黒猫クロゴのひとり言

自宅の農業作業を分かりやすく紹介しながら、ときおり趣味の話やボヤキを織り交ぜた自由気ままなブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

これが何回目になるだろう

2013年04月03日 18時26分41秒 | 長ネギ

今日は長ネギの種蒔き

ってことで今回は長ネギの播種について説明しよう

長ねぎは8月10日過ぎから11月までと収穫期間が長い

そのため2月~4月中旬と時期をずらして

6~7回に分けて播種する

長ねぎの種はけし粒みたいなものだから

我が家の場合は表面にコーティングされたコート種子を使ってる

品種も様々で5~7品種の種を収穫時期に合わせて種蒔きしてる

 

【播種手順】

①チェーンポットを台座に固定する

②ネギ専用培土をポットに隙間なく押し込み均す

③稲作用の育苗箱に専用のシートを敷き上から覆いかぶせる

④台座に育苗箱をかぶせたまま反転する

これで下準備の完成

次はいよいよ播種

⑤手動のスライド式播種機?の穴にコート種子をセットする

⑥台座と播種機の穴を合わせ、スライドさせて上から種を落とす

⑦ちゃんと穴に入ってないものをピンセットなどで入れるやる

⑧上から土をかぶせて種蒔き完成

 

種蒔きはこんな感じだけど重要なのは育苗

冬の寒い時期からやってるから、ハウス内で伝熱で温めてる

育苗にとって大切なのは温度と水管理

寒すぎず暑すぎず、乾き過ぎず潤い過ぎない

人にとって心地いい環境が長ネギにも当てはまる

これを維持するのが難しいし、我が家でも何度も失敗してる

近年はようやくコツがつかめて、失敗も少なくなってきた

 

日々勉強だ

 

 

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 除雪→農業 | トップ | 浸種1回目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

長ネギ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事