black ai ストラテジーfxの妄言

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

委員会下

2017-06-30 17:14:23 | 日記
いわゆる「失われた10年」→国全体であったりある地域の経済が大体10年以上の長期間にわたって不況そして停滞に見舞われた時代のことをいう言い回しである。
FXとは、要は外国の通貨を売買した差額によって補償金の何倍もの利益を出すハイリスク、ハイリターンな取引である。外貨を扱っても外貨預金や外貨MMFよりもかなり利回りが高く、さらに為替コストも安いというのがポイントである。FXをはじめたい場合は証券会社またはFX会社で購入してみよう。
であるから「金融仲介機能」並びに「信用創造機能」と「決済機能」の3つの重要な機能のことを銀行の3大機能と呼び、「預金」「融資」「為替」という銀行の本業だけでなく銀行自身が持つ信用力によってこそ機能していることを知っておいていただきたい。
小渕首相が逝去、森内閣が発足した平成12年7月、大蔵省(当時)から重要業務である金融制度の企画立案事務をも統合しこれまでの金融監督庁という組織を金融庁(金融再生委員会下ではあるが)に組織を変更。そして平成13年1月、98年設置の金融再生委員会を廃止し、内閣府(旧総理府)直属の外局となった。
【解説】ペイオフの内容⇒予測できなかった金融機関の破産・倒産をしたことによって、預金保険法の定めにより保護する個人や法人等、預金者の預金債権(預金保険法の用語)について、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度なのです。
きちんと知っておきたい用語。外貨両替はどんな仕組み?海外への旅行であったり外貨が手元に必要な、そんなときに利用されることが多い。円に対して不安を感じているためか、現金で外貨を保有する動きもある。注意しておかなければ為替手数料がFX会社と銀行で大きく異なることに気がつかない。
よく聞くコトバ、ペイオフについて。残念なことに発生した金融機関の経営破綻による業務停止に伴って、金融危機に対応するための法律、預金保険法の定めにより保護可能な預金者(法人・団体も含む)の預金債権に、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度です。
「はやぶさ」の帰還が話題になった平成22年9月12日、日本振興銀行が信じられないことに破綻したのある。これが起きたために、これまで発動したことのないペイオフ(預金保護)が発動した。これにより、全預金者のうちの3%程度とはいえ数千人が、初適用の対象になったのではないだろうか。
【用語】FX:簡単に言えば、補償金をもとに外国の通貨をインターネットなどを利用して売買した差額によって利益を出す取引のことである。外貨預金や外貨MMFなどと比較して利回りが高く、また手数料等も安いというメリットがある。FXをはじめたい人は証券会社またはFX会社を選ぶことからスタートしよう。
西暦1998年12月、総理府(省庁再編後に内閣府)の内部部局ではなく外局として国務大臣をその委員長と決められた新たな機関、金融再生委員会を設置し、金融監督庁(のちに金融庁)は平成13年1月の金融再生委員会廃止まで、その管理下に約2年半整理されたという事実がある。
巷で言う「失われた10年」というのは、ある国全体とか一定の地域における経済が約10年超の長期間にわたる不況と経済停滞に見舞われた時代を表す語である。
金融機関の格付けの長所は、わかりにくい財務資料の全てを読むことができなくても格付けによって金融機関の経営の健全性が判断できるところにあります。また、ランキング表で健全性を比較することも可能なのです。
西暦1998年6月に、大蔵省銀行局や証券局等が所掌していた事務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に係るもののセクションを分割して、総理府(省庁再編後に内閣府)の内部部局ではなく外局のひとつとして金融監督庁という特殊な組織を発足させたのが現実です。
普通、株式公開済みの上場企業の場合であれば、企業の活動を行っていく上で、資金調達が必要なので、株式と社債も発行することが当然になっている。株式と社債の一番の違いは、返済義務なのです。
一般的にペイオフについて。唐突な金融機関の経営破綻が原因の倒産のとき、預金保険法に基づき保護される預金者(自然人又は法人並びに権利能力なき社団・財団)の預金債権)に対して、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う制度を指します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ずべての銀行では | トップ | 国内にあるすべての証券会社 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。