詰将棋の街路樹

自作の詰将棋をはがきに描いて掲載しています。五段問題トレーニングも毎月公開しています。あとポストカードの感想と日記も。

東横線沿いを歩く

2016-05-28 19:28:13 | 日記
先週の日曜日、私は東横線に乗っていた。元住吉で10年ぶりぐらいに降りてみると駅の様相が見る影もなく変わっていた。長いエスカレーターを降りて少し商店街を歩き、右の建物の階段を入ると、その二階には昔よく行ったカレー屋「パピー」がある。中の雰囲気は昔とそれほど変わっていない。メニューは変わったか。私はトマトカレーにとろけるチーズをトッピングして妻はとろけるチーズチキンカレーだ。お互いに満足して再び東横線に乗り今度は白楽で降りる。六角橋商店街を歩き脇道に入り「Cafe & Bar BITCHES BREW」を見つける。友人のドラマーKさんが演奏会を行うとこのとで、それを観ることが目的だ。BITCHES BREWに入るとKさんがドラムの調整をしている。小話しながら、マスターはジャズ評論をしている人ですよ、それから今日は天才ドラマー少年が来ます、とのことだ。そして演奏が始まる。ピアノ、ドラム、ギターのトリオ、それからトランペットも。第二部では噂の天才ドラマー少年R君が加わり迫力の演奏が展開される。うむ。完全にドラムをコントロールしている。まだ高校生だそうだ。どの世界にも天才はいるものだ。詰将棋界でいうと史上最年少同人作家鈴川君といった感じか。また演奏会があれば足を運びたいと思った。

<詰パラヤン詰解付き解見ずに感想>
2016年5月号から
A、 あぶりだしかな?…
B、 双方不成、変化も印象的。
C、 合駒+打歩詰打開で入玉形を仕留める。
D、 9手目が狙いか。
E、 6手目が限定で納得。
F、 銀の捨て方
感想というよりヒントになってしまった。


この記事をはてなブックマークに追加

「5手詰めパラダイス」

2016-05-08 15:00:43 | 詰将棋の本
近くマイナビ出版から「3手5手詰パラダイス」が出るとのことで私は懐かしさとともに昔を思い出している。私の書棚にある「5手詰パラダイス」なる蔵書を手に取り発行日を確認してみると「1997年2月10日 発行  編者 詰将棋パラダイス+週刊将棋」とある。この本は私が初めて買った詰将棋単行本であり、この本の宣伝によって「詰将棋パラダイス」なる雑誌があるのを知ったものだ。まだ詰将棋パラダイス購読はしておらず新聞、雑誌等の詰将棋に親しんでいた頃だが、この「5手詰めパラダイス」によって詰将棋パラダイスの世界も垣間見ることになった。パラパラ捲ってみると、ところどころ「×」印があり当時は弱かったな、と苦笑いが出る。82問目のヒントには「できれば自力で解いて下さい」とあるからしばし眺めてみると傑作であることが分かる。これには×印が付いてなかった。ちょっとページの最初のほうスラスラと読み進めてみると引っ掛かったりするので謙虚さを忘れてはいけないと自問する。そしてこの本自体が傑作であることが分かる。後のパラダイスシリーズの先駆けとなった。
「3手5手詰パラダイス」を読めば詰将棋の奥深さを知る端緒になるであろう。

<将棋世界五段問題トレーニング封じ手>
今回のスパーリング相手は377回2問目7八金までの局面。
桂を渡すと詰まされるので4一角か。4二金や4九龍なら2四桂、2七龍なら3二角成。


この記事をはてなブックマークに追加

ポストカードその9 川合玉堂「松上双鶴」昭和17年 山種美術館 蔵

2016-04-29 21:03:10 | ポストカード


松上双鶴を英語約にするとCouple of Cranes on the Pine Treeだそうだ。ポストカードの裏面に書いてある。私は英語を見ると考え込んでしまい疲れてしまうが図式を見るとやはり考えこんでしまい疲れが取れる。オフィシャルな場では自分の疲れるものが存在するのは仕方がない。だがオフィシャルでない場では自分が疲れるものを回避する手立てを考えることは認められている。どこまでがオフィシャルでどこまでがオフィシャルではないか。考えると長くなるから、とりあえずは自分の家のドアを開けて中に入ったらそこはオフィシャルではなくなる。

ところで私はブログをやっている。一応オフィシャルブログなので気をつけている。読書家出身でもないのに文章もまずまずかなと自惚れている。ただ自作詰将棋の在庫が多くないのとネットサーフィンすると疲れるタイプなのであまり他の方のブログを読まない難点もある。ツイッターとかいうのはやったことがない。他の方のブログを読むぐらいなら詰将棋の作品鑑賞してもっと詰将棋創作技術の腕前をあげなくては、と思う。

<詰パラヤン詰解付き解見ずに感想>
2016年4月号から
A 24金と打って逃げられそうな感覚がいい。
B 8手目11に逃げるのが最善なのがいい。
C 手順が見事。
残りは明日の珈琲タイムに解こう。

この記事をはてなブックマークに追加

詰将棋第九番<解説> 将棋世界平成27年5月号

2016-04-03 22:26:19 | 自作詰将棋
第九番 将棋世界平成27年5月号

7二角成、3六桂、同飛、2七玉、2六飛、同玉、3六馬、1六玉、2八桂、同香成、2五馬、2七玉、3九桂、同成香、3六馬、1六玉、2八桂まで17手詰。
中合を狙いに右上で作り始め入玉阻止の駒配置をなくすために下段に動かし初手は4六もしくは3六にある金が3五にあがる開き王手だとつまらないだから角限定移動にして投稿寸前に1五の駒が角で駄目だということに気づき安堵。
初手2八桂は同香成で続かない。香で飛車を取らせ6二の飛車を角で取り返す変化手順を把握していれば7二角成が限定移動であることが分かる。2手目3六香は同飛、2七玉、1九香以下。2手目銀の移動合はそのまま取って詰ませばいい。3六桂が作意。7手目3六に馬を戻せるのが7二までいった効果。
ところで初形で6一に守りの飛車がないとどうなるか。
<将棋世界初入選作。平成26年作。>


<今月の将棋世界五段問題トレーニング封じ手>
今月取り組んだのは第376回第1問の2二同玉までの局面。
これは6三馬とし9六桂以下の詰めろを防ぎながら3一飛成以下の詰みを見る。


この記事をはてなブックマークに追加

第13回詰将棋解答選手権チャンピオン戦と週刊将棋と名人と竜王

2016-03-27 22:11:59 | 詰将棋解答選手権
今日開催の第13回詰将棋解答選手権は速報ブログによると藤井聡太奨励会三段が連覇している。2位は黒川智記奨励会三段で3位は第11回大会優勝者で詰将棋作家の若島正さん。プロ棋士は4位に及川拓馬六段、5位に過去6回優勝の宮田敦史六段、6位に村田顕弘五段となっている。宮田六段は詰将棋八段でもあり村田五段は将棋世界詰将棋サロン選者をしている。第10問は誰も解けた人がいない。10問で持ち時間3時間じゃ足りないほどの難問揃いか。
初級戦と一般戦は4/9に全国各地で行われるので日頃の鍛錬の成果を出すべくコンディション調整に努めて頂きたい。

週刊将棋が今週号で最後でしみじみだ。売り切れないうちにコンビニで手に入れないといけない。タイトル戦の結果を知るのは週刊将棋ということが多かった。人生で初めて解いた詰将棋は週刊将棋の詰将棋ロータリーの作品で詰将棋の素晴らしさを知るきっかけとなった。ロータリーの詰将棋は柔らかく心地よいという印象を持っていてヒントを隠して解いていたものだ。難しい段位認定問題を読み切った時の充足感は格別だった。

今年度の将棋界は
第28期竜王 渡辺 明
第73期名人 羽生善治
第56期王位 羽生善治
第63期王座 羽生善治
第41期棋王 渡辺 明
第65期王将 郷田真隆
第86期棋聖 羽生善治
となっていて4月からは佐藤天彦八段が名人初挑戦。

名人か竜王でありたい。
免状に署名するのは名人と竜王だ。
会長も署名するが会長でありたいとは思わない。
チャンピオン称号は自分にとってのアイデンティティー称号だが役職称号はそうはならない。
小さい頃から名人竜王を目指していても詰将棋のほうが合っていて、そんなに変わりはなさそうだ。
棋力を公にするなら目指す段位の免状を取る。
将棋免状は上質な和紙、作家瀧井孝作の撰、格調高い書道の筆と芸術作品としての価値も高い。


この記事をはてなブックマークに追加

詰将棋第九番 将棋世界平成27年5月号

2016-03-07 22:31:58 | 自作詰将棋

          平成27年の将棋世界「詰将棋サロン」初入選特集に載ったこの詰将棋は
          妻の敬慕する亡き祖母に捧ぐ。 17手詰。

          
          <今月の将棋世界五段問題トレーニング封じ手>
          今回挑戦した問題は第375回4問目7八角まで。
          明快な詰めろがかけられている。
          私の封じ手は7七金。
          8六桂、同金、8七歩とされると詰ますしかないが
          9三銀、同玉、8三金、同金、8五桂で詰む。


この記事をはてなブックマークに追加

私の詰将棋への妻の短評

2016-02-21 11:23:48 | 日記
第13回詰将棋解答選手権が近づいてきている。私は都合で行かれないが3月27日にチャンピオン戦、4月9日に初級戦、一般戦が開催されるので、参加されたい方は申込み締切が来る前に是非。詳細は「詰将棋解答選手権 速報ブログ」もしくは手元に持っている「月刊 詰将棋パラダイス」で。

今私の手元にある「月刊 詰将棋パラダイス 2016年2月号」の解説コーナーの「新人コンクール」欄には昨年11月号に掲載された私の詰将棋の解説が載っている。昨年暮れでデビュー2年が経ったし、現在発売中の「将棋世界3月号」でも私と同じ号で初入選した方が新人賞を受賞されている。今後新人基準に変更等あるかもしれないが、どうやら、これで私の新人期間も終わったようだ。今後身を引き締めて詰将棋道に精進していきたい。

詰パラは短評コーナーに特長があり、解答者の短評がたくさん載せられている。初級から上級まで幅広く短評コーナーがあるので雑誌に名を残したいと思うなら詰パラを買って詰将棋を解いて手短な評論を投稿するのが近道だ。解く実力があれば全題正解者に名を連ねたり解答部門で段位を取得することも出来る。今は投稿用紙作りに手間がかかっているが私も以前よく全題正解者や短評に顔を出していた。

今、私の詰将棋(第62回新人コンクール)への妻による短評も手元にある。妻は詰パラファンなのだが、この詰将棋を解けていないので短評として詰パラに投稿するのははばかられ、だから、ここに紹介する。
「シンプルな構成の中に玉と王が向かい合っているのがいいわね。持ち駒は結構6個と多いのね。私にはとても解けないけど、見ているだけで気持ちが良くなってくるわ。何だかグッドスピリットを感じるのよね。シンプルさと駒の丹念な選び方を見ていると。」


この記事をはてなブックマークに追加

詰将棋第八番<解説> 詰将棋パラダイス平成27年1月号「ヤング・デ・詰将棋」

2016-02-07 15:35:27 | 自作詰将棋

          第八番 詰将棋パラダイス平成27年1月号「ヤング・デ・詰将棋」
          2五桂、同金、3三角成、1六金引、2三金、1四玉、
          2六桂、同金寄、1五香、同金、2四金まで11手詰。

          初手必然の2五桂に1二玉は2四桂で
          同金、同角に2三玉なら3三角成まで、
          2四同角に2一玉と下がられても駒余りに討ち取れる。
          4手目1六金上は2三金以下。
          5手目1五香は同金寄なら詰むが同金引で詰まない。
          5手目2三金で玉を狭い所に押し込んでから
          桂香で2枚の金の守備を崩し収束。
          持駒「金桂桂歩」でも成立で却って変化は増えるのだが、
          紛れ重視でこの持駒にした。
          3手目1四香、5手目1五香、9手目1九香は
          いずれも不詰なので確認して頂きたい。
          「寄」「引」「上」が出てきたな。
          <詰パラ入選5回。平成26年作。>


          <将棋世界五段問題トレーニング封じ手◆
          今月のトレーニンング問題は第374回の3問目。
          ヒントは「決め手につなげる」。
          私の封じ手は4五馬と銀を取る手。
          これには同銀だろうが
          取った銀を5一に打つと詰めろ飛車取りになる。
          同金と取られるが3三角成、5二飛、4四馬が
          今度は詰めろ銀取りになる。
          ところで翌3月号第375回の3問目も
          同じヒントになっているが、そちらの解答ではない。
          解答応募期限前のものについて封じ手発表することはない。

          昨日ネット接続出来たので
          久しぶりに自宅でのブログ更新と
          日々のメール確認が出来る状態になっている。良かった。

この記事をはてなブックマークに追加

ポストカードその8 クロード・モネ「並木道」1864年 国立西洋美術館(松方コレクション)

2016-01-23 18:46:59 | ポストカード

私は散歩が好きだ。だから朝も散歩気分で出社したいのだが走らざるを得ない時は無念である。散歩が好きだから会社からの帰りは駅からバスを使わず歩く(ウエストが気になるからという背景も否定はしない。)。しかも最寄り駅より一つ前で降り風景を堪能しながら30分かけて歩く。厳密に言うと道が好きなのかもしれない。子供の頃、畳の縁でミニカーを走らせた経験がある人は多いだろうが私はミニカーに興味はなく道である畳の縁のほうに興味があった。また20代の頃よく観ていたF1グランプリもマシンに興味があるのではなく、スパ・フランコルシャンというサーキットはいいな、という感じだった。スキーなど出来ないのにアルペンスキーをよくテレビ観戦していてグラニスカ・ゴラというスラロームコースは行ったことのある雫石スラロームコースと雰囲気が似ていてお気に入りだった。
2014年冬に観に行った『国立西洋美術館×ポーラ美術館 モネ、風景をみる眼―19世紀フランス風景画の革新』を観に行った際、手に入れた印象派の画家、クロード・モネのポストカード「並木道(サン・シメオン農場の道)」のような道は近くにありそうだ。そうだ。ある。自宅に至る通りはこの並木道のようだ。歩いていて心地良く我が家へ到達するまでの道程が毎日心地よく繰り返される。一緒にこの道を歩いていこう。道から家に至る道を。


この記事をはてなブックマークに追加

詰将棋第八番 詰将棋パラダイス平成27年1月号「ヤング・デ・詰将棋」

2016-01-10 18:56:12 | 自作詰将棋
        新年あけましておめでとうございます。
        今年もよろしくお願いします。

        正式にネット接続申し込んだばかりで、
        まだ実家に寄りブログ更新の状態。
        そのため週末は両親と夕食をとる貴重な時間が出来ている。

        昨年はブログ開始1年目でトライアル期間。
        今年から本格的にスタート。
        更新は月に2回ペースで行き、シンプルをモットーに息長くやる。

        本業の詰将棋創作に精を出すのは言うまでもなく
        他の方の作品もより解いていき実力を高めていく。
        美術館巡りも続け人生に彩りをつけていく。
        自分で決めた道を歩んでいく。
        この詰将棋は一本の道に見える。
        課題「金頭桂」に自信を持ってこの年賀詰をぶつけ採用された。
        11手詰。


        <将棋世界五段問題トレーニング封じ手 
        2016年1月号第1問目。ヒントは自玉に詰めろがかかっている、だったかな。
        4四桂が私の封じ手。

        将棋世界を自宅に置いてきてしまって今手元にないので
        図面を思い浮かべている。羽生さんのように鮮明には出てこないが。
        4四桂に同歩なら4三銀以下詰み、
        同角なら5五歩から6八の金を外せる展開に持ち込める。

この記事をはてなブックマークに追加