タクヤのニュージーランド便り

ニュージーランドにて、ワインライフを満喫中!日々勉強してます!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ご報告。

 | Weblog
 先日受験した、シニアソムリエに合格しました。

 ご報告まで。


コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

中崎町

 | Weblog
   中崎町。

  最近よくメディアなどで、目にとまる事が多くなった大阪は中崎町。梅田から徒歩圏内にありながら下町風情を色濃く残してる町。おしゃれなカフェや雑貨屋さんが平屋民家と隣り合わせにある場所。

ここ中崎町で、気になっていたカフェ caneton 。ここのお店は、中崎町カフェの先駆者的存在で、僕の好きなアーティスト asa festoonが顔見知りらしく、asaさんのブログでも紹介されてて、気になっていました。

 ふと知り合いにカヌトンってカフェ知ってる?って聞くと、知り合いやで!!!って事で、いざ中崎町へ。

  看板があるとこがcanetonです。

僕が小学生の頃、震災前の神戸は、まだまだ細い路地がそこらじゅうにあり、よく友達と走り回ってたものでした。中崎町はそんな雰囲気がある町です。ちょうど僕が訪れた日は、中崎町のお祭りがあり路地を歩いているとどこからか囃子太鼓の音が聞こえてきて懐かしい気分。。
 徘徊してると、発見!caneton!平屋が建ち並んでいる中にあり、こんなとこにカフェが!!!隣の民家では、軒先でおばちゃんがイスをだしてうちわをあおぎながら、ひなたぼっこをしてました。

 caneton.
すごいいいです!店主 知子さんの家に招かれてる感じ。人柄がお店に溢れでてます。。すごいナチュラル。何時間でもいれそう。知子さんも、すごい気さくな方で、楽しく会話させていただきました。楽しかったーーー!! 次回 asa festoonさんのライブに一緒に行って、asaさんを紹介していただける事になりました!!楽しみーー!!!

 梅田に行った時は、ぜひ歩いて中崎町を散策してみて下さい。なつかしくて、ほっこりした気持ちになれる事、請け合いです!

 caneton
大阪市北区中崎3-1-12
   06-6374-5099
   正午~8:00PM
木曜休
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

お笑い係

 | Weblog
先日、新聞を読んでると、関西の小学校に「お笑い係」ができた。という記事がのってました。

なにやら、1日の終わりの会でみんなを笑わせる係。お笑い係になった子供はみんなを笑わせる為に頑張ってるらしい。

いいねー!こういうの。最高。関西やね。
係の1人は「クラスがどんよりしたとき、みんなのストレスを解消して空気を変える使命がある」ってすごいやん!僕も見習わな。国会とか会社にも作ったらええねん。

僕も小学校の頃、学級会で漫才やったなー。人を笑わせるってほんとに素晴らしいね。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

LIFE

 | Weblog
最近キマグレンのLIFEっていう曲にハマってます。
ギターのメロディー、サンバのリズム、歌詞どれも完成されててすごくいい!

二人は音楽を作るときに、3つのL(LIFE、LOVE、LOCAL)を大切にしてるらしく、その意志が曲によく表れていい!少し歌詞を紹介すると



愛、自由、希望、胸に懐かせて、この世に君は、生まれてきた。
生きる意味探す旅を日々君続けるよ、命運ぶ方へ、進めこのLIFE

僕らの住む世界はいつもとてもウソだらけ自分殺して笑顔作ってる
泣きたくて笑いたくてホントの自分ガマンして伝わらなくて君は誰のために生きてるの?

people try to smile when they're mad or sad


Hey you!Don’t give up before you try it

聞いた事なかったらぜひ聞いて下さい!
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

KUSUDA WINE 2006 Pinotnoir

 | Weblog
インターナショナル・ワイン・チャレンジ(以下IWC)と言うワインコンテストをご存知ですか? 業界人かワインマニアでないと知らないかもしれませんね・・。 IWCは、1983年にスタート、以後毎年イギリスのロンドンで開催されている世界最大規模のブラインド・ワイン・テイスティング・コンテストです。 「マスターオブワイン」のワイン資格を持つ専門家をはじめ、500人もの専門家が審査にあたり、世界の中で最も確立されたコンテストといわれています。2002年の開催時には36カ国、9600種類ものワインがエントリーされました。 そのIWC2008において、[2006] Kusuda Pinot Noir がピノ・ノワール部門で、見事ゴールドメダルを獲得しました! ピノ・ノワールのエントリー数は把握していませんが、総数では9000アイテムの中からピノ・ノワール部門のゴールドメダルを受賞したのは僅か12ワインです。その中の一つが「Kusudaピノ・ノワール2006年」だったというわけです。http://www.internationalwinechallenge.com/wine/112046/2008/Kusuda-Pinot-Noir-.aspx(ちなみにゴールドの12ワインの中でニュージーランド産は9銘柄です!) ちゃんと調べいないので、確実な話ではないにですが、大手のメーカー以外では日本人初の受賞ではないかと思います!

楠田さんと玲子さんの努力、そして家族を思う気持ち。尊敬します。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

子供できました!

 | Weblog
ってもちろん僕では、ないです。小学生の頃からの友達の子供が産まれました。

自分の事の様に嬉しく、そいつの事の様にとまどう。いままでの自分の悩みってなんやったんやろ?って思えるくらい嬉しくなる。すごいシンプルでカラフルでピースフルな瞬間。

その連れとこれまた小学生からの連れがやってるバーに。


ソッコーで12才に戻れる瞬間。自分が自分でいられる時間。

こういう時間がある事がすごい有難いと思うし、こういう友達がいる事にすごい感謝する。
友達って大事や。

みなさん自分でいれる時間ってありますか?
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

試飲会

 | Weblog
 この時期生産者がなんとか手が空く時なので生産者来日の試飲会が毎日のように行われています。

  先週はドイツ、オレゴン、フランスなど沢山の試飲会に出向きました。

  その中でも印象的だったのが、メルシャンさん主催のボルドー大学教授 富永敬俊博士のセミナーでした。 今回は日本のぶどう品種 甲州中心のワインテイスティングセミナーで、正直甲州というぶどう品種に対して、それほどたいした印象もなく、日本のぶどうだなーぐらいにしか思っていませんでしたが、イメージを一新させられました。 

  ブラインドテイスティングでオーストラリアのリースリング、ソーヴィニヨンブラン、インドのソーヴィニヨンブランとメルシャン甲州きいろ香、勝沼醸造アルガブランカ イセハラ甲州(全て2007)といただきましたが、甲州きいろ香のフレッシュな青草やハーブの香りやグレープフルーツ、柑橘系のさわやかな味わい、かと思いきやイセハラのふくよかなフルーティーさと甲州という品種のもつ可能性をまざまざと見せつけられました。栽培、醸造の仕方そして地域でこんなに変わるものかとびっくりしました。

 ミハー気分で富永博士の著書にサインいただきました!

 甲州きいろ香。これからの季節お花見をしながら飲みたくなるようなワインです。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

525600

 | Weblog
帰国した。

 すぐニュージーランドで出会ったひらっぺと再会した。

 すごいがんばってる姿をみて自分もがんばらなって思った。

  帰国して色んな現実がのしかかってきてヘコム毎日。

  525600分。一年の時間。

  限られた時間。

  無駄にせず、がんばっていこう。


  psひらっぺ ありがとう、元気もらったよ。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

at 香港。

 | Weblog
ニュージーランド旅立ちました。お世話になった方々ありがとうございました。


  で、今 香港。当然のことながら漢字が目に入ってきてアジアに帰ってきた実感がわく。香港、人かなり多いニュージーにいた僕にとってわ、祭りかいうくらい多い。

泊まりました。重慶マンション内のバックパッカー。重慶マンションは繁華街の真ん中にありいろんなお店などがはいっている複合商業ビルで、結構危ないイメージがある建物で、初めて19歳の頃香港に来たとき、金城 武の恋する惑星という映画にここが撮影で使われており来た事があるのですが、とてもインド人が多く足を踏み入れたのにもかかわらず、ここはやばいと足早に後にしたのでした。

 それから十年、旅もなれインド人の方も見慣れあまり怖いイメージはないのですが、とにかくきたないし部屋がせまい。ただシングルルームでトイレ、シャワー付きで2000円ほどなんで安い。いままでニュージーランドのバックパッカーでこれ以上の値段で6人部屋とかだったので、とても快適。プライベート最高。

でも一階の両替所までは結構いろんな人がいるが中に入りエレベーターに乗ると、インド人ばかりで香港にいるのにじろじろ見られます。広東語全然聞こえてきません。バーで知り合った香港の人にどこ泊まってんのって聞かれ重慶マンションって言うたら、あぶなって言われました。改めてすごい場所だなと思いました。


 ps ジャック ジョンソンのライブ、ニュージーで観に行った人いたら感想きかしてー!!
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

COMPLETE

 | Weblog
  
  ニュージーランド生活。


  マーティンボローに始まり、マーティンボローに戻ってきた。



   先週まで南島に居て、念願のセントラル・オタゴに行ってきました。ここは、クィーンズタウンからダニーデンまでの、道中にあるギブストン・ヴァレー、クロムウェル盆地、バンノックバーン、そしてアレクサンドラからなるワイン産地でニュージーランド最南端、冷涼な所で今、セントラル・オタゴで作られるピノ・ノワールがマーティンボローと並んで、世界的に注目されている地域です。クイーンズタウンから車でステイト・ハイウェイ6号を30分ほど走ると、目の前に大きな山が広がり、四方を山で囲まれ見るからにいいピノ・ノワールができそうな畑が現れます。ここがギブストン・ヴァレー。ここは標高300メートル前後に位置し、涼しく、やや湿度があるため、素晴らしい芳香と繊細さを、持ったピノ・ノワールができる地域です。ただこの道を走るだけでも壮大な景色がみられるので、オススメです!

  セントラル・オタゴに行ってニュージーランド全てのワイン産地に行きました。


カイコウラワイナリーから望む海。

あらためて思うのは、ニュージーランドの自然のすごさ、そしてその土地からできる沢山の果物。いいワイン出来ます!

自然と人間が共存してる国。
魅力的です。

クイーンズタウン
   
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加