詰将棋の街路樹

自作の詰将棋をはがきに描いて掲載しています。それから詰将棋鑑賞、日記。

詰将棋第十二番<解説> 詰将棋パラダイス平成26年2月号・初級(立体曲詰)

2017-06-18 22:03:57 | 詰将棋
<解説>
1一飛、同玉、2一香成、同玉、1一飛、同玉、3三角、1二玉、2二角成迄9手詰。

5手目22飛は11玉と追い詰めるも角じゃ王手出来ない。では5手目4一飛は3一歩と合駒され同飛成、同玉で詰まない。作意手順は容易に発見出来る。角打ちも自然。その7手目5五角とすると4四歩、同角、同桂で詰まないので作意手順は限定かと思いきや8手目21玉と逃げて詰まされる順もあり、完全限定とはいかないが最終手で分かれがあるのは詰将棋では問題視されず、どの順を選んでもいい。しかし、この詰将棋では当然皆さんは最終手直前1二玉を選んで詰まされる順を選んだ筈、なぜなら詰め上がりが「二」になるのを見抜いたからだ。さすがだ。初形「二」で詰め上がりも「二」。立体曲詰。よく見られる立体曲詰は今年のヤン詰解付きで見られた菅野氏の傑作、初形「2」詰め上がり「9」のように初形と詰め上がりで形が違うものだが、この自作は「二で始まり二で終わる詰将棋」。特に意味はないのだが時代考証を経て後に意味が滲み出てくるかもしれない。

<ヤン詰解付き解見ずに感想>
2017年3月号から
A  「と」と「角」が入れ替わっている!!!
B  手数が記載されていなければ間違えていたかもしれない。
C  軽やかだからといって油断して飛生にするといけない。
D  4手目も限定(じゃないみたいだと後に思った)、暗算で解けてよかった。
E  これが入選にならないとは。2手目も限定。
F  7手目がクールだった。

『絵画』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 詰将棋鑑賞その8 | トップ | 藤井四段と「最強の終盤」 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。