備前焼 やきもん屋 

備前焼・陶芸家の渡邊琢磨(わたなべたくま)です。陶芸、料理、音楽、路上観察……やきもん屋的発想のつれづれです。

【終了】 備前焼まつり 2016 

2016-10-17 17:24:43 | Weblog


2016年の備前焼まつり終了致しました。
両日とも心地よい秋の行楽日和となりました。あっ、昨日は小雨が若干ぱらつきましたが。

さて、今回は会場風景を撮り損ねております。

がっ、山陽新聞の一面をカラー写真で飾りました。しかし、唐草模様がオハズカシイぞ。
まっ、お祭り仕様だからなっ!

しかし唐草模様が功を奏して、お客さんから「新聞に載ってたトコや~~」とのお声掛けも頂きました。


(クリックで拡大)

中にも大きな写真で掲載。燦然と輝く『蚊取りブタ』ですな。(ハイ、そこ「何処に?」とか言わない)



さて、おまつりのお楽しみとしてはお昼ご飯。

一日目。やはり15:00ぐらいにありつく。
とはいえ、午前中に地元お寿司屋さんオススメの『炙りサバ寿司』を確保済みである。


そして、夕飯用に『サワラ寿司』も確保して家で食べ比べ大会を開催。

「秋のサワラも良いねぇ。むむむ、サバ寿司旨し!」
「明日はサバ一托なっ」と結論。

『アナゴの一本焼』と合わせて日本酒を頂く。

疲れていたので、すぐに酔いが廻ってオヤスミ~~~。


さてさて、二日目。
若干の寝過ごし感が否めない時間に到着して、慌てて準備。合間にお客さんが来られてワチャワチャと。
予定通り、お昼ごはんは『サバ寿司』である。

おぉぅ、昨日と昆布が違う。芸が細かいなぁ。
それとお醤油屋さんの出店による唐揚げも合わせて。手隙きの時に口に放り込むのに丁度良いサイズが好ましいなぁ。

お手伝いさんは『穴子ごはん』をチョイスしていました。

(いままでの小生なら、それだけどな)

血糖値アップに、ジュースもあり。



さて、会場情報も少し。

ヤキモノ屋目線から今回の変化としては、『備前焼ガチャ』が会場内に4箇所あった事です。
昨年は我々『備前焼作家集団けらもす』もモノだけでしたが、今年も概ね好評を頂いていたようです。感謝。
まぁ、「一回500円で500円以上の内容」というモノでしたからねぇ。

そして、個人的な大きな変化は、駅前通りのお寿司屋さんのショーウインドーで展示させて頂いた事。




多くのお客様が見られる場所で、それを切っ掛けに御来店頂いた方も多くいらっしゃいました。
ありがたや~~~。




Web、新聞、ウインドー、ガチャと告知が色々と積み重なって、総合的に効果があったと思います。



明けて本日はグダグダと。片付けは追々に。今日はゆっくりとオフ!


そろそろ退屈しきった番犬福助と散歩かな。


目線がこちらから離れない……。

夕焼け見ながら、歩こうか。


さて、皆様、また来年!! チャオ! (*^o^*)/~~

















































ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 備前焼まつり 2016  | トップ | 口福のあとに……。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。