広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パナソニックが世界初の4K30p撮影に対応したウェアラブルカメラ『HX-A500』を発売

2017-06-28 13:40:11 | 日記




(@DIME)



パナソニックは身に着けて撮影することで、撮影者の目線から見た臨場感あふれる映像を記録できる4K30p撮影対応のウェアラブルカメラ『HX-A500』を6月12日より発売する。

『HX-A500』オープン価格

外形寸法/カメラ部:幅26.5×高さ26.5×奥行き68.5mm、本体部:幅59.5×高さ94×奥行き26.7mm
本体質量/カメラ部:約31g、本体部:約128g
撮像素子/1/2.3型 MOS固体撮像素子(裏面照射型)
有効画素数(動画時)/903万(通常撮影モード 画角切換:ワイド画素数/フレームレート:1920×1080/30p時)
有効画素数(静止画時)/834万(写真撮影モード 画角切換:ワイド)
F値/F2.8
転送レート(動画)/【通常撮影モード】3840×2160/30p:最大72Mbps(VBR)、1920×1080/60p:最大28Mbps(VBR)、1920×1080/30p:平均15Mbps(VBR)、1280×720/60p:平均15Mbps(VBR)、1280×720/30p:平均9Mbps(VBR)、848×480/30p:平均4.5Mbps(VBR)
【スローモーションモード】1920×1080 60fps/30p:平均15Mbps(VBR)、1280×720 120fps/30p:平均9Mbps(VBR)、848×480 240fps/30p:平均4.5Mbps(VBR)
モニター/1.5型液晶モニター(約11万ドット)
防水?防塵適合規格/IP58
防水性能保証水深/3.0m
防水性能保証浸水時間/30分
記録方式(動画)/MPEG-4 AVCファイル規格準拠
圧縮方式(動画)/MPEG-4 AVC/H.264
Wi-Fi 準拠規格/IEEE802.11b/g/n
カラー/-D(オレンジ)、-H(グレー)

【『HX-A500』の主な特徴】

?世界初4K30p撮影を実現。臨場感あふれる高精細な動画が撮れる
?液晶モニター&ヘッドマウントで操作性も装着感も向上した二体型スタイル
?業界初の見どころのシーンを自動で編集する「ムービースライドショー」搭載

ウェアラブルカメラは、身につけて撮影し撮影者の目線から見た臨場感あふれる映像を記録できるカメラ。『HX-A500』では高品位なセンサー、エンジン、レンズを新採用して画質を大幅に高め、民生用アクションカメラとして4K30p撮影を世界で初めて実現した。貴重な思い出を高画質で鮮明に残し、リアルに追体験することができるはずだ。

機能面では、まず高品位なセンサー、エンジン、レンズを搭載して画質が大幅に向上した。センサーは有効画素数約903万(16:9)の1/2.3型「新?大型セル&裏面照射型高感度MOSセンサー」を採用して高精細化を実現。さらに、高速処理が可能な「クリスタルエンジンPRO+」と、大型化したセンサーに対応できる新開発の高解像レンズシステムが採用された。これらのスペックにより、4K30p撮影を世界で初めて実現。同時に従来のフルハイビジョン画質も大きく向上させた。

そしてカメラ部と本体部が分かれた二体型スタイルを採用。カメラ部は小型?軽量で撮影時の負担が少なく、また設定などは本体部を装着したままで行なえる。さらに本体部に液晶モニターを新たに搭載し、操作性が向上。画角や撮影設定などの確認が、スマートフォンに接続しなくても本体部だけでできるほか、ジョイスティックにより各種設定もスムーズに完了する。 付属の新しいヘッドマウントは、左右の側頭部と後頭部の3点で支えるので負担が軽減し、装着感も向上。また、装着したまま帽子などをかぶれるので、自然なスタイルで撮影を楽しめる。

見どころのシーンを自動で編集する「ムービースライドショー」も搭載。複数の動画から自動で見どころを抽出し、映像効果や音楽を付け加えて短い動画を作成していく。設定には「ダイナミックモード」と「ナチュラルモード」の2つのモードを用意。「ダイナミックモード」は、撮影時に重力センサーが激しい動きを検知したシーンを新アルゴリズムを採用して抜き出すモードで、スポーツなどの映像におすすめだ。「ナチュラルモード」は動きの少ないシーンを抜き出すモードで、旅行などの映像に向いている。

アクティブな撮影につきもののブレには、広い補正エリアの「ブレ補正」を採用しており、激しいブレも補正が可能。「傾き補正」はウェアラブルカメラの使用シーンで高い効果を発揮できるようにチューンアップされ、乱れの少ないきれいな映像が撮影できる。また、撮影スタンバイ状態で傾きを補正した映像をスマートフォンに表示できる「傾き補正チェック」も装備(無料専用アプリ「Panasonic Image App」が必要)。傾き補正が効いた映像を確認してから、録画を開始できるようになった。

☆別売アクセサリー

<製品情報>

http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2014/05/jn140513-1/jn140513-1.html

(文/編集部)





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤンキース田中「まずは治療... | トップ |   

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。