撮影コーディネート『四方山ばなし』

タイに住んでいて気づいた事等を、適当に書いていきます。
期待しないでね!

ママー・スーパーボウル“マッサマン・ガイ”

2017年09月09日 15時02分24秒 | 新製品情報

 日本でママーというとスパゲッティのブランドだけど、タイでは圧倒的シェアのインスタントラーメンのブランドです。そのママーがカップで新発売したのがこちら。

 スーパーボウル“マッサマン・ガイ味”

 マッサマンとはゲーン・マッサマン、つまりマッサマンというカレーで、ガイ=鶏です。

 マッサマンカレーというと最近では日本でもだいぶ知られていると思いますが、間違った情報がほとんどなので、ここで正しい知識をお知らせします。

 日本で、というか世界的にこのマッサマンカレーが知られたのは、数年前にCNNが選ぶ世界で一番おいしい料理に選ばれたことかと思います。

 このマッサマンカレー、スパイスとピーナツがベースのとても甘スパイシーなカレーで、その甘さはココナツミルクから来ているものが大きいと思います。具は、基本的に骨付きの鶏肉とジャガイモのみであることがほとんどで、バンコクでもおかず屋台でたまに見かけます。ここまでは日本で知られている事と大差ないかと思います。

 ここからが間違った情報なのですが、おそらくCNNが紹介した時も然り、一般的にタイ料理に詳しいとか言っている人や専門家も然り、これはタイ南部のカレーだと言っています。しかしながら、タイ南部に行っても地元の人はまず食べてません。屋台やおかず屋に行っても基本売っていません。あるのは主にリゾート地と外国人が良くいくレストランのみです。

 仕事がらレストランを取材する機会も多く、そのたびに現地の美味しい料理や美味しい店などを探し回るのですが、このCNNの一件以来、南部というとこのマッサマンカレーの美味しい店をというリクエストが多いけど、地元の人がよく行く店にはないため、結局観光客向けのお店を紹介することになります。

 ではなぜこのカレーが南部料理だと言われているのかというと、恐らくバンコクなどの中央部に住んでいるタイ人の口に合うように創作されたものだと思います。

 タイ料理はすごく辛いというイメージがあると思いますが、バンコクで食べる料理は甘さが辛さを上回ることが多い。そう、バンコク人は甘い料理が好きなんです。だけどタイ東北部とタイ南部の料理はとても辛かったりスパイシーだったりするので、そのままだとバンコク人の口に合わない。だけど一風変わった地方料理も食べてみたい、という事でこうなるのかと。

 実際タイ南部へ行ってご飯を食べると、本当に辛い。そして甘い料理はほとんどない。そもそもココナツミルクを使った料理なんて基本的にない。ココナツミルクを料理に使うのはバンコクなどの典型であって、よってマッサマンカレーはタイ南部の料理ではないと言えると思います。

 そしてプーケットで人気のあるレストランでマッサマンカレーの作り方を見せてもらった時も、マッサマンカレーのカレーペーストはバンコクから送ってもらっているとのことでした。

 僕が言いたいのは、このように大きいメディアなどがたいして調べずに適当に言ってしまうと、間違った情報が真実になってしますことが多いのです。僕はこれを“情報ロンダリング”と呼んでいます。

 皆さんもメディアの情報を鵜呑みにせずに、疑って見てみて下さい。そして僕がこう言ってても間違ってることがあるかもしれませんが、一般のブログなんかよりはちゃんと裏のある情報を書く様にはしています。

 その前に、アメリカ人が選んだ世界の美味しい料理ランキングに飛びつくのがアホ臭い。アメリカ人に味の事なんか語ってほしくないし、できるわけない。中国人なら信用できるけどね。

 ところでこの新製品ですが、中身はこんな感じ。

 粉末とペーストの調味料と、パックの具が入っていて、お湯を入れたら具を蓋の上で温めてと書いてありました。

 3分経ったらその具を麺の上にあけてできあがり。これと言ってすごくうまいわけじゃないけど、まぁ、たまに変わったものが食べたい時用ですかね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Lay´s“プリック・マナーオ味”

2017年09月04日 22時07分16秒 | 新製品情報

 タイで言うカルビーであるLay´sのポテチ新味です。

 “プリック・マナーオ味”

 プリック=唐辛子、マナーオ=タイのレモン(Limeとありますが、いわゆるライムとは違います。香りのしないレモンって感じ)ということで、辛くて酸っぱいポテチという事になります。

 タイの唐辛子系のお菓子全般やKFCの辛いチキンなんかもそうですが、タイだからさぞかし辛いんだろうと思って食べると、ほとんど辛くないことと同じように、やはりたいして辛くありません。ちょっと辛目で、そして欧米のビネガー系のポテチの様にも酸っぱくはありません。まるでカラムーチョ+すっぱムーチョの味です。あくまでちょっと辛くてほんのり酸っぱいだけです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ICHITAN“ウーロン・ラテ”

2017年09月02日 09時31分46秒 | 新製品情報

 タイの緑茶ブームを作ったオイシという会社がある。その創業者が会社を売り払って新たに立ち上げた会社がこのICHITAN。主に緑茶をベースにした様々な飲料を作っているのだけど、そのICHITANがセブンイレブン専用に発売したのがこちら。

  “ウーロン・ラテ”。全く想像通りの味です。コクのないカフェオレ。あっさりが飲みたければいいのかも。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Jazzii SpicyHotSauce

2017年04月02日 15時26分41秒 | 新製品情報

 以前どなたかがいらした時にお土産を買っていると、
「タイにタバスコ的な辛味調味料ってないのですか?」と訊かれ、答えられないことがあった。
 タイは料理が辛いイメージで有名ですが、確かにそうやって辛味を足す調味料ってあまりない。基本、生の唐辛子がふんだんに手に入り、粉の乾燥唐辛子もよく使われる。そしてチリソースももちろんあるけど、東南アジアの一般的なチリソースはほとんどが甘くないケチャップ的なもので頼りにならない。
 そこで今回見つけたのがこちら。

 ジャジー・スパイシーホットソース。
 どうせまた赤いだけでたいして辛くない期待外れかなと思ってたら、案外辛い。そしてその辛さを含めた風味がタイ料理によく合う感じだ。ラベルには和え物(ソムタムやヤムウンセン等)や炒め物、麺類等にどうぞと書いてある。
 ほとんど見かけることのないマイナーな商品だけど、見かけたらお試しあれ。1本49バーツ(約150円)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新製品2連発

2016年07月05日 09時11分54秒 | 新製品情報

 しばらく日本に帰っていたら、ちょっと変わったのが出てたのでご紹介します。


 見た感じなんかノスタルジーを感じるパッケージで買ってしまった。何かというとオイスターソース、粉末の。粉末という段階で゛ソース”ではないのだけど。
 オイスターソースを粉末にする理由って何だろう?普通は液体のもので何の問題もないだろうけど、例えば食べるラー油を自作する時に使えるかな。作ったことある方なら知ってると思いますが、にんにくチップのサクサク感を殺さないために味付けには粉末醤油が一番いいのだけど、さらに味付けに奥行きを持たせるためにこの粉末オイスターソースを使ったらいいかも。
 あと考えたのはフライドポテトの味付けに使うくらいかなぁ、美味いかは定かでないけど・・・。


 続いてはインスタントラーメン。日本でも最近タイ味のインスタントラーメンが多々出てますが、これはまだ出てない。
 ゛トムカーガイ味”
 トムカーガイって何ぞやって方も多いと思いますが、本当のタイ好きなら知ってないとおかしいスープです。
 タイのスープというとトムヤムクンが有名ですが、このトムカーガイの方が美味しいという人が多いし、日本人には親しみやすい味と思います。
 味は酸っぱくてまろやか。鶏肉と香草、そしてナンキョウ(生姜の一種)を煮て、ココナツミルクを加えたもので、トムヤムクンに比べたらかなりマイルドです。僕は昔からこのスープをご飯にかけて食べるのが好きだったので、麺にしてももちろん行けるはず。実際きちんと美味しかったけど、タイではけっこう定番になりつつあるグリーンカレーラーメンの方が美味しいかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加