だいありぃ。

くろねこのつれづれなるにちじょう。

おでかけ

2016-09-18 20:32:29 | 日常。
雨の合間を縫って、昨年安産祈願に夫に行ってもらった鬼子母神(鬼のツノがないとこ)に、今度は家族三人でお礼参り。

まずは駅を降りてちと遅めのランチ。食べログ高評価のとこに行ったのですが、、

…店員の愛想わるっ!!!(ーー゛)


いいですか?「あー、はい。」
ベビーカーはどこに?「その辺で。」
じゃ、この辺…「そこにベビーカー置かないでください!」じゃ指定しろよ。アンタの脳内の「その辺」分からんわ。
お絞りももってこないし。
帰り、クレジットカード使えます?と聞いたら、「いや、そーゆーのウチやってないんで。」

ただ、レジのやり方とか見てたら壊滅的にお仕事できない感じが見受けられたので、きっと彼女にとっては精いっぱいやってるんだろう、きっと。(@@;)
多分、愛想よくするとかいう発想やら余裕はないな、アレ。注文間違えられなかっただけいいや。(-_-;)


曲がりなりにも割烹ってことだったし、場所柄子連れも多いとのことだったので、記念に写真でも撮ってもらおうかとか事前に言ってたけど全然そんな雰囲気ではなく、食べ終わったらそそくさ出てきました。

が、飯は美味かったです(^_^)v

もう行かないけど、飯屋で飯がまずいのがいちばん残念なので、そういう意味ではまぁなんとか…^^;


気を取り直して鬼子母神へ。

参道でものすごく好みの古道具屋さんというか、古道具も新作も扱ってる漆器陶器磁気などなどのセレクトショップ?ブティック?を発見して、子供旦那そっちのけでお店にはまり込んでお店の人と話し込みました^^;

明治時代の輪島塗のセット、というのに一目惚れ。黒一色ですごくいいという訳ではないけど、ちゃんと仕事してある感じ。
北陸某所で蔵を整理するという話を聞いて、まとめて買い付けてきたということで。
ストーリーのある古道具、いいですな。

蓋付き椀ふたつと、入れ子のお椀(丼から小皿まで四枚セット)で10000円ほど、前々から欲しかったのでその場で買いました。
いやー、やっぱり光り方が違うわ。

が、お値段からも分かるとおり、すごい高級品というわけではなく。
輪島塗がもっと庶民のものだったころのお高め普及品ですね。


戻ったら、放置した後ろめたさもあって、心なしか旦那と子供が冷たいような…(;_;
待たせてごめん(_ _;)
そいえばさっき泣いてたもんなぁ。(汗)

ごめんごめん、と仲直りして、ようやく鬼子母神へ。

にれいにはくしゅいちれい?だっけ?とか思ってたら、旦那が

「…ママ、ここ神社と違う(^O^;)」

あ。Σ(´∀`;)

たしかに、その辺に袈裟着たひとが(笑)


無事、安産祈願の御札を返し、ついでにほかの神社(あれ?神仏習合…ま、いいや。^^;)でもらった御札も返し、帰宅。

ふいー。疲れた(*_*;


帰宅後、家族三人それぞれに爆睡。^_^;
子供もずーっとテンション高かったもんなー。

よく考えたら、みんなでおでかけってあんましてないので、初めてに近かったかも。
子も楽しんでくれたみたいで良かった(^^♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おばちゃん | トップ | やっと。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日常。」カテゴリの最新記事