Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

世のなかとんとん

2016-05-31 19:33:35 | 日記

2016/5/31 (敬称は省略します)

世のなかとんとん

口ほどにもないアソウと谷垣の二人の惨めな言いわけはいつも通りの白旗でチョン

●今回の再再増税延期劇は初めて与党と政権内に亀裂を生んだことでいい意味の政党政治の本来の姿に戻ったと言える。 アソウの増税しないとの約束がらみても衆議院の解散が筋道だとへの字口をひん曲げての抗弁と連れもてゆこうかのいつもながらのうじうじ谷垣の下手な文士的の言い回しも全くの不発だ。

こんな時は昔の派閥が懐かしい。 本当は少なくともアソウは財務大臣を辞職したほうがいいはずだが本人は半分だけは腰を置いているが後の半分はどうでもいいのだ。 アベのお付き合いでしかないし、ひょっとしてアベに何かあれば自分にお鉢がまわる・・・そんなゲスの下心は十分にあったはず。 谷垣に至っては拾い損ねた総理の地位をいまだ未練たらしくこれもひょつとの気持ちが無きにしも非ずの日和見は実に見苦しい。

アベはもうこれで党内了解も強引に取り付けたと言える。 とくに財務省をさらにコテンパンに貶めたことはアベの功績と言ってよい。 いままでこいつらの嵩に掛かった横柄横着がどんなに日本を貶めていたことだろう。 いまも問題の財政規律の大処はもちろん政権全般が負うべきなるも、ひとえに財布のひもの管理の甘さを指摘されても当然なのだ。 今になって財政規律と鬼の首を取ったように騒ぐのはもう30年も前に言うべきことであったのだ。 何度も言うがアソウが筋を通せというならばお前こそその責任上からまずは率先してその財務大臣の職責を放擲してこそ言行一致と言えるのだ。 税の本来の重さに鑑みれば己の司の仕事の本来のなすべきことの如何なる過失かを現状の累積財政の赤字の1000兆こそまずはを恥じるべきだ。 それに加えてこの国の悪弊である文書主義の伝統が歴史的に見ても明らかにここより発してきたその経緯の罪は以って行政組織の隅々まで組織と人の派遣によって伝播しているのである。とくに人事院となどの院のついた会計検査院はもう全く不要である。

はなしは変わるが、今回のG7の議長国日本の会議の仕切方はもう無茶苦茶で今後に非常な疑念と不始末を残したと思う。 つまりは内政の問題をいかにも世界のことに無理やり装飾して騙したことはいかに日本が政治経済に信用ならん国として間違った発信をしてしまったことである。まさに自由世界の良き伝統を日本が逆に逆転屁理屈利用したのだ。 アベの信用なんては例の福島はコントロールの国際的嘘でバレバレな上にいまがリーマンショック前夜発言はもう取り返しのつかないほどの偽りだ。 アベはものすごく大きい国際的日本の信用を傷つけたことになる。この始末は後に必ず日本に降りかかるはずだ。 政治的悪乗りの議事運営のとしても限度がある。

こんごこの信用をキァッチアップするには余程の信用回復努力と次なる後継者の地道な回復努力に待たないとイケナイ。 もうアベの太鼓持ちにも注意する必要が大であるが、アベのノーチェックがさらにエスカレートすることも心配だ。 アソウ、タニガキ、コウムラ・・・なんぞは結局はポーズだけのご意見番のはずでもうその他の補佐官に見透かされている。アベの周辺補佐官の利用の仕方はもう限度を超えている。 いずれ破たんの危機がやってくるときにアベは多分逃げる手口が想像できる。 国民がその時はおいてけぼりだ。しんようならんのがこいつの今までの政治歴である。 国民は踊らされてはイケナイ。

くれぐれも情の薄い奴だから。 父親の晋太郎は流石に父親だ。 息子のチャランポランな性格を生前見抜いていたのだ。

 

それとさいごに小選挙区制度が浸透して、日本もここにきてアメリカ型に近い大統領制に近づいたことだ。 それならば大いに構造改革に踏み込めるはずで今後の動きを注視したいし、それなくんば財政破たんが現実にせまってくるぞ。 いろいろあっても中国のGDPは早や日本の2倍になりつつあるし、すぐ後にはドイツが追い上げてきている。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アソウと谷垣の二人の惨めな言いわけはいつも通りの白旗

2016-05-31 07:26:43 | 日記

2016/5/31 (敬称は省略します)

アソウと谷垣の二人の惨めな言いわけはいつも通りの白旗

●今回の再再増税延期劇は初めて与党と政権内に亀裂を生んだことでいい意味の政党政治の本来の姿に戻ったと言える。 アソウの増税しないとの約束がらみても衆議院の解散が筋道だとへの字口わひん曲げての抗弁と連れもてゆこうかのいつもながらのうじうじ谷垣の下手な文士の言い回しも全くの不発だ。

こんな時は昔の派閥が懐かしい。 本当は少なくともアソウは財務大臣を辞職したほうがいいはずだが本人は半分だけは腰を置いているが後の半分はどうでもいいのだ。 アベのお付き合いでしかないし、ひょっとしてアベに何かあれば自分にお鉢がまわる・・・そんな下心は十分にあったはず。 谷垣に至っては拾い損ねた総理の地位をこれもひょつとの気持ちが無きにしも非ずの日和見。

もうこれで党内了解も強引に取り付けたと言える。 とくに財務省をさらにコテンパンに貶めたことはアベの功績と言ってよい。 いままでこいつらの嵩に掛かった横柄横着がどんなに日本を貶めたことだろう。 いまも問題の財政規律の大処はもちろん政権全般が負うべきなるもひとえに財布のひもの管理の甘さを指摘れても当然なのだ。 今になって財政規律と鬼の首を取ったように騒ぐのはもう30年も前に言うべきことであったのだ。 何度も言うがアソウが筋を通せというならばお前こそその責任上からその財務大臣の職責を自ら得べきで言行一致と言えるのだ。 税の本来の重さに鑑みれば己の司の仕事の本来のなすべきことの如何なる過失かを現状の累積財政の赤字を恥じるべきだ。 それに加えてこの国の悪弊である文書主義の伝統が歴史的に見てここより発してきたその経緯の罪は以って行政組織の隅々まで組織と人の派遣によって伝播しているのである。とくに人事院と化イケて検査院はもう全く不要である。

はなしは変わるが、今回のG7の議長国日本の会議の仕切方はもう無茶苦茶で今後に非常な疑念と不始末を残したと思う。 つまりは内政の問題をいかにも世界のことに無理やり装飾して騙したことはいかに日本が政治経済に信用ならん国として間違った発信をしてしまったことである。 アベの信用なんては例の福島はコントロールの国際的嘘でバレバレな上にいまがリーマンショック前夜発言はもう取り返しのつかないほどの偽りだ。 アベはものすごく大きい国際的日本の信用を傷つけたことになる。 政治的異種としても限度がある。

こんごこの信用をキァッチアップするには余程の信用回復努力と次なる後継者の地道な回復努力に待たないとイケナイ。 もうアベの太鼓持ちにも注意する必要が大であるが、アベのノーチェックがさらにエスカレートすることも心配だ。 アソウ、タニガキ、コウムラ・・・なんぞは結局はポーズだけのご意見番のはずでもうその他の補佐官に見透かされている。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世の中いろいろ

2016-05-30 20:08:35 | 日記

2016/5/30 (敬称は省略します)

世の中いろいろ

財務官僚と通産官僚のハブとマングース

●通産官僚に乗るアベと財務官僚に半分の腰を乗せているアソウは、どうやら今回の増税繰り延べで明暗がややはっきりしてきた。 アソウが土俵を割ったとみてよい。 財務官僚にとっては完敗だろうし親分のだらしなさに憤まん本舗だろう。 アソウは一見強がりのアホカポネだが内実は取り立てて党内評判は良くない。 いつもアベの側でニタニタとへんな笑いをしているポーズ屋だ。 まだしも単純にアホそのままのがむしゃらになアベの方が素直なところがある。 要は懐刀のアベには今井とかいう通産官僚の筋書きにタダ乗りしているのと、もう発想力が途絶している最近の財務官僚の出来の差である。 アソウも全面財務よりでもなく片方の尻を乗っけているだけで財務シンパでも何でもない。 アベ政権も並みの政権通り丸三年の去年までと今年になってからは様変わりの航行不如意になって持ち前の株などの経済で苦しんでいる。 とくにどうしても増税問題では乱気流から脱却できずにとうとう再再延長の赤旗を掲げた。 以前は強気のダブル選挙などを打ち上げていたがここにきてまずはありえない。 好事魔多しでサミットで墓穴を掘った。 オバマの広島も済んでみればオバマの一人舞台でアベのしかめっ面が象徴するように、日本にはなにも感動の嵐も何もないオバマの一人舞台。 サミット宴の終わりは増税延長騒ぎで幕を開けたが別段しらけムードは変わらない。 ただいかにアホ財務省が描いた民主政権時代からの消費税5%アップというのがもうこの国にはボデーブローかということだ。 国民は政府が無茶な増税ならば消費をしないという条件反射の学習をしたことだ。  アベももう金融操作だけでは限界があることは肌に染みて分かったのだろうか。 もうこれ以上クロダにムチを当てても死ぬだけだと思ったなら、またまた財政出動のシャブに逃げないで、まじめにカネのかからない知恵と一時的苦痛が伴う構造改革、つまりはもう何十年も前からのお題目をただ愚直にやることだょ。 それと公務員と政治家自らの待遇のあまりな我田引水を普通に戻すことだ。  アベにはそれをやる気概は全くない。 それが今の政治を糺す根本なのに一体なにを探しているんだといいたい。 問題はめのまえだょ、おっさん!!!!   見えない恰好をするなと言いたい。  もうアベの顔も4年目。ブクブクと二重あごの醜い顔も見飽きた。  はやく次のを見せてくれ。  とにかく秋にはアメリカで政変が起きる。 日本よりはお隣の国からの変化が楽しみじゃ。 1854年のペリー来航以来第2の開国を期待したい。

163年ぶりじゃ。 財務省だけは叩き潰さんとイケンゾナ。 日本のシロアリの巣屈じゃけん。 もうクロダはお休みで結構。 買い取った国債と有象無象の資産の整理整頓に励め。 もう衆院の選挙はカネも掛かるからよろしい。 ただ増税も先延ばしとなったからまあ気分一新、内閣改造でもすればいい。カネは掛からん。 復興大臣のパンツももう乾いたであろう故、そのた勉強不足の

頼りないのも一杯だ。 在庫一掃の現品入れ替えで大処分の見切り市で暑さを乗り切れ!!!

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

財務官僚と通産官僚のハブとマングース

2016-05-30 07:49:43 | 日記

2016/5/30 (敬称は省略します)

財務官僚と通産官僚のハブとマングース

●通産官僚に乗るアベと財務官僚に半分の腰を乗せているアソウは、どうやら今回の増税繰り延べで明暗がややはっきりしてきた。 アソウが土俵を割ったとみてよい。 財務官僚にとっては完敗だろうし親分のだらしなさに憤まん本舗だろう。 アソウは一見強がりのアホカポネだが内実は取り立てて党内評判は良くない。 いつもアベの側でニタニタとへんな笑いをしているポーズ屋だ。 まだしも単純にアホそのままのがむしゃらになアベの方が素直なところがある。 要は懐刀のアベには今井とかいう通産官僚の筋書きにタダ乗りしているのと、もう発想力が途絶している最近の財務官僚の出来の差である。 アソウも全面財務よりでもなく片方の尻を乗っけているだけで財務シンパでも何でもない。 アベ政権も並みの政権通り丸三年の去年までと今年になってからは様変わりの航行不如意になって持ち前の株などの経済で苦しんでいる。 とくにどうしても増税問題では乱気流から脱却できずにとうとう再再延長の赤旗を掲げた。 以前は強気のダブル選挙などを打ち上げていたがここにきてまずはありえない。 好事魔多しでサミットで墓穴を掘った。 オバマの広島も済んでみればオバマの一人舞台でアベのしかめっ面が象徴するように、日本にはなにも感動の嵐も何もないオバマの一人舞台。 サミット宴の終わりは増税延長騒ぎで幕を開けたが別段しらけムードは変わらない。 ただいかにアホ財務省が描いた民主政権時代からの消費税5%アップというのがもうこの国にはボデーブローかということだ。 国民は政府が無茶な増税ならば消費をしないという条件反射の学習をしたことだ。  アベももう金融操作だけでは限界があることは肌に染みて分かったのだろうか。 もうこれ以上クロダにムチを当てても死ぬだけだと思ったなら、またまた財政出動のシャブに逃げないで、まじめにカネのかからない知恵と一時的苦痛が伴う構造改革、つまりはもう何十年も前からのお題目をただ愚直にやることだょ。 それと公務員と政治家自らの待遇のあまりな我田引水を普通に戻すことだ。  アベにはそれをやる気概は全くない。 それが今の政治を糺す根本なのに一体なにを探しているんだといいたい。 問題はめのまえだょ、おっさん!!!!   見えない恰好をするなと言いたい。  もうアベの顔も4年目。ブクブクと二重あごの醜い顔も見飽きた。  はやく次のを見せてくれ。  とにかく秋にはアメリカで政変が起きる。 日本よりはお隣の国からの変化が楽しみじゃ。 1854年のペリー来航以来第2の開国を期待したい。

163年ぶりじゃ。 財務省だけは叩き潰さんとイケンゾナ。 日本のシロアリの巣屈じゃけん。 もうクロダはお休みで結構。 買い取った国債と有象無象の資産の整理整頓に励め。 もう衆院の選挙はカネも掛かるからよろしい。 ただ増税も先延ばしとなったからまあ気分一新、内閣改造でもすればいい。カネは掛からん。 復興大臣のパンツももう乾いたであろう故、そのた勉強不足の

頼りないのも一杯だ。 在庫一掃の現品入れ替えで大処分の見切り市で暑さを乗り切れ!!!

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

財務官僚と通産官僚のハブとマングース

2016-05-30 07:49:23 | 日記

2016/5/30 (敬称は省略します)

財務官僚と通産官僚のハブとマングース

●通産官僚に乗るアベと財務官僚に半分の腰を乗せているアソウは、どうやら今回の増税繰り延べで明暗がややはっきりしてきた。 アソウが土俵を割ったとみてよい。 財務官僚にとっては完敗だろうし親分のだらしなさに憤まん本舗だろう。 アソウは一見強がりのアホカポネだが内実は取り立てて党内評判は良くない。 いつもアベの側でニタニタとへんな笑いをしているポーズ屋だ。 まだしも単純にアホそのままのがむしゃらになアベの方が素直なところがある。 要は懐刀のアベには今井とかいう通産官僚の筋書きにタダ乗りしているのと、もう発想力が途絶している最近の財務官僚の出来の差である。 アソウも全面財務よりでもなく片方の尻を乗っけているだけで財務シンパでも何でもない。 アベ政権も並みの政権通り丸三年の去年までと今年になってからは様変わりの航行不如意になって持ち前の株などの経済で苦しんでいる。 とくにどうしても増税問題では乱気流から脱却できずにとうとう再再延長の赤旗を掲げた。 以前は強気のダブル選挙などを打ち上げていたがここにきてまずはありえない。 好事魔多しでサミットで墓穴を掘った。 オバマの広島も済んでみればオバマの一人舞台でアベのしかめっ面が象徴するように、日本にはなにも感動の嵐も何もないオバマの一人舞台。 サミット宴の終わりは増税延長騒ぎで幕を開けたが別段しらけムードは変わらない。 ただいかにアホ財務省が描いた民主政権時代からの消費税5%アップというのがもうこの国にはボデーブローかということだ。 国民は政府が無茶な増税ならば消費をしないという条件反射の学習をしたことだ。  アベももう金融操作だけでは限界があることは肌に染みて分かったのだろうか。 もうこれ以上クロダにムチを当てても死ぬだけだと思ったなら、またまた財政出動のシャブに逃げないで、まじめにカネのかからない知恵と一時的苦痛が伴う構造改革、つまりはもう何十年も前からのお題目をただ愚直にやることだょ。 それと公務員と政治家自らの待遇のあまりな我田引水を普通に戻すことだ。  アベにはそれをやる気概は全くない。 それが今の政治を糺す根本なのに一体なにを探しているんだといいたい。 問題はめのまえだょ、おっさん!!!!   見えない恰好をするなと言いたい。  もうアベの顔も4年目。ブクブクと二重あごの醜い顔も見飽きた。  はやく次のを見せてくれ。  とにかく秋にはアメリカで政変が起きる。 日本よりはお隣の国からの変化が楽しみじゃ。 1854年のペリー来航以来第2の開国を期待したい。

163年ぶりじゃ。 財務省だけは叩き潰さんとイケンゾナ。 日本のシロアリの巣屈じゃけん。 もうクロダはお休みで結構。 買い取った国債と有象無象の資産の整理整頓に励め。 もう衆院の選挙はカネも掛かるからよろしい。 ただ増税も先延ばしとなったからまあ気分一新、内閣改造でもすればいい。カネは掛からん。 復興大臣のパンツももう乾いたであろう故、そのた勉強不足の

頼りないのも一杯だ。 在庫一掃の現品入れ替えで大処分の見切り市で暑さを乗り切れ!!!

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加