blackalisuの小説の部屋

現在連載中、「落ちこぼれ魔法使いの恋愛事情」 「俺、異世界で童貞卒業します!!」その他、夢小説や短編なども

コート上の勝利の女神 パート2

2017-03-15 12:14:36 | 夢小説
谷地side










先生「お前らー。全員、席つけー。もう知っているかもしれないが、転校生がくるぞー。
………じゃあ、入って…下さい!」











谷(つつついにぃ!転校生がぁぁ!)







谷地は、ドキドキでいっぱいだった。

谷地の隣には、空席の机と椅子がある。

つまり、転校生が谷地の隣にくるのだ。











ガラッ






全員「」















谷(……ひぃぃぃ!あんな天使のような子が私の隣にィィィ!!
あ……暗殺されるぅぅぅ!!)










転校生は、可愛い、美しい、綺麗の三拍子が揃った女の子だった。

男子は、顔を真っ赤に染めたりしている。










先生「……じゃ、じゃあ、自己紹介を…」











?「……んーと、柊アリス(ひいらぎ ありす)です。まぁ……適当に、よろしくお願いします。」











なんだか気だるげな様子。





谷(でも、そこがまた可愛い!守ってあげたい感じがっ!
私は……お友達になれるのでしょうかぁぁぁ!)













先生「………えっと、柊さんは谷地の隣で。」








柊「はい。」









アリスは、谷地の隣の席に座った。









柊「……よろしくね、えっと。谷地ちゃん。」








谷「シャチ!!」







柊(……シャチ?)









クラス中から、谷地羨ましいという目線を送られたが、谷地はそれどころではなかった。





谷(…すっごい可愛い…!!
話ちゃった!柊さんとぉぉぉ!!
……はっ!私には、柊さんをバレー部に勧誘するというお役目が!)











谷「……あのっ!柊さん!」





柊「………アリスでいいよ?同じ歳だし。
私も仁花って呼んでいい?」










谷「滅相もございませんっ!
アリスちゃんに名前を呼んでいただけるなんて幸福の極み!!」










柊「……うん?(………変わった子だなぁ。必死な感じが可愛い…。)」









谷「そっ、そのですねっ!
アリスちゃんに……男子バレー部のマネージャーをして貰いたくて…!」









柊「無理。」








谷「そ、即答でございますかぁぁぁ!?」











アリスをマネージャーとして誘ったのは、表面上はマネージャーにしておかないと、学校側が入部届を受理しないからだ。

選手としてなら、女子バレー部に入れ、と言われてしまう。












柊「……私、無気力なんだよねぇ。
面倒なことは嫌いなんだ。ごめんね。」










谷「……あ…う、えっと、その……。」











日「谷地さぁーん!あとは任せて!」







影「日向ボゲェ!急にデケェ声出すな!」






月「……二人共うるさいんだケド。」






山「確かに。」










他のクラスの1年生が加勢しに来てくれたみたいだ。










谷「あ、えっとねっ!バレー部の1年生だよ!
日向翔陽君、影山飛雄君、月島蛍君、山口忠君。」








柊「……柊アリスです。」








日、影、月、山「」









クラスの男子同様、顔を真っ赤に染めていた。









日「あ、あのっ!男子バレー部に……
うわあああ!!」




日向がアリスの眼差しにノックアウト。







影「日向ボゲェ!……あの、男子バレー部に入ってくれ…ださい!!」









柊「……いや、めんどくさいから。」
















月「………大好きなもの、あげるって言ったら?
山口、持ってきて。」








山「任せて、ツッキー!」










こうして、山口が持ってきたのは………














いちご牛乳一箱












柊「」








これが、烏養コーチが利用してくれと言っていた物だ。
アリスは、いちご牛乳が大好きだ。












月「………どう?入る気になった?」



柊「断る理由なんてないよ!本当にありがとう!(ニコッ」






日、影、月、山、谷「///////」










基本、無表情のアリスの初めての笑顔。
5人は完全にノックアウト。











日(あんなに可愛い子、初めててどうしたらいいかわかんない…!)


影(…可愛い過ぎるだろボゲェ!)


月(………笑顔とか反則でしょ…。)


山(生きてて良かったぁー!!)


谷(ににに人間の皮を被った天使なのではっ!?)









そんな5人とは裏腹に、アリスはいちご牛乳を飲んでいた。






柊(美味しい……。)

















こうして、アリスが烏野高校排球部に入部することが決まった。
















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夢主のステータス | トップ | コート上の勝利の女神 パ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL