カープな話。やっぱ加藤は〝後ろ〟が良かないか?

2017年03月21日 06時31分55秒 | スポーツ

広島ブログ


1イニングでも球数が多ければ守る側のリズムも悪くなるとはいえ、球威はあるし良いフォークもある。
一岡が出遅れ、中田も投げてみないと分からないし中崎の調子次第では7回以降のメンツが不足する
ことを考えれば、思い切って加藤を後ろのメンバーに加えてみても良いと思う。
先発は表がジョンソン、岡田、床田。裏が祐輔、大瀬良に九里でとりあえずはスタートできるし。
無理に加藤を先発で使わなくてもねぇ…他にも先発候補は福井と戸田、中村恭も居るんだから。

それにつけても、田中では無く山岡に行くべきだったね、昨秋のドラフトは(^^)






開幕ローテ入りへ課題は「球数」 広島・ドラ1加藤、5回2失点も102球要す

Full-Count 3/20(月) 15:54配信

抜け球多く、対照的なドラ1対決に…オリックス山岡は8回途中で96球

 広島のドラフト1位ルーキー加藤拓也が、開幕ローテ入りへ課題を残した。20日のオリックスとのオープン戦(マツダ)に先発。立ち上がりから制球に苦しんだ。

 初回、2回と2死から四球。3回は鈴木昂の中前打と、吉田正への四球などで1死二、三塁のピンチ。小谷野に三塁打を打たれ、2点を失った。

 ストレートの最速は148キロを計測。フォークを中心に4つの三振を奪うなど、5回4安打2失点とゲームは作ったが、高めに抜けるはっきりとしたボール球が多く、4四球を与えるなど、要した球数は102球。前回14日の楽天戦でも5回98球。球数の多さを課題として挙げられていたが、克服しきれなかった。投げ合ったオリックスのドラフト1位ルーキー・山岡泰輔が、8回1死での降板まで96球だったのとは対照的だった。

 キャンプ中の対外試合を含め、この日が5試合目の登板。計19イニングで3失点と結果は悪くないが、制球面で苦労する場面が目立っている。プロでローテーションを守っていくには、少ない球数でイニング数を稼ぐことも条件の一つ。課題の詰まった102球となった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« gooブログの提案のお題~春の... | トップ | 社民の凋落…存在意義が無いク... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
田中2軍じゃけいね (⑦パパ)
2017-03-21 10:30:07
山岡良かったね~
平成の長谷川になれたのにね
長谷川ですか…小さい方ね(^^) (灰皿猫)
2017-03-21 14:17:28
⑦パパさま

大きい方は大成しませんでしたから(^^)
ハジメが要らんこと言わなきゃよかったのに…と愚痴っても後の祭りですが、平成の長谷川はFAせずに
その球団一筋で終えてくれるでしょうか(^^)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。