カープな話。まぁ向こうだって一応は〝プロ〟。勝ち続けることは不可能だよね(^^)

2017年05月20日 06時31分01秒 | スポーツ

広島ブログ


実は昨日、昼に会った人とカープの話をして、向こうが「今日から最下位の中日でしょ?
大丈夫大丈夫!負ける要素が無いんだから全勝ですよ!」と実に景気よく仰るので、
猫も負けじと「今シーズンの中日は広島に今まで勝ててないけど、向こうだってプロなんだから
そろそろ危ないですよ?負け越すかもよ?」と言い返したのだが、まさか最初から猫の予言が
現実のものになるとは…今日から預言者になろうかな?(^^)


ま、それはともかく。
打順が回ってきたし、突き放すチャンスでもあったので仕方がないが、6回の攻撃で岡田を降ろしたのが
拙かったかなと…夕べの岡田は5イニングで被安打7に2四球。球数も88だから確かに良くなかったが、
勝負どころを焦ってるなと思ったモンです。
そうでなくても今の中継ぎはカープも決して良い方じゃないだけに、打線が繋がりを欠く中では精神的な
プレッシャーは大きかっただろう。リーグ最低レベルのチーム打率の中日に二けた安打を許すくらいだもの。
それでいて、こっちは7安打で、そのうち広輔と菊池で5安打なんだもんなぁ…

こんな試合をやってるようでは…という気はするが、人間だからね、時にはこんなこともあるし、今日明日を
踏ん張れたら…え?今日が九里!?ビジターでは好投できない九里!?こりゃ負け越しだな…





中日ビシエドのサヨナラ弾で連勝 広島は踏ん張れず

日刊スポーツ 5/19(金) 21:54配信

<中日5-3広島>◇19日◇ナゴヤドーム

 中日は2回2死一、三塁から8番松井雅の右前適時打で先制。広島は3回に2死満塁の好機も、4番鈴木が一邪飛に倒れ無得点。

 広島は6回に2死二、三塁から石原の右前適時打で同点。中日は直後の攻撃で、6番ゲレーロの8号ソロで再びリードした。

 広島は1点を追う9回2死一、二塁から、菊池が中前へ適時打を放ち同点に追いついた。試合は3-3のまま延長に入った。

 中日は同点の10回、2死一塁からビシエドがサヨナラ本塁打を放って、今季4度目の連勝。6番手佐藤が2勝目を挙げた。広島ジャクソンが今季初黒星。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セダン派の一人としては寂し... | トップ | たかがコミケ。ビッグサイト... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。