gdgr

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

辻仁成、自腹ツアーで「初心に帰れた」 「くじけたら負け」と前向きに心境明かす

2017-06-18 21:15:21 | 日記




(ORICON STYLE)



 きのう23日に福島?郡山公演から“自腹ツアー”をスタートさせた作家でミュージシャンの辻仁成(54)にフジテレビ系『ノンストップ!』(前9:50)が独占密着。同番組の取材に対し辻は、一人で回ることで「初心に帰ることができた」といい、「日和らない、ひるまない。くじけない。っていうのが僕の三原則。くじけたら、やっぱり負け」と前向きに決意を語った。
 「レコード会社がいろいろあった騒動を受けて、ちょっとイメージがよくなくなったので、ツアーをキャンセルした方がいいんじゃないか?と持ちかけられた」と同ツアーの中止を求められたという辻。だがその時点でチケット発売後ということもあり「それは困る。(中止を聞いた時は)すごいショックでした。すごいショックというか衝撃的でした」と当時を振り返った。

 それでも、「たとえ1人でも2人でもお客さんいるならやりたいって、そういうことですよね。じゃぁ自腹でツアーを提案した」といい、「だから、マネージャーもローディー(楽器管理)もいなくて一人で回るって感じです」と“自腹ツアー”の敢行を決意した。

 初日を迎えた辻は、「一人で回ることで初心に帰ることができた。あっ!できるじゃんと思った」と語り、「自分的には忙しいことっていうか、大変なことを背負っている方が気が楽なんです」と胸中を吐露。さらに、「僕は日和らない、ひるまない、くじけないが三原則。日和ったら負けちゃう。ひるんだら終わっちゃう。くじけたら、やっぱり負け」と今回のツアーに臨む決意を改めて示した。

 また、シングルファザーでもある辻。現在、長男と一緒に暮らしており、今回の全国ツアー中も「つかず離れず、ツアーの合間を縫って一緒にいます」と共に過ごしているといい、「彼もあと1年で中学生なので、ライブなり見せて親父、すげえじゃんって思ってくれたら」と笑顔を見せていた。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女優チョン?ジヒョンが結婚を... | トップ | Infoseek 検索キーワードラン... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。