詰将棋の街路樹

自作の詰将棋をはがきに描いて掲載しています。それから詰将棋鑑賞、ポストカードの感想と日記も。

詰工房参加と詰将棋インストラクター応募

2016-12-04 21:51:31 | 日記
 先月末、私は詰工房に参加した。今回は絶対行かねばなるまいと思っていた。何故なら私は、柳田明全日本詰将棋連盟会長宛に詰将棋インストラクターへの応募の意向を示していたからだ。詰工房に行って推薦者を探すと言う私に、同じ横浜市出身の会長が私を推薦してくれるとのことだった。当日、一番乗りで会議室に到着したが続々人が来て挨拶したり、女性の参加者を見るのは初めてだな、とか思いながら座っていると柳田会長が来て、「あ、どうも。」と言って「この方がインストラクターに応募してくれた細川さんです。」と幹事の方に紹介した後、私の横に座り話を始めてくれた。解答選手権運営のお手伝いなどがインストラクターに求められているようだ。あと紹介された小冊子なども立ち寄ったサロン等に置いていく、というのもインストラクターが率先してすべき仕事だなと思った。会長は解答選手権を見据えて忙しそうで地元横浜で開催したい強い気持ちがあるようだ。「初手○○歩では何故駄目なのか、悩みます。」「あー、ひふみんみたいだな。」と話が脱線したりもしたが。11月号詰パラによると詰将棋インストラクターの応募資格は「詰将棋の創作や解答にある程度の技量があり、詰将棋普及のためのボランティア活動に賛同して頂ける方」とある。私は常日頃、詰将棋普及指導員というものがあればなりたいと思っていたし、それにあたる詰将棋インストラクター制度発足となると長考せず反応出来た。インストラクターは「指導者・講師」の意味である。日本将棋連盟にも普及指導員制度があるように、詰将棋界にもそういう制度があれば、詰将棋が技術指導され得る文化活動・芸術活動であると外に向かって発信出来る根拠となり、啓蒙活動にも活かせると思うので、制度がうまく軌道に乗り詰将棋界の発展に向けて多くの方に応募してもらえればと思った。
 で、春霞賞発表の後の二次会にも参加した。柳田会長は血圧が高いそうで二次会に参加せずスタスタとお帰りになられた。私は毎年詰工房は一回の参加だったが来年は二回は参加したい。

<ヤン詰解付き解見ずに感想2016年12月号から>
A 32に逃げられたくない。合も限定。


この記事をはてなブックマークに追加

詰将棋第十番<解説> 詰将棋パラダイス平成27年11月号「新人コンクール」

2016-11-26 17:20:14 | 詰将棋
<解説>2四桂、同香、2三角、1一玉、2一金、同玉、3三桂、2二玉、1二角成、同玉、1三金、1一玉、2三桂まで13手詰。

これは第62回新人コンクール掲載作。完成したのは平成26年の正月後ぐらいで、この図を見ると、その頃お参りに行った古都鎌倉の鶴岡八幡宮を思い出す。双玉形であえて逆王手物にせず、角道を飛車が止めているが、その飛車と角による両王手の筋により指し手を制限されながら詰ますというのを条件として作ってみた。3三桂の焦点打が入り納得、24の歩を外し21に香を配置し2手逆算にも成功、不詰順では例えば4手目11玉に12金は同飛の逆王手でこれを同角成と取ると角の逆王手と大道棋っぽさも出せたか、と同時に投稿した入選2作目より自信を持って投稿してみた。変化も8手目31玉には21金まで、10手目33玉には34金までとまとめることが出来た。2手目22玉は23金、31玉、32桂成、同角、42金まで、この変化を成立させるため攻め方王一枚には出来なかった。
ちなみにこのブログの2016-02-21に関連記事がある。
(詰パラ入選6回。平成26年作)

<ヤン詰解付き解見ずに感想>
B 馬の動きが面白い。
C どっちの合駒が先か悩む。
D 馬の守備にひるまずに行く。
E 二枚の角の捨て方が味わい深い。
F 収束に向けてスリリングだった。

この記事をはてなブックマークに追加

詰将棋鑑賞その7

2016-11-13 01:54:26 | 詰将棋鑑賞
将棋の実戦から遠ざかって久しく詰将棋と二足のわらじは厳しく体力の限界、ということで将棋は観戦のみ、これからは詰将棋道一本で行く、過去に取得した将棋免状は、ブログのどこかに確認出来る。

日本将棋連盟会長を歴任していた二上達也九段が逝去された。 二上九段といえばタイトル5期の名棋士であると同時に詰将棋の作り手として名高く、「将棋魔法陣」という二上九段詰将棋作品集も最近刊行されていた。その本は私も持っていて、このブログの「詰将棋の本」カテゴリーで私は書評を述べている。哀悼の意を込めて、その将棋魔法陣「番外 第19番」に取り組んでみた。初形「二」の詰将棋。確か詰め上がりは「上」で「二上」の立体曲詰になるのではと思って、全ての順をなんとか7手以下にしようと試みたが出来ず、最長手順は11手で「上」を変化として味わう(本の中では「上」を作意として扱っている)。ただ、この変化手順は変化にするにはもったいないかっこいい手順だった。
昔、近所の皮膚科に月曜日に行くと待合室に日刊スポーツが置いてあり、それに掲載されている二上九段の詰将棋を解いていたものだ。

<ヤン詰解付き解見ずに感想2016年11月号から>
A 飛を取らせる展開が見事。


この記事をはてなブックマークに追加

詰将棋第十番 詰将棋パラダイス平成27年11月号「新人コンクール」

2016-10-30 22:11:00 | 詰将棋

新人期間最後の入選作はこれ。入選2作目と同時に投稿した双玉形初投稿作。双玉形では入選3作目に先を越され時が過ぎ忘れた頃に採用、かなりのお気に入り作だったので詰パラで日の目を見てよかった、と当時はしみじみだった。13手詰。

<詰パラヤン詰解付き解見ずに感想 2016年10月号から>
A 難しそうだったから作意から読む戦略で行ったが、意表の作意は結局最後に読んだ(Eより長考した。)。
B 作意3手目は3発目で発見。
C 重たく入って軽い収束
D 取った桂でぴったり仕留めた。
E 中合変化や4手目21玉と逃げる変化など読み応えがあった。
F 収束が決まっていると思った。


この記事をはてなブックマークに追加

ちえのわ

2016-10-09 20:54:06 | 日記
 詰将棋パラダイスに史上最年少同人作家鈴川優希さん担当の「ちえのわ雑文集」というコーナーがあり興味深い。10月号の今回は三輪さんの「改作のすゝめ」。改作図発表の場を読者サロン以外に例えば「修正室」コーナーなるものを設けるのはどうかというもの。やはり「読者サロン」の名で残念ながら改作の余地があるのに気付いてしまった感があるという雰囲気を醸し出すのがいいかなと思う。私は「入選」の名誉を得るために死にもの狂いで盤上を動かす、力の限りを尽くした(自分にとって)「入選作」に改作の余地があったなら、それはがっかりであり、それでも発表せざるを得ない図、みなさんに見て頂きたい感動図であるなら「実は…」と読者サロンに潔く発表、実際に私は「読者サロン」に初入選作改作図(このブログの番外編第一番)を発表した。この図はもちろん私の名で発表しているが妻には「酒井さんの作品」と言っていて、みなさんに見て頂きたかった図である。意外と文章が長くなったので、この文章は「ちえのわ」に投稿すればよかったのか。まあ、私の駄文に著作権はないし、どうしても演説スタイルになってしまうのでいいか。三輪さん指摘の皆さんが一番欲しいコーナーは「易しい中編を発表出来るコーナー」は納得で20手台解付きがあるとありがたく、また簡素形で易しい20手台なら私クラスの人を詰将棋界に引き込むのにも効果的かなと思う。

<将棋世界五段問題トレーニング封じ手>
第382回3七銀成までの局面。
5一角成。これなら攻めが途切れることはなさそうだ。

この記事をはてなブックマークに追加

藤井聡太新四段誕生と名人戦の本

2016-09-25 20:59:58 | 日記

Hotmailが送受信出来ない状況にあるので修理センターに電話してみたらWindows liveメールがどうのこうのでサービスが終わった影響らしく、要は送受信出来ないから、私と同じ状況にある人も多いかと思う。私のブログの連絡先カテゴリーにyahoo mailのアドレスがあるので誤字脱字余詰などありましたら、そこにどうぞ。
この前パソコンを開いたら藤井聡太奨励会三段が史上最年少でプロ入りとなる新四段になったというニュースを確認して「おー」となった。藤井新四段は詰将棋も発表されているので、そのうちこのブログの詰将棋鑑賞コーナーでも登場する予定。
今日は本屋で佐藤天彦八段が羽生善治名人を破り新名人となった第74期名人戦の本を見つけたので買った。第2局で羽生名人が詰みを逃した局面には、この後取り組みたいが明日の仕事に備えて早く寝ることにした。
豪栄道がカド番から全勝優勝したのを励みに私も五段問題に取り組んでいく。

<ヤン詰解付き解見ずに感想(2016年9月号)>
A 最終手が力強い。
B 最後に最強の応手。
C (自作なので妻の感想)4行目に歩がポツンとあるのがいい。歩は強くないのにいい働きをするのかな。
D 桂合への対応がポイント。
E 飛をどかしての角の収束に力む。
F 銀を優雅に捨てていく。

この記事をはてなブックマークに追加

詰将棋番外編第一番<解説> 詰将棋パラダイス平成27年6月号

2016-09-11 17:51:36 | 詰将棋番外
<解説>
2三桂、同金、1二歩、同玉、2一銀、同玉、1三桂、1一玉、1二歩、同玉、2一銀、1三玉、1四歩、同玉、2六桂、同香、2五金、1三玉、2三角成、同玉、2四金打まで21手詰。

この図は初入選作(このブログの第一番に掲載)の改作図で平成27年6月号の読者サロンのコーナーでの発表となった。出来たいきさつは、初入選を成し遂げたばかりの頃、幼稚園コーナーに投稿してあった自作について担当の酒井博久氏から確認事項があり、その際、私がどさくさまぎれに初入選作の感想を求めたところ、酒井氏が初入選図の玉を13に配置した持駒金金銀銀桂桂歩歩の19手詰に改良出来ることを指摘したので私は驚いてしまった。感服と悔しさの入り混じる中、私は玉を11に配置した持駒金銀銀桂桂歩歩歩もあるのではないかと奮闘したら翌日酒井氏はこの21手図を提示してきた。私は塚田賞作家の「13金」の逆算の一手にしびれてしまった。合作にあたるか確認したらオリジナリティーは私にあると言って戴いた。角道を遮る初手の2三桂の感触が良く、13の金を21に持ってきて持駒に歩を一枚増やした23手図よりこれがいいと言う酒井氏に私も同感となりこの図での発表となった。刺激を受けた私は直後に自作の粗品の4手逆算改良に成功して入選2作目を得るなど創作姿勢に影響を受けた。酒井氏に推敲の大切さを教えてもらった。

<将棋世界五段問題トレーニング封じ手>
第381回4問目4一玉までの局面。
先に6四馬とするより4二銀を入れて3二玉に6四馬が良さそうだ。

この記事をはてなブックマークに追加

詰将棋鑑賞その6

2016-08-28 22:06:27 | 詰将棋鑑賞
私が最も解いた詰将棋は誰の作品か、と考えたら週刊将棋とスポーツ報知の伊藤果八段かなと思う。「四百人一局集」に載っている<スポーツ報知  平成20年2月9日>の持駒7色を解いてみた。まずスポーツ報知だから15手詰以内だな、と分かる。盤上桂香歩のみの無仕掛け図式で美しい。2手目の分かれ道を駒余り以内に討ち取ることが出来なかったが、玉を引き込んでから揺り戻して詰ます、桂の使い方が印象的だった。伊藤果八段の作品はアクロバティックなものが多いなと思いながら解くのに苦労するのを楽しみにしていたものだ。伊藤果八段は作品集「果し状」を出されている。私に言われても駒余る。報知の「10分で二段」に長考していたし…

今年の夏は暑かった。今日は涼しいが。台風ニュースも頻繁だ。お盆には横浜で行われた京急将棋祭りに行ってきて、貼り出されている懸賞詰将棋の図面と解答を名刺の裏に書いて久しぶりに会った棋友に渡したりした。

<詰パラヤン詰解付き解見ずに感想>
A やりにくい初手。
B 飛をどかす。
C 玉を引っ張り桂を駆使する。
D 中盤の応酬が見事。
E 香がポイント。
F 幻惑を乗り越えて「と」の技ありから収束で一本。

この記事をはてなブックマークに追加

詰将棋番外編第一番 詰将棋パラダイス平成27年6月号

2016-08-06 14:49:48 | 詰将棋番外

番外編では自信作改作図から未発表駄作まで番外編に相応しいと思った自作を載せていく。
最初はこれ。
この図に予備知識がなくても詰将棋有段者や将棋高段者であるなら、他のページを閲覧することもなく作意手順に辿り着くのではないか。
21手詰。

<将棋世界五段問題トレーニング封じ手>
第380回4問目の1三同歩までの局面。
3五金が詰めろ逃れの詰めろ。1四歩なら1三歩か。

この記事をはてなブックマークに追加

第32回詰将棋全国大会随想記

2016-07-30 18:15:21 | 詰将棋全国大会
今年は倉敷市で第32回詰将棋全国大会が行われた。行きたかったんだがスケジュールに不具合があり今年はネットと詰パラ見て随想記だ。

JR倉敷駅南口を降り真っ直ぐ南に向かう。大原美術館が左手に見え、市立美術館が右手に見える。そして大山名人記念館に隣接する倉敷市芸文館別館「アイシアター」、ここが今回の大会開催地だ。

12時30分全国大会開幕。
平井実行委員長より開会宣言、全日本詰将棋連盟柳田会長の挨拶、17世名人谷川浩司将棋連盟会長の挨拶などを経て看寿賞表彰へ。
今年の看寿賞受賞作は以下の通り(※パラとは詰パラのこと、「高等学校」「デパート」はコーナーの名称)。

短編部門:片山 知 作(パラ8月号(713号)高等学校)
中編部門:山路大輔 作(パラ3月号(708号)、短期大学)
長編部門:岡村孝雄 作(パラ5月号(710号)、大学院)
長編部門:田島秀男 作(パラ7月号(712号)、デパート)
長編部門:田島秀男 作(パラ10月号(715号)、デパート)
特別賞:広瀬 稔 作(パラ2月号(707号)、高等学校)

私の注目は中編部門受賞の山路大輔さん。平成26年8月号詰パラ新人コンクールで私の優勝を阻止したと思いきや、もう看寿賞だ。将棋世界でもいきなり谷川賞を受賞するなどの活躍で今後の作品にも注目だ。
解答順位戦の優秀成績者を表彰する七條賞で表彰された2位の加賀さんは72歳だそうだ。
詰将棋の普及・発展に貢献された方に贈られる門脇芳雄賞では連盟幹部としての活動、詰工房300回開催への貢献で金子さんが受賞されている。私も詰工房には年1回参加をノルマにしているので8月は行けないが秋口頃、顔を出したいと思っている。
大会10回参加の人にはメダルが授与されていて私はあと8回で到達だ。
ミニ解答選手権では谷川九段、北浜八段らのプロを差し置いて堀内さんが優勝している。
船江五段の懸賞詰将棋には引っ掛からないようにしたい。
書籍グッズ販売会、参加者撮影会、懇親会と楽しそうだ。
と、今年は行けなくて残念だったが来年名古屋での開催に備えて今から7月16日の予定を開けているし握り詰の腕前を上げようと企んでいるのだ。

<詰パラヤン詰解付き解見ずに感想>
2016年7月号から
A 肩の力を抜いて解く。
B 合駒問題じゃないのがいい。
C 大駒を捨てる。
D 11の「と」が三回下がるのか。
E 4手目の応手が意外だった。
F 最後の一押しが決まった。


この記事をはてなブックマークに追加