撮影コーディネート『四方山ばなし』

タイに住んでいて気づいた事等を、適当に書いていきます。
期待しないでね!

レンズ買った

2012年09月20日 21時53分47秒 | still life

 結局この間見た50mmf1.4を買いました。

 レンズ保護にもなるUVフィルターもあわせて13,700バーツ(約37,000円)。今回はショールームで買ったのでメーカー保障付きだけど、他よりも3,000円くらい高かった。
 とにかく最低限欲しかったレンズが単焦点だったので、とりあえずこれで人を撮りまくります。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

いかん、いかん

2012年09月17日 16時29分28秒 | still life

 今はどこに行くにもカメラを担いで行ってるのだけど、ちょっとカメラのショップを見かけるとつい入って長居してしまう。今日も打ち合わせの後に偶然見かけたショップでレンズの物色をした。

 これはフルサイズ用の安めの単焦点50mmf1.4。室内でもシャッタースピードが早くできるのでちょっと離れてもくっきりだし、背景のボケもやっぱりいいな。これで約3.2万円。
 後はこの間も見たフルサイズ用のフィッシュレンズを、高くて(約12万円)買う気も無いのに触らせてもらう。

 かなり前方に座ってもらってるのに、自分の足がどうしても入ってしまうくらい視野が広い。う~ん、おもしろい写真が撮れそうだ、欲しいな・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レンズ欲しい

2012年09月15日 11時44分48秒 | still life

 先日サイアムスクエアで打ち合わせがあったのだけど、かなり早く着いてしまったので、MBKの上にあるCanonのショールームへ行ってきた。

 以前は暗いある意味職人技っぽいおしゃれ感だったのだけど、今回行ってみたら明るく開放的に変わっていた。なので商品が見やすい。
 僕は今50mmくらいの単焦点(ズームの無いもの)と超広角のレンズが欲しいので見せてもらった。単焦点は僕の7DのAPS-C規格に合うもので40mmf1.4を勧められる。

 今持ってる標準レンズに比べたら桁違いの明るいレンズなので、シャッタースピードが速くできるからストレスが少ない。そして明るいレンズだから絞れるので背景のボケがやっぱりいい。これでだいたい2.5万円くらい。
 そして広角レンズは色々見せてもらったけど、APS-C規格でなく35mmフルサイズ用のフィッシュレンズが気に入った。

 今度ヨーロッパへ行ったら教会の中など暗くて狭い所を綺麗に撮りたかったのだけど、このレンズはそこそこ明るいし魚眼の感じも自然でいい。でもねフルサイズのレンズなので高いのです。レンズだけで12万円くらいするから。
 あ~、でも触ってみたらやっぱり欲しくなった・・・。これがショールームの狙いなのだろうけど。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロケハンナンパ?

2012年07月26日 16時00分11秒 | still life

 こっちのフリーペーパーで新しいホテルを紹介していて、なかなかおしゃれでグラビアにいいのではと思いロケハンに行ってきた。こうして仕事のない時にロケハンをするのは久々だ。


 ここは中国風のデザインなのだけど、他にも今日はみられなかったけどコロニアル風などのヴィラがあり、なかなか使えそうだ。
 だけど途中からロケハンの事は二の次になってしまった。というのも案内してくれたレセプションのお姉さんがなかなかかわいくて、一度写真を撮ったら色々撮りたくなってしまって、いろんなバージョンを撮ってしまった。

 タイ人は基本的にみんな写真を撮られるのが大好きで、彼女に聞くとやはり好きらしく、照れながらもちゃんと目線をくれるのだ。

 彼女は台湾人とタイ人のハーフだそうで、最近までエアホステスをやっていたそうだ。道理で物腰がやらかいはずだ。

 いや~、こうして知らない女の子を撮るのって楽しいな、しかもいいロケーションで。ちょっとカメラ小僧の気持ちがわかった。
 帰りに写真送ってあげるからとメルアドを貰う。ある意味ナンパだな、これは。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

三脚選び

2012年07月24日 16時38分59秒 | still life

 今現在大きな仕事がないので、スチールの修行旅行に出ようかと思っている。写真なんてどこでも撮れるのだけど、やはり画になる風景や人物が無いと意欲が沸かないし、気分転換になるし。
 ただ僕にはスチール用の三脚が無い。別に三脚が無くても写真なんて撮れるのだけど、風景を撮ったり、朝や夕方、そして室内など薄暗い場所を撮るには三脚は必須だ。もちろん僕はVTRの人だからちゃんとした三脚はあるけど、VTRの三脚とカメラの三脚って求められる機能や性能が全く別なのだ。だから持ち運びに便利な小型で軽いけどしっかりしているカメラ用の三脚を買いに行ってきた。


 いろんな店を見てきたけど、軽いのは華奢で大きなカメラの負荷には耐えられなかったり、しっかりしたのは重かったりコンパクトにならなかったり、どれも一長一短があってなかなか選びにくい。
 1時間以上は店を見て回って、そこで目をつけたやつを更に試してみたりして、合計2時間近く悩んだ挙句に買ったのがこれ。

 BENROというメーカーのA1580Fと言うタイプで、4段伸長で高さが最大160cm以上になる。この高さがポイントで、あまり低いとあおった(見上げるような画)にしかならないから、最低でも目高(メダカ=普通の人の目の高さ)は欲しかったのだ。だけどそうすると今度は畳んだ時にコンパクトにならないのだけど、買ったやつは60cmまで短くなった。
 そうして買って帰ったけど、実際にいつも使ってるスーツケースに入れようとしたらこれでも10cm以上オーバーだった。人間の目見当と記憶ってかなりあやふやなんだなぁ。これでは旅行に行く時に持って行けない・・・、どうすべ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加