笑う黒犬の日常

誰にでも人懐こく無防備な笑顔で近づくので、人からよく「犬みたいだね」と言われるのだが、最近それも意外とアリかなと思う僕。

Stand by me

2017-06-12 13:05:31 | 僕と妻との非日常
妻の脳内の膠芽腫は、悪魔の腫瘍。恐るべき勢いで妻から何もかもを奪っていく。

2日ぶりに会った妻は、すっかり歩けなくなっていた。自力で起き上がることも、スリッパを脱ぐことも、履くこともできない。

「がんばれよ。」と声をかける僕をうつろな目で見つめ返し頷いた妻は、現在ガンマメス治療中。心配することしかできない僕は、所在なさげにこうやってスマートフォンをいじっている。



「何で、よりによって我が妻がこのカードを引いてしまったのか」という思いが僕の頭から消えることはない。

そもそも「脳腫瘍」という病気になる確率そのものが10万人に数人。その脳腫瘍の中でも「膠芽腫」はわずか9パーセント。

妻は100万枚のカードの中から、最悪の1枚を引いてしまったのだ。


ぐるぐるぐるぐる、考えても仕方ないことばかり考えている。あと2時間、ぐるぐるぐるぐる。


だから病院はきらいなんだ。
待たされるのも大きらい。
でもその大きらいな病院で、僕は今日も待ち続ける。だって、これが僕に配られたカードだから。



Stand by me
僕のそばにいてくれよ

Nobody knows the way It's gonna be
この先どうなるかなんて誰も分からないから

Stand by me
僕のそばにいてくれよ

Nobody knows the way It's gonna be
この先どうなるかなんて誰も分からないから

Stand by me,nobody knows

Yeah,nobody knows,the way It's gonna be

そうか、君はもう自分では立てないんだったね。
じゃあ、Stand by meじゃなくて
Stay with me だな。

Nobody knows the way It's gonna be !
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2000 miles | トップ | 本当の色(和訳風) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
赤信号 (の)
2017-06-18 13:13:56
She often commented about her bad luck and my good luck. She believed that I have really good luck and mine never goes away. She always catch red light in her own but my case is always green light all the way. I've never thought of such a thing. Your comment reminded of old days.
Re:赤信号 (black--dog)
2017-06-19 13:59:47
不運を嘆いても仕方ないな
ないカードを欲しがっても意味がない
今のカードでできることを
粛々と続けていくのだ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL