これから宝塚市は犯罪企画奨励都市を目指すのかな(^^)

2017年11月15日 10時31分47秒 | スポーツ

広島ブログ

 
犯罪が発生したら提供するというからには、逆説的に計画段階なら協力しないんだろ?
となると同市内にあるコンベンション関係でも一般家庭でも堂々と犯罪計画の打ち合わせが
出来てしまうってことだよね?実行は別の街でやれば良いんだから。
そうか、起きてからが犯罪であって、起きる前なら準備段階なら何をしたって良いワケだな…
宝塚市って怖いところだなぁ…(^^)



カメラ画像提供「共謀罪」なら令状必要 宝塚市が条件

11/10(金) 7:44配信

朝日新聞デジタル

 兵庫県宝塚市は、市が設置している防犯カメラの画像を捜査機関に提供する場合、犯罪を計画段階から処罰する「共謀罪」の捜査については裁判所の令状がなければ応じないことを決めた。市は9日、県警宝塚署と協定を結び、運用を始めた。

 宝塚市は犯罪防止と市民生活の安全確保のため、今年度から3年間をかけ、街頭に防犯カメラを最大280台設ける計画を進めている。今年8月には市内12の駅周辺に計30台を設置し、すでに稼働している。

 市が協定締結前に定めた防犯カメラに関する要綱によると、「発生した犯罪の捜査」「行方不明者の捜索」「交通事故の原因究明」に限り、画像を提供できるとしている。捜査機関には、刑事訴訟法に基づく「捜査関係事項照会書」のほか、罪名や犯罪発生事実の有無を記し、目的外使用の禁止などを約束する「提供依頼書兼誓約書」の提出も義務付けた。

 そのうえで「共謀罪」の捜査では「管理責任者は画像を提供してはならない」と明記し、「(裁判所の)令状による場合はこの限りでない」と条件をつけた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カープな話。投げ込み過多に... | トップ | インドもシナも »

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事