大雨は分かってたのに、ノコノコ抗議に出掛ける方が悪い

2017年06月19日 18時31分00秒 | スポーツ

広島ブログ


そんなに日当が欲しかったのかな?(冷笑)
大体、雨が降ることは分かっていたハズで、それなりの対策もしていたんだろう?
身体が冷え、寒さを訴えるって最初からそういうのを覚悟で行ったんじゃないのかよ、軟弱モンが!

なんとしても米軍を警察を悪者にしたい地元メディアとすれば、如何に抗議行動が虐げられているかを
言いたいのかもしれんがこれじゃ逆効果。
某国辺りじゃ閉じ込める以前に〇えてますよ。下手すりゃ〇されてます。それに比べりゃ遥かに一方的かつ
身勝手極まりない下衆な抗議者といえども、彼らの人権に精一杯配慮した対応じゃないですかねぇ…
まぁ、そんなことに気付くような理性など端からお持ちじゃないでしょうけどね、チョンコロ連中と同じで〝情〟
しか持ち合わせていない低能者連中だからな(^^)





土砂降りの中、市民を1時間以上ざらし 体温下がり、寒さ訴える人も

6/17(土) 15:11配信

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設問題で17日午前、米軍キャンプ・シュワブゲート前では約120人の市民らが土砂降りの中、機動隊によって1時間以上も機動隊車両の間に閉じ込められ、雨ざらしのまま拘束された状態に置かれた。多くの人が雨具を着ていたものの、雨に打たれ続けて体が冷え、寒さを訴える人もいた。
 機動隊による排除は正午すぎに始まった。約150人の隊員が座り込んでいた市民らを排除し、石材を積んだトラックなど52台を基地内に入れた。その後、42台のトラックがゲートから外へと出てきた。
 こうしたトラックの出入りが続く間、市民は機動隊車両の間に閉じ込められた状態に置かれた。大雨に打たれながら行動の自由を奪われ、寒さのため身を寄せ合う人の姿もあった。17日午前は本島全域で大雨が降り続け、沖縄気象台は午前10時16分、本島地方に竜巻警戒情報を出していた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 都民というのは新し物好き、... | トップ | 母の日父の日 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。