Blue Blue Blue

更新頻度は減りましたが、細々と続けてます。

麒麟の翼

2012-03-25 00:18:00 | ドラマ・映画
原作は読まずに観賞。

いろんな点が最後に線になるところは
さすが東野作品だけあると思ったし、
阿部寛をはじめとする役者陣の演技もよくて、
時間を気にせず楽しめた。

ただ、原作者が同じという以上に、
昨年見た映画「白夜行」と同じテイストを感じてしまった。

ガッキーは出演シーンは多いけど、
それほど重要な役どころではない。

若手俳優が多く出演しているので、
女性客からは高評価かも。

  

映画『麒麟の翼 劇場版・新参者』公式サイト
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プリプリ16年ぶり、TM4年ぶり... | トップ | 阪神、メジャーに連勝 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ガッキーとメイサ かわいいですね (村石太ダー&コピーマン)
2013-01-12 15:01:28
麒麟の翼で プログ検索中です
現代 大人気作家 東野圭吾 麒麟の翼 やはり おもしろい。人それぞれ見方 余韻が違うのかなぁ。映画VS小説
花の大東京に憧れる二人 東京に着いた時 万歳と何度も言って 喜び合う~。 目がまわる現代の社会問題のオンパレード 現代社会の日本の現状解決されない 無責任 他人の責任にする~そういう社会の中での殺人事件。 一部の場面では 浅識 説明不足
マインドコントロール? トラップ。映画や小説は ただの娯楽なんだけれど。2時間の世界~人材派遣業・派遣切り・職業監督所・
労働規約・労災・危険な労働・労働大臣・親子関係・逆ギレ・犯行動機・殺人・マスコミ・犯罪者の家族・知人・恋人・自殺・身障者・ネット・街・若者の生活・孤児・シングルマザー・就活・盗難 学校教育・部活・先輩・後輩・いじめ・会社内部・償い~。 
人生の因果の果ての殺人事件。様々な社会問題を残したまま  解決しないまま ラストシーンとなる。
日本の将来は大丈夫だろうか。人は皆 真実の知識と〇 〇 〇を必要としている。
映画同好会(名前検討中 小説同好会(名前検討中 東野圭吾を語る会

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『麒麟の翼』@109シネマズ川崎 ('12/02/08) (The 近況報告!~今度は多摩川のほとりから )
この感想を書くために一生懸命東野圭吾作品の 本の感想を一生懸命先にUPしたのに、肝心な これは書きかけのまま…(^_^;)