属していた(有力)選手を、修行にでも出すかのような感覚です。

小笠原、柳沢、中田浩二・・・

いつも違和感を持って、記事や報道を眺めてしまいます。

そもそも、Jリーグに所属している日本人選手は、なぜ海外リーグに移籍するので
しょうか?

プロであれば、自らの力を頼りに野心を持って世界最高峰のリーグに挑戦し、さらに
活躍し、ビッグマネーを手にする・・・そう考えるものではないのでしょうか。

前述の中田浩二には、秘かに期待していました。
バーゼルで不動のレギュラーを獲得し、リーグも制覇。
チャンピオンズリーグ出場のチャンスもものにし、さらなるステップアップを図れた
はずなのに・・・

”暖かく出迎える”ことなど必要ありません。
選手の側も、”海外にいた”ことをブランドなんだと勘違いしてしまいます。

Jリーグが、アジアで真のナンバーワンとなり、世界でも有望なリーグになって
いくためには、甘えの構造を断ち切らないといけないはずです。

変わらないJリーグ(及び選手)の体質に、がっかりさせられています。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加