くりねずみの日記

『徒然草』の心境で・・・伊予の国、松山に住むオバサン日記

その気持ちが?(友人の事)

2017-03-07 12:24:56 | 日記

次男の幼稚園の頃からの友人。

子供達は、今は全く付き合いはないけど、

母親どうしは、たまにランチに行き、たまに電話で長話。

その息子さんが、9年間の交際を経て、1月に入籍、4月に挙式するそうだ。

おめでとう~!

あの、出雲大社の本殿での神前式、すっごい~!

だのに、友人は出席しないんだって。

別に結婚に反対してるわけじゃない。

とにかく昔から、結婚式に出るのが嫌な性分だと。親友の式にも出なかったそう。

自分自身も写真だけで済ませたそう。

松山から松江までは遠い。

留袖着るのも嫌。

で、でもね、新郎の母・そして大事に育てた一人息子でしょ。

なんで、行かないのよ。

いろいろ理由を言ってたけど、

行きなさいよ、と勧めたけど、全く、その気は無さそう。

わからない、その気持ち。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月命日の墓参り | トップ | 息子達のこと »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
え~!!!!! (麗心)
2017-03-07 12:50:16
ホントですか?そのようなお母様がいるなんて。
これって好きとか嫌いとかの問題?
反対しているならそれもありかと思うけど・・・

世の中にはいろんな人がいるのねぇ。
ビックリしました。
昨年出雲大社行ってきましたよ。
とっても良かったですよぉ。
あのようなところでお式をあげられるなんて
一生の思い出よねぇ。

くりねずみさん、参加したら?笑
麗心さんへ (くりねずみ)
2017-03-07 13:18:17
でしょ。
ホンマに好きとか嫌いとかの問題しゃないよね。

身内だけの出席で。お相手は、御両親と弟さんが、新郎の方は、父親だけ。だったら、尚更、出なさいよ。
御主人さんも息子さんも諦め顔らしいが、
4月までに、気が変わることを願うわ。

私が代わって出たいわ。
変人さんがいらっしゃるのですね (まあこ)
2017-03-09 20:28:26
確かに遠いけど、私ならすこし遠回りでもしまなみ海道でいきたいわ。
確かに、私も留袖は着たくないけれど出席しますよ。
重篤な病気でないかぎり。
私が新郎、新婦なら親子の縁を切りたいわ。
何も、ハワイでの挙式に来てと言ってるんじゃないんだから。
なんか 人事ながら少々腹がたってきましたよ(笑)
ふむふむ (おちやろ)
2017-03-10 08:20:49
嬉しいから、話したくて、くりねずみさんにしたんやろね🎵
出席するか、しないか、よっぽど、上がり症とか何かあるのよね、
そこから、先はご家族の問題❗家族が、納得しとけば、問題ないんやないかな?おめでとう➰❤️と、祝ってあげましよう❗と思うのですが~⤴️
人それぞれ、~⤴️
おちやろさんへ (くりねずみ)
2017-03-10 12:37:13
私も、赤面症・あがり症なので、友人の披露宴でのスピーチは、全て断ってきました。おちやろさんの披露宴の時、スピーチ予定の大学時代の親友さんが、列車の到着時間が遅れて、私の方へ番が回って来そうな時は慌てました(よく覚えてるでしょ、私^^)幸いに親友さんが間に合って安堵。でも、後輩の時は、もう30歳で主婦の私が断るのは、大人げないと、心で悩んで顔で笑って引き受けたわ。
長男の結婚式。披露宴の終わりに両親への花束贈呈。私にもスポットライトが当たるのが、気恥かしくて憂鬱だなあと思ってました。でも、長男夫婦が企画して、貯金を使った結婚式に、招待されて、「出たくない」とは思いませんでしたね。
上がり症の友人の為に、彼女の息子さんは、だから身内だけの式にしたと思うのに。
息子さんが気の毒だよ。
まあこさんへ (くりねずみ)
2017-03-10 13:01:01
今までの付き合いを思い出して、「!?」って思う行動・考え方はありました。でも、それも彼女の個性かな、波長の合う所もあるしね。
それでも、今回の事は、やはり思い直して欲しいなあ。
息子さん、とっても優しい好青年なのよ。
父親に反発してた頃、母親には、なんでも話してた母親思いの息子さん、やはり可哀想だあ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事