マクロ・WCCF・エコノミクス

ヴィエリやデル・ピエーロを見てWCCFへの思いを日々熱くしているマクロです。”縛りで強いチーム”編成を目指します!

注目は彼ら!

2007年05月31日 | 雑記



キリンカップを戦うコロンビア代表の来日メンバーが発表に
なりました。

注目はマリオ・ジェぺスとイヴァン・ラミロ・コルドバ!

この2人を、特にコルドバが見られるならスタジアムに足を運ぶ
価値があるってもんです(私だけか?)。

何んと言ってもコルドバ親分は「俊足のストーカー」ですから(意味不明)。
自分の”インテル”チームでも、彼はなぜか外せずにずっと起用しています。
理由ははっきりしないのですが、好きな選手です。

では、また明日。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スレイ・ムンタリ

2007年05月30日 | 雑記



昨日【バイオッコ】の使用感を書きましたが、0506バージョンに
なってすぐに起用した【スレイ・ムンタリ】のことを思い出しました。


◆スレイ・ムンタリ (ウディネーゼ)
0506 OFF:13 DEF:11 TEC:13 POW:13 SPE:16 STA:17 TOTAL:83
スキル:ダイナミックダイナモ

数値的には0203バイオッコと似ています。
スキルはオリセーですね。彼よりも非力ですが・・・

思い出したというのは、前述のように非力なこと。
バイオッコと同じように守備意識は相当高いです。チェックも正確ですし
その姿勢は大いに買いなのですが、吹き飛ばされる危険と背中合わせです。

150試合すべて先発で起用しました。
経験値が上昇するにつれて、無残に粉砕されることは少なくなりますが、
それでも、いつもハラハラして見ていました。

ただ、個人的には好きな選手です。
左サイドの守備的選手は、サイドライン近くに開いて据えると動きが悪くなる
選手がままあるのですが、彼にはそれがあまりありません。

サイド良し、中央に絞っても良しで、そういう意味では信頼感があります。
これで非力さが解消されれば言うことなしなのですが・・・

もう一度起用してみようかと思っています。動きは変わっているのか?

では、また明日。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

バイオッコとテデスコ

2007年05月29日 | 雑記



”札幌のバッシーさん”がコメントしていたバイオッコとテデスコ。
私も気になりましたので、カードを引っ張り出してきました。


【ダビド・バイオッコ】

0102 OFF:13 DEF:11 TEC:13 POW:12 SPE:13 STA:18 TOTAL:80
スキル:バランスをとる動き

0203 OFF:13 DEF:11 TEC:13 POW:13 SPE:15 STA:18 TOTAL:83
スキル:ダイアゴナル・ラン


【ジャヴァンニ・テデスコ】

0102 OFF:12 DEF:11 TEC:11 POW:11 SPE:13 STA:18 TOTAL:76
スキル:バランスをとる動き

0203 OFF:12 DEF:12 TEC:11 POW:12 SPE:13 STA:19 TOTAL:79
スキル:バランスをとる動き


0102では、2人とも同じチームということもあり、相方との
連携の妙についての記述があります。

数値では0203起用となりますが、コンビでの+αがありそうな0102
起用も捨てがたいものがあります。

過去、0203のバイオッコを起用したことがあります。
4-3-1-2の3枚ボランチの左側で起用(サブ中心)です。

印象は、守備範囲が広く積極的なプレッシングをしてくれる、というもの
です。ボール保持者にねちっこく付きまとい、ボール奪取だけでなく正面
からの当たりもこなします。

無尽蔵のスタミナで守備的な起用に充分応えてくれます。

が、この積極性が弱点にもつながります。
パワーがないため、積極的に当たりに行っても、悲しいかな弾かれることが
多々あります。

弱小CPU相手では失態を取り返すこともできるかもしれませんが、シビア
な対人戦では、肝腎なところでの”吹き飛ばされ”が致命傷になりかねません。

個人的にはこの”非力さ”により、あまり良いイメージがありません。
テデスコとのセット起用では、もっと動きが違うのかもしれませんが・・・

長くなりましたが、バイオッコ印象でした。

今日はこれで失礼します。

では、また。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

パウロ・ビトール・バレット

2007年05月28日 | 雑記



彼の特徴は・・・・

速いです(笑)。

ボールを受けてからの加速が予想以上。
そして、鋭角的な動き(フェイント)を駆使してゴールに向かいます。

欠点は、当たりに滅法弱いこと。
DFに少し接触されただけで、よろけてしまいます。

が、DFの網をくぐり抜けるだけのテクニックを持ち合わせていますので、
調子が良い時はかわして突進していきます。

利き足はよく分かりません。
左足でも綺麗にクロスを上げましたし、右足でのシュートも打ちました。

あと、シュートは威力のある方だと思います。

コンディションを常に整えてあげれば、思った以上の活躍をしてくれる
選手です。地味にオススメします。

では、また明日。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユーロの英雄!

2007年05月27日 | 雑記



今日は少しだけ時間が取れましたので、少々プレイしてきました。

”ビージャ”チーム、だんだん動きが良くなってきています。
ビージャは抜け出しの鋭さだけではなく、アシスト能力も向上して
きています。もう少しで本領発揮でしょうか。

さて、本日ようやくハリステアスとバレットに得点が生まれました。

ハリステアスは、全般的に鈍重な動きですが、時折見せる切れ味鋭い
動きを見ると別人かと思います。
ドリブルは遅いものの、抜けてしまえば後ろから奪取されることは
ありません。キレているときはシュートも正確無比ですので、スタメン
にしたくなる気を起こさせます(笑)。

バレットについては、また明日書いていきます。

では、また。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加