blackalisuの小説の部屋

現在連載中、「落ちこぼれ魔法使いの恋愛事情」 「俺、異世界で童貞卒業します!!」その他、夢小説や短編なども

君との出会い(ロゼスとティナ)

2017-09-30 23:11:05 | 落ちまほ過去編





___この世には、私を本当に"好き"になってくれる人なんていない。












「今日も相変わらず美しいよ、ティナ。金の御髪がとても綺麗だ。」

「金髪……。碧眼……。結婚しよう。」

「君のその金の輝きが、頭から離れないんだ。」






金髪金髪金髪金髪金髪金髪金髪金髪金髪金髪金髪金髪金髪金髪金髪金髪金髪金髪





どいつもこいつも私に求婚する理由は、
理想の容姿と経済的価値があるから。




















これはリシャナダ王国の姫、ティナ・フィーナのお話し。




















「そろそろフィアンセ候補絞ったわね!さっさと結婚しなさい!
私的には、一番この王子がオススメで__」











母は、クズだった。
娘の結婚を経済的にしか見ていない。
そこらへんの虫けらと同類だ。









「……あら?まだこんなやつを、候補者にしていたの?」




「…………。」







母が言っているのは、おそらくロゼスのことだろう。









「まぁ、魔力は評価するけども……。
そいつより、こっちの王子の方が魅力的だわ!」






ロゼスは、ティナの唯一無二の幼なじみだ。

成績優秀でフィアンセ候補者に選ばれたものの、経済的に乏しいという理由で、母に除外されかけている。
それを必死に抵抗しているのが、ティナだった。





「………その中だったら……ロゼスがいいなぁ。」



ティナが、ボソリと呟く。



「はぁ?」



母が驚いたように声をあげる。

「あいつはダメよ。
せめて他の4人の王子にしなさい!」





ティナのフィアンセ候補は、ロゼス以外全員隣国の王子だった。
唯一、ロゼスだけは平民だった。






「あいつは、あなたのことを本当に"好き"になるはずないわ。絶対にうちの金目当てよ!!」












___これだからクズは















「……………そんなに言うなら
ゲームをしましょう、母上。」







「……ゲーム?」








「__そう、ゲーム。
ゲームの内容は、5人のフィアンセ候補が、私にプレゼントを送るの。
その中で、一番良いのを私が選ぶ。」









「あら、面白いじゃない!
一番、高価なプレゼントを送ってくれた人がイイわね!」











(そんなワケないじゃん、クソババア)









「…………でも、それだけじゃなくて_」





ティナは、自分の母と真正面から向き合う。









「私からのプレゼントを一番に受け取ってくれた人と、婚約を結ぶわ。」

















***








「いかかでしょうか、ティナ姫。この世で最も美しい、宝石の数々です!」

「いえいえ、ティナ様!
この眩いばかりの首飾りとピアスは、金髪のあなた様によくお似合いです!!」






案の定、王子達はティナに気に入られたいがために、高価なものを送ってくる。







ちなみに、ティナはフィアンセ候補達に顔を見せていない。一枚の仕切り越しに見ているのだ。





ここで、ティナの母がお気に入りの王子のプレゼントが送られる。






「俺は、ティナ姫に金のドレスを渡したい。」






王子は、金のドレスを見せる。
金のドレスは、美しく、可憐で、華やかだ。宝石が光り輝いている。








「このドレスは、ティナ姫専用のドレスで、俺達の挙式に着て欲しい。
___そして、黄金の御髪を持つティナ姫にはとても良く似合うドレスだ。」











これには、他のフィアンセ候補もたじろぐ。
母は、もう決定したと言わんばかりの態度をしていた。




次は、王子でも何でもない、平民であるロゼスの番だった。









「僕は、ティナにこれを送りたい。」








そう言って、ロゼスがティナに差し出したのは






"赤いチューリップの花束"














「フハハハ!!」




ティナに金のドレスをプレゼントした王子が嘲笑する。それから次々と他の王子達も笑い出した。








「ティナ様の心が、そんなチンケなもので動くはずがないだろう!」

「そうだ、そうだ!!マナー知らずの平民が!!」










「__うるさい、"豚共"。」






ティナの仕切り越しの第一声で静まり返る。


ロゼスが静かに語り出す。










「………赤いチューリップの花言葉は、
"愛の告白"。ティナ、僕は君のことが好きだ。
でも、平民である僕は裕福なお金なんてないし、魔力だけが取り柄だ。
___例え、後ろにいる王子達の誰かを選んだとしても、
君が幸せならそれでいい。


君の幸福を……いつまでも、祈ってる。」








静まり返った部屋の中、彼の想いを冗談だと疑ったものはいないだろう。







「………ありがとう、ロゼス。あなたの想いは、ちゃんと聞いたわ。
__さて、私からのプレゼントを送らないといけないわね!」





王子達が、明らかに喜ぶ。
やっとティナの姿を見られるからだ。









「__プレゼントは、"私自身"。
早い者勝ちよ!」






仕切りを開く。
フィアンセ候補達と、母の前に姿を現したティナ。











「…………………………………。」













絶句した。
ティナの髪の色が、"黒"だった。おそらく染めたのだろう。


しかし、そんなティナに歩み寄る、一つの影。







「__とても美しい髪だ、ティナ。
結婚してください。」






「………ロゼスッ!!」










ロゼスとティナは抱き合い、そして、
キスをした。












____この世には、私を本当に"好き"になってくれる人がいた。

ロゼスは、金髪じゃない、"私"を好きだと言ってくれた。




__大好きだよ、ロゼス。
あなたがいつか、私の隣にいなくなっても、赤いチューリップを見ているからね。









彼女の部屋には、赤いチューリップが飾ってある。














end.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

《第1章まとめ》

2017-09-30 22:58:59 | 落ちこぼれ魔法使いの恋愛事情
第1章完結!!…ということで、まとめ回をつくりました!
本編だけ見たい、という方は見なくてもあまり影響がないです。
それでは、第1章の登場人物をまとめます。





~ティアラ・フィーナ~
【魔力ランク】 測定不能
【年齢】 15歳
【容姿】 金髪、碧い瞳。理想の容姿。
身長…154cm
【性格】 優しい。アンナに対して、クール。

本作の主人公。リシャナダ王国の姫で、落ちこぼれの魔法使い。
父が亡くなってから、色々あり、男(ティーザ)として、ファンデーラ魔術学校に入学。母であるティナ・フィーナに大魔術師になって、認められたい。
学校では、チェルシーとブルーノ?と友達。
ティアラの知らない所で、何かが始まっているらしい……。






~アンナ・ピアル~
【魔力ランク】 C+(魔術師)
【年齢】 「乙女の秘密ですよ~」
【容姿】 茶髪、赤い瞳。
身長…167cm
【性格】 男らしい。負けず嫌い。自分の思い通りにいかない時は、物理的に解決する。
【特技?】 ティアラに立ちふさがる敵に、脅迫。(相手を怯えさせ、死人のような顔に出来る。)

ティアラの専属メイド。とにかく武術が凄い。ティアラとは、長い付き合いでそれなりに親しい。
ティナとは、謎の関係?






~ティナ・フィーナ~
【魔力ランク】 A(大魔術師)
【年齢】 39歳
【容姿】 黒髪、碧い瞳。
身長…171cm
【性格】 クール。冷静。

ティアラの母。ロゼス(国王)の妻。
色々と隠し事が多い謎の人物。






~ロゼス・フィーナ~
【魔力ランク】 A(大魔術師)
【年齢】 43歳(死亡)
【容姿】 茶髪、赤紫の瞳。
身長…179cm
【性格】 おだやか。リーダーシップがあり、誰からも頼られ、誰からも愛される。

ティアラの父。ティナの夫。
リシャナダ王国の国王だったが、持病の悪化により死亡。現在は、ティナが女王として、上に立っている。






~チェルシー・クラウン~
【魔力ランク】 D(準魔道師)
【年齢】 15歳
【容姿】 ピンク色の髪、緑の瞳。
身長…156cm
【性格】 自由人。自己中。

自由気ままな言動と行動で、結構モテる。
「〜だゾッ!!」が口癖。
寮のルームメイトは、アンナ。





~ブルーノ・クラッカー~
【魔力ランク】 D(準魔道師)
【年齢】 15歳
【容姿】 緑の髪、黄色い瞳。天パ。
身長…170cm
【性格】 KY。天然。

友達が少ない。
寮は、ティアラと隣の部屋。






~レイヤ・クラウン~
【魔力ランク】 ?
【年齢】 15歳
【容姿】 銀髪、緑の瞳。
身長…184cm
【性格】 優しい。天使…のような見た目だが、腹黒い?

アルタリア王国、第二王子。
ティアラのフィアンセ候補。






~シャディー・ウェーサス~
【魔力ランク】 ?
【年齢】 15歳
【容姿】 黒髪、黒い瞳。
身長…187cm
【性格】 俺様…にみえて、ただ不器用。クール?

リズバロール王国、第一王子。
ティアラのフィアンセ候補。









……いかかでしょうか?
とりあえず、まとめました。
私的に、第1章の感想は、
アンナの脅迫ネタでコメディー小説になっている!?
……という印象ですねw
第1章は、恋愛の"れ"の字もありませんでしたから……!
やっと王子の登場ですね!!



ところどころ見ていくと、アンナの年齢はなぜ公開されないのか、的な声もありそうなので、アンナは30代です。(全部言うと、殺される気がした。)

あと、【容姿】に注目すると……。
アレ?黒髪?国王は、茶髪?ティアラは、何で金髪!?
ていう、疑問があると思いますが、ティナは本当は、"金髪"なんです!!

次は、第2章に入らず、国王とティナの出会いについて書きます。(一回だけ)

……本当は、国王………モブじゃないんですよ?(意味深)





わからない所がありましたら、ぜひコメントへ!!

これからも、「落ちこぼれ魔法使いの恋愛事情」をよろしくお願いします!

《次回予告》 君との出会い
(ロゼスとティナ)

本編に関係なし。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【16】フィアンセ!?

2017-09-30 22:42:16 | 落ちこぼれ魔法使いの恋愛事情





「ようこそ。ティアラの"フィアンセ"達。歓迎するわ。」





ここは、リシャナダ王国の城の中の会議室。





"フィアンセ"と呼ばれた2人は、リシャナダ王国の新女王となった、ティナ・フィーナに跪いている。






「本当に…………お久しぶりです。
……感謝しても、しきれません。」



1人の男が言う。






「……そんな堅苦しいことは言わないで頂戴。
せっかく、覚悟したって言うのに……。早く儀式を始めるわ。」







「……はい。
アルタリア王国、第二王子
__レイヤ・クラウンです。」






「俺は、リズバロール王国、第一王子
__シャディー・ウェーサス。」





2人の名を聞いたティナは、満足げに微笑む。




「____レイヤ・クラウン
____シャディー・ウェーサス

2人のどちらかが、私の娘"ティアラ"との婚約を結べることを誓うわ。」





___何かが始まる予感がした















***










「…くひゅんッ!!」





「…最近、くしゃみ多いですね?風邪ですか~?」






「うーん?そうなのかなぁー??」




確実に噂されているのだが…、ティアラは知らない。














入学式から、一週間ほどがたった。



学校では、ティアラ、アンナ、チェルシー、ブルーノの四人で過ごしている。
今までずっとスルーしてきたが、アンナの制服姿も見慣れ、"ティーザ"としての学校生活にも慣れつつあった。

ティアラは、大魔術師になれるように、日々奮闘している。






そして放課後、アンナと一緒に帰っていた。







「……それでは、また明日~!」



「うん。また明日。」





ドアノブを回し、部屋に入る。











「……ぇ。」








そこには、見慣れない2人の影があった。










《第1章完結》





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【15】星に願いを込めて

2017-09-30 22:37:52 | 落ちこぼれ魔法使いの恋愛事情
入学式が終わって寮に戻った
ティアラ、アンナ、チェルシー、ブルーノ。






ティアラは自分の部屋に戻ったが、ここでブルーノが隣の部屋の住人だったことを知る。







「お隣さんだね~!嬉しいなぁー。」




「……うん。わ…僕も……だよ。」




複雑な表情をするティアラだった。







長かった一日が終わり、"ティーザ"は、"ティアラ"に戻る。







(ふぅ……。疲れた。でも……、スリルがあって面白いかも!)





ティアラは、窓の外を見上げた。







(母上……。どうしているのかな……。)





ティアラは、それが気になっていた。

__心配しているだろうか
__呆れられただろうか
____それとも……






様々な思いが交差するが、ティアラの心は希望に満ち溢れている。











「絶対、大魔術師になるからね。……母上。」








綺麗に輝く星を見上げながら、そう誓った。













___ピピピピ (電話の音)




(……アンナかな?)




不意に、電話が鳴る。
ティアラとアンナは、ほぼ毎日電話で連絡し合っている。







「もしもし?」

「チェルシーだよ~~!!やっほー!」

~通話時間 1秒~







ここで、ふと、違和感を感じた。

(あれ?前にもこんなことがあったような……?)



これを人はデジャブという。






すぐに電話がかかってくる。





「ちょっと~!切るなんて酷いゾッ!!」






(あぁ___。)

ティアラは、思い出した。



(チェルシーは、アンナの代わりに出た人だ。
チェルシーって名乗ってたから、初対面の時もなんか聞き覚えがあったんだ。)








全てが繋がって、すっきりしたティアラだった。















***






【リシャナダ王国の城】







「彼らを……召集しなさい。」





ティナは、メイド達に指示を仰ぐ。


新たな勢力が、ティアラに近付きつつあった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【14】ブルーノ=KY

2017-09-30 22:28:38 | 落ちこぼれ魔法使いの恋愛事情
(……どうすればいいの?)








誰も答えてくれない。なぜなら、心の声だからだ。




ティアラは、イライラとした雰囲気のオーラを出す。









____ブルーノ・クラッカーに対して








(もうっ!
さっきは、皆にすごく見られた!!
なのに……何でそう飄々としていられるの…!?)









入学式の最中に、急に自己紹介を始めたブルーノ・クラッカー。空気が読めないのか。





(…さっきから、全然話しが頭に入ってこない……。)







ティーザの入学式は、散々なものに終わった。












「僕、ブルーノ・クラッカー。君はー、ええと、ティーザ君だね!よろしく!!」

【無視】←ティーザ





(うわー、席隣だぁ~……)










ここは、a組の教室である。


ブルーノ・クラッカーがティーザの隣の席だ。
彼は、成績優秀らしい。






「えぇー?何で無視!?酷くない!?」

【無視】←ティーザ





「なっ、仲良くしない?席も隣なんだし!」

【無視】←ティーザ






「うぅっ………。酷いよ……。無視とか辛いよ……」



「………………ぇ。」






ティーザは、驚く。
ブルーノは涙目になっていた。





「……ごめんなさい。
わた……僕も、意地悪し過ぎた!
……その…席も隣だし、友達にならない?」




ティアラなりの謝罪だった。

確かに、皆に注目されたからって意地悪しすぎた。
いくら私に無視されても健気に話しかける点においては、彼の人柄が表れている。






「ホントッ!?えっ!?
僕と友達になってくれるのっ!?
嬉しいなぁー!これで2人目の友達だぞ~!!」






(……2人目?えっ!?
友達1人しかいなかったの!?)








まぁ、空気読めなそうだなぁと1人で納得した。






(なんか……、友達申請やめときゃよかったかも?)










《ティーザの初日→友達(KY)が出来た!!》




コメント
この記事をはてなブックマークに追加