カープの捕手な話。

2017年12月08日 06時31分01秒 | スポーツ

広島ブログ

そうねぇ、確かに山中は打撃では達川なんぞ及びもしなかったし、左打席から放たれる
ライナーの美しさは絶品だったから、なんで代打でしか使わないのか不満に思ったもんです。
ただ、捕手は打つ走る守るだけでなく、ランナーの刺殺に繋がる肩の強さ、もしくは素早い
動作に加え、自軍の何十と居る投手に配球やキャッチングで信用されるだけでなく、他球団の
選手のデータも積み重ねてリードに生かす頭の回転の早さが求められると思う。
だから育成には時間がかかるため、捕手は大卒や社卒よりは高卒!という感覚なんだけど
坂倉や中村が成長すればするほど会澤が刺激を受けてさらに成長すれば面白い。




広島若手捕手に参考にしてほしい達川氏のサバイバル術

12/6(水) 11:10配信

東スポWeb

【赤坂英一 赤ペン!!】少々気の早い話だが、来年のカープは“正妻”争いが面白そうだ。今季は会沢が初の100試合以上(106)に出場、初のベストナインを獲得したが、来季も安泰かとなるとそうはいかない。あるチーム関係者はシーズン中から言っていた。

「正直なところ、会沢はまだ首脳陣から盤石の信頼を得るには至っていない。ベテランの石原が常時スタメンで出場することが難しく、打撃で会沢が上だから出場機会が増えた面もある。来年、若い捕手が伸びてくれば、緒方監督は積極的に起用するはず。会沢にとっては、来年が本当の勝負どころでしょう」

 そんな若手の筆頭が、来季2年目でまだ19歳の坂倉だ。9月23日に一軍デビューすると、9月30日のDeNA戦で初安打初打点を記録し、二軍でもリーグ2位の打率2割9分8厘をマーク。巨人とのファーム日本選手権でも3ランを放って、見事MVPを受賞した。

 そこへ、今年のドラ1、甲子園1大会6本塁打の新記録をつくった中村が絡む。新人とはいえ、持ち前の爆発力に加え、全国区の人気者。こと打撃での期待度では、日本ハム・清宮にも引けを取らない。打撃の調子次第で、坂倉と同様1年目で一軍に抜てきされる可能性もある。

 ただし、そこから一軍に定着できるかどうかとなると、やはり捕手として信頼を勝ち取れるか否かにかかってくる。そこで思い出されるのが、元広島の名捕手で、監督も務めていた達川・現ソフトバンクヘッドコーチだ。1977年に広島入りしたころは、正捕手だった水沼に指導を請うてもいつもけんもほろろ。それならと、ひそかに1人で巨人のキャンプを偵察、リードに生かして投手陣の信頼を得ようと腐心した。正捕手になってから、後輩の山中(現東京国際大監督)、植田(現広島バッテリーコーチ)らに追い上げられると、逆に年下の彼らから長所を盗もうとしたという。

「特に、山中と植田には、ストレッチの大切さを教わった。最初は彼らがやっとることをバカにしとったが、そのうちに腰を痛めてしもうて、わしもやらざるを得んようになったんよ。これでワンバウンドの捕球もうまくなったんじゃ」

 かくて、達川コーチは若手の猛追をかわし、正捕手として生き残った。カープの若き捕手たちも参考にしてほしい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本に対してではなく、お前... | トップ | 防衛費ってのは増やしたくて... »

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事