詰将棋の街路樹

自作の詰将棋をはがきに描いて掲載しています。五段問題トレーニングも毎月公開しています。あとポストカードの感想と日記も。

詰将棋鑑賞その6

2016-08-28 22:06:27 | 詰将棋鑑賞
私が最も解いた詰将棋は誰の作品か、と考えたら週刊将棋とスポーツ報知の伊藤果八段かなと思う。「四百人一局集」に載っている<スポーツ報知  平成20年2月9日>の持駒7色を解いてみた。まずスポーツ報知だから15手詰以内だな、と分かる。盤上桂香歩のみの無仕掛け図式で美しい。2手目の分かれ道を駒余り以内に討ち取ることが出来なかったが、玉を引き込んでから揺り戻して詰ます、桂の使い方が印象的だった。伊藤果八段の作品はアクロバティックなものが多いなと思いながら解くのに苦労するのを楽しみにしていたものだ。伊藤果八段は作品集「果し状」を出されている。私に言われても駒余る。報知の「10分で二段」に長考していたし…

今年の夏は暑かった。今日は涼しいが。台風ニュースも頻繁だ。お盆には横浜で行われた京急将棋祭りに行ってきて、貼り出されている懸賞詰将棋の図面と解答を名刺の裏に書いて久しぶりに会った棋友に渡したりした。

<詰パラヤン詰解付き解見ずに感想>
A やりにくい初手。
B 飛をどかす。
C 玉を引っ張り桂を駆使する。
D 中盤の応酬が見事。
E 香がポイント。
F 幻惑を乗り越えて「と」の技ありから収束で一本。

この記事をはてなブックマークに追加

詰将棋番外編第一番 詰将棋パラダイス平成27年6月号

2016-08-06 14:49:48 | 詰将棋番外

番外編では自信作改作図から未発表駄作まで番外編に相応しいと思った自作を載せていく。
最初はこれ。
この図に予備知識がなくても詰将棋有段者や将棋高段者であるなら、他のページを閲覧することもなく作意手順に辿り着くのではないか。
21手詰。

<将棋世界五段問題トレーニング封じ手>
第380回4問目の1三同歩までの局面。
3五金が詰めろ逃れの詰めろ。1四歩なら1三歩か。

この記事をはてなブックマークに追加

第32回詰将棋全国大会随想記

2016-07-30 18:15:21 | 詰将棋全国大会
今年は倉敷市で第32回詰将棋全国大会が行われた。行きたかったんだがスケジュールに不具合があり今年はネットと詰パラ見て随想記だ。

JR倉敷駅南口を降り真っ直ぐ南に向かう。大原美術館が左手に見え、市立美術館が右手に見える。そして大山名人記念館に隣接する倉敷市芸文館別館「アイシアター」、ここが今回の大会開催地だ。

12時30分全国大会開幕。
平井実行委員長より開会宣言、全日本詰将棋連盟柳田会長の挨拶、17世名人谷川浩司将棋連盟会長の挨拶などを経て看寿賞表彰へ。
今年の看寿賞受賞作は以下の通り(※パラとは詰パラのこと、「高等学校」「デパート」はコーナーの名称)。

短編部門:片山 知 作(パラ8月号(713号)高等学校)
中編部門:山路大輔 作(パラ3月号(708号)、短期大学)
長編部門:岡村孝雄 作(パラ5月号(710号)、大学院)
長編部門:田島秀男 作(パラ7月号(712号)、デパート)
長編部門:田島秀男 作(パラ10月号(715号)、デパート)
特別賞:広瀬 稔 作(パラ2月号(707号)、高等学校)

私の注目は中編部門受賞の山路大輔さん。平成26年8月号詰パラ新人コンクールで私の優勝を阻止したと思いきや、もう看寿賞だ。将棋世界でもいきなり谷川賞を受賞するなどの活躍で今後の作品にも注目だ。
解答順位戦の優秀成績者を表彰する七條賞で表彰された2位の加賀さんは72歳だそうだ。
詰将棋の普及・発展に貢献された方に贈られる門脇芳雄賞では連盟幹部としての活動、詰工房300回開催への貢献で金子さんが受賞されている。私も詰工房には年1回参加をノルマにしているので8月は行けないが秋口頃、顔を出したいと思っている。
大会10回参加の人にはメダルが授与されていて私はあと8回で到達だ。
ミニ解答選手権では谷川九段、北浜八段らのプロを差し置いて堀内さんが優勝している。
船江五段の懸賞詰将棋には引っ掛からないようにしたい。
書籍グッズ販売会、参加者撮影会、懇親会と楽しそうだ。
と、今年は行けなくて残念だったが来年名古屋での開催に備えて今から7月16日の予定を開けているし握り詰の腕前を上げようと企んでいるのだ。

<詰パラヤン詰解付き解見ずに感想>
2016年7月号から
A 肩の力を抜いて解く。
B 合駒問題じゃないのがいい。
C 大駒を捨てる。
D 11の「と」が三回下がるのか。
E 4手目の応手が意外だった。
F 最後の一押しが決まった。


この記事をはてなブックマークに追加

東横線沿いを歩く2

2016-07-10 16:22:15 | 日記
先週の日曜日またカレー屋パピー経由で白楽のCafe & Bar BITCHES BREWに行った(2016-05-28東横線沿いを歩く参照)。ノンジャンルセッションと謳っている。ギター二人、ピアノ、ドラム、民族楽器のクィンテットなどが、ドラマー小泉さんが場を仕切る中、展開された。今回初めて知った楽器に中国の伝統的なひょうたん笛「フルス」というものがあった。ソロやクィンテットでの鞍持勇紀さんによるフルス演奏は新鮮だった。フルス演奏の際は指がコンマ1でもずれるとうまくいかないとのことだった。また林ライガ君は前回と同様迫力の演奏で私の体の中にも音が入り込んでくる。妻はすっかりライガファンになってしまった。8月に渋谷で開催されるライガ君のセッションに行く可能性も出てきた。

Cafe & Bar BITCHES BREWのマスター杉田誠一さんはジャズ雑誌編集長などしていた方で音楽専門家の妻と休憩時間にジョー・ルイス、じゃなかった、ジョージ・ルイスについて話をしていた。その時、杉田さんが作曲家というのは数学的能力があるという話をし始め、すかさず横にいた私が、私も数学的で詰将棋入選したりします、と言ったら「それだよ。アンソニー・ブラックストーンはチェスのチャンピオンだ。」「え、チャンピオンですか。」「そうだ。」となったので家に帰ってからネットで調べたらフィッシャー、カスパロフ等のチャンピオン系列には見つからないもののWikipediaのAnthony BraxtonのページにBeyond his musical career,Braxton is avid chess player,for a time in the early 1970s he was a chess husler ,playing in New York in Washington square park とある。さらにYou TubeでAnthony Braxton Interview - Chess, Math & Musicというとても興味深いインタビューも見つけた。ウィキペディアによるとチェスプロブレム作者のことを作曲家と同じくcomposerと言うらしいし、杉田さんからブラックストーンとチェスの話を聞けたのは大きな興奮だった。

で、私もcomposerとして頑張っていきたい。

<将棋世界五段問題トレーニング封じ手>
今回のトレーニングは379回3二同玉までの局面。
次に6八成銀の詰めろがかけられるのが見える。3五桂の詰めろを先にかければ良いか。同歩には3四桂、同銀には2三馬、4二玉、3五歩。


この記事をはてなブックマークに追加

第32回詰将棋全国大会迫る

2016-06-26 14:00:38 | 詰将棋全国大会
関西将棋会館の床の間にある歴代永世名人の掛け軸の一つは「地法天 十五世名人 大山康晴」である。普通は引退後に永世名人を名乗るのだが名人18期などの偉大な実績で現役中から「十五世名人」を名乗る別格の棋士だった大山康晴十五世名人。69歳で亡くなるまで一度もA級から陥落することがなかった。その大山十五世名人の出身地岡山県倉敷市で今年は詰将棋全国大会が7月17日に開催される。開催会場「アイシアター」は大山名人記念館のすぐそばだ。行きたい。
が、今年は無念の見送り、都合がつかず。最初のチャンスは見送る、ということでまたの機会を待つ。
懇親会会場の倉敷ステーションホテルで特別価格で宿の提供をしてくれるとのことで行かれる方は楽しんで下さい。ぎりぎりになると宿を取るのが大変になると思うので決断力が大事だと思う。
アマレン杯握り詰の栄冠を手にするのは誰か。

人生は湿原の荒野をさまようかのようだ。荒野に踏み入った直後ならすぐ出ればいいが、しばらくしてから荒野だと気が付いた時はじたばたせず荒野をしっかり歩くのがいい。そうすればおのずと道が開けるだろう。

<ヤン詰解付き解見ずに感想>
2016年6月号から
A するすると逃がす。
B 後半かっこいい。
C 41の「と」が決めに出る。
D いい手順。
E 邪魔駒除去→退路封鎖の流れが決まっている。
F 飛角図式

この記事をはてなブックマークに追加

佐藤天彦八段が名人奪取とモハメド・アリ死去

2016-06-05 21:14:30 | 日記
5月31日、第74期将棋名人戦で28歳の佐藤天彦八段が45歳の羽生善治名人を4勝1敗で破り初の名人位に就いた。佐藤名人の逸話として記憶に残っていることは、瀬川晶司五段がアマからプロへの編入試験の際、奨励会三段として瀬川の試験対局の対戦相手として登場したことと、フリークラスからプロ入り出来る資格を得たのに順位戦C2クラスからの王道のプロ入りに拘りフリークラスからのプロ入りを見送るという自信を見せつけたことだ。私が同じ立場だったら迷いなくフリークラスからプロ入りする。プロ棋士がしのぎを削る順位戦で勝ち上がってきた挑戦者が時の名人に挑戦する「名人戦」の棋譜は並べてみたいと思うし終盤の図面は考えてみたいと思う。今期は第2局で羽生名人が即詰みを逃したとのことで該当図面に挑戦しようと思う。

6月3日(日本時間4日)には元プロボクシング世界ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリが死去するというニュースが入った。私はボクシング観戦を何回かしたことがあるし、モハメドアリは良きヒーロー像だった。アリの試合で印象的な試合を二つあげておく。ジョージ・フォアマンをノックアウウトした「キンシャサの奇跡」とヤンキースタジアムで開催されたケン・ノートンとの第3戦でのかろうじての判定勝ち。前者の試合では打たれ強さとペース配分で劇的な勝利、後者の試合は前進のノートンのスタイルを取るか、下がりながらのアリのスタイルを取るかのジャッジ次第の展開になる味わい深い試合だった。

多くの人はボクシングをすることはないと思うが、詰将棋をやってみると対戦相手を芸術的にノックアウウトする感覚を味わえるかもしれない。

<将棋世界五段問題トレーニング封じ手>
第378回の第3問7一玉までの局面。5四馬で決める。6二飛には8一歩成、6一玉、7二銀成、5一玉、6二成銀、同玉、7二馬以下。


この記事をはてなブックマークに追加

東横線沿いを歩く

2016-05-28 19:28:13 | 日記
先週の日曜日、私は東横線に乗っていた。元住吉で10年ぶりぐらいに降りてみると駅の様相が見る影もなく変わっていた。長いエスカレーターを降りて少し商店街を歩き、右の建物の階段を入ると、その二階には昔よく行ったカレー屋「パピー」がある。中の雰囲気は昔とそれほど変わっていない。メニューは変わったか。私はトマトカレーにとろけるチーズをトッピングして妻はとろけるチーズチキンカレーだ。お互いに満足して再び東横線に乗り今度は白楽で降りる。六角橋商店街を歩き脇道に入り「Cafe & Bar BITCHES BREW」を見つける。友人のドラマーKさんが演奏会を行うとこのとで、それを観ることが目的だ。BITCHES BREWに入るとKさんがドラムの調整をしている。小話しながら、マスターはジャズ評論をしている人ですよ、それから今日は天才ドラマー少年が来ます、とのことだ。そして演奏が始まる。ピアノ、ドラム、ギターのトリオ、それからトランペットも。第二部では噂の天才ドラマー少年R君が加わり迫力の演奏が展開される。うむ。完全にドラムをコントロールしている。まだ高校生だそうだ。どの世界にも天才はいるものだ。詰将棋界でいうと史上最年少同人作家鈴川君といった感じか。また演奏会があれば足を運びたいと思った。

<詰パラヤン詰解付き解見ずに感想>
2016年5月号から
A、 あぶりだしかな?…
B、 双方不成、変化も印象的。
C、 合駒+打歩詰打開で入玉形を仕留める。
D、 9手目が狙いか。
E、 6手目が限定で納得。
F、 銀の捨て方
感想というよりヒントになってしまった。


この記事をはてなブックマークに追加

「5手詰めパラダイス」

2016-05-08 15:00:43 | 詰将棋の本
近くマイナビ出版から「3手5手詰パラダイス」が出るとのことで私は懐かしさとともに昔を思い出している。私の書棚にある「5手詰パラダイス」なる蔵書を手に取り発行日を確認してみると「1997年2月10日 発行  編者 詰将棋パラダイス+週刊将棋」とある。この本は私が初めて買った詰将棋単行本であり、この本の宣伝によって「詰将棋パラダイス」なる雑誌があるのを知ったものだ。まだ詰将棋パラダイス購読はしておらず新聞、雑誌等の詰将棋に親しんでいた頃だが、この「5手詰めパラダイス」によって詰将棋パラダイスの世界も垣間見ることになった。パラパラ捲ってみると、ところどころ「×」印があり当時は弱かったな、と苦笑いが出る。82問目のヒントには「できれば自力で解いて下さい」とあるからしばし眺めてみると傑作であることが分かる。これには×印が付いてなかった。ちょっとページの最初のほうスラスラと読み進めてみると引っ掛かったりするので謙虚さを忘れてはいけないと自問する。そしてこの本自体が傑作であることが分かる。後のパラダイスシリーズの先駆けとなった。
「3手5手詰パラダイス」を読めば詰将棋の奥深さを知る端緒になるであろう。

<将棋世界五段問題トレーニング封じ手>
今回のスパーリング相手は377回2問目7八金までの局面。
桂を渡すと詰まされるので4一角か。4二金や4九龍なら2四桂、2七龍なら3二角成。


この記事をはてなブックマークに追加

ポストカードその9 川合玉堂「松上双鶴」昭和17年 山種美術館 蔵

2016-04-29 21:03:10 | ポストカード


松上双鶴を英語約にするとCouple of Cranes on the Pine Treeだそうだ。ポストカードの裏面に書いてある。私は英語を見ると考え込んでしまい疲れてしまうが図式を見るとやはり考えこんでしまい疲れが取れる。オフィシャルな場では自分の疲れるものが存在するのは仕方がない。だがオフィシャルでない場では自分が疲れるものを回避する手立てを考えることは認められている。どこまでがオフィシャルでどこまでがオフィシャルではないか。考えると長くなるから、とりあえずは自分の家のドアを開けて中に入ったらそこはオフィシャルではなくなる。

ところで私はブログをやっている。一応オフィシャルブログなので気をつけている。読書家出身でもないのに文章もまずまずかなと自惚れている。ただ自作詰将棋の在庫が多くないのとネットサーフィンすると疲れるタイプなのであまり他の方のブログを読まない難点もある。ツイッターとかいうのはやったことがない。他の方のブログを読むぐらいなら詰将棋の作品鑑賞してもっと詰将棋創作技術の腕前をあげなくては、と思う。

<詰パラヤン詰解付き解見ずに感想>
2016年4月号から
A 24金と打って逃げられそうな感覚がいい。
B 8手目11に逃げるのが最善なのがいい。
C 手順が見事。
残りは明日の珈琲タイムに解こう。

この記事をはてなブックマークに追加

詰将棋第九番<解説> 将棋世界平成27年5月号

2016-04-03 22:26:19 | 詰将棋
第九番 将棋世界平成27年5月号

7二角成、3六桂、同飛、2七玉、2六飛、同玉、3六馬、1六玉、2八桂、同香成、2五馬、2七玉、3九桂、同成香、3六馬、1六玉、2八桂まで17手詰。
中合を狙いに右上で作り始め入玉阻止の駒配置をなくすために下段に動かし初手は4六もしくは3六にある金が3五にあがる開き王手だとつまらないだから角限定移動にして投稿寸前に1五の駒が角で駄目だということに気づき安堵。
初手2八桂は同香成で続かない。香で飛車を取らせ6二の飛車を角で取り返す変化手順を把握していれば7二角成が限定移動であることが分かる。2手目3六香は同飛、2七玉、1九香以下。2手目銀の移動合はそのまま取って詰ませばいい。3六桂が作意。7手目3六に馬を戻せるのが7二までいった効果。
ところで初形で6一に守りの飛車がないとどうなるか。
<将棋世界初入選作。平成26年作。>


<今月の将棋世界五段問題トレーニング封じ手>
今月取り組んだのは第376回第1問の2二同玉までの局面。
これは6三馬とし9六桂以下の詰めろを防ぎながら3一飛成以下の詰みを見る。


この記事をはてなブックマークに追加