Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

世の中いろいろ

2016-02-29 18:45:59 | 日記

2016/2/29  (敬称は省略します)

世の中いろいろ

アメリカ大統領の輪郭が見えてきた

●民主党は力が弱ったがやはりクリントン、一方の共和党は乱戦の中、トランプがダークホースの強みを発揮して勢いづいている。

日本は伝統的に共和党と親和してきた。 岸アイゼンハワー、中曽根レーガン、小泉ブッシュに記憶が強い。

今年の秋にはどちらかに決まるが、日本にとってどちらになっても厳しいかもしれない。 クリントンは国務長官時代は日本にも宥和的であったが最近の予備選挙中にはTPPに反対とそれに日本の為替政策についてはじめて円安介入を批判したのだ。

また、一方のトランプはもう表向きはモンロー主義かと思わせる強い保守回帰主義を訴えている。 経済でも雇用維持のためにとくに名指して日本と中国からの輸入を抑え、欧州避難民と隣国メキシコからの今以上の流入には、有名になった蜜入国防止壁をいい募っている。 一時のアメリカ人には考えられない激しい苛立ちが漂っている。 アメリカには白人の富の集中と今後の人口増で白人人口が50%から35%へ下落。 その他の黒人、ヒスパニック、メキシコ、ネイティブが65%になる人口的恐怖が猛烈にのしかかっているのだ。

 単なるアジテーターの域を超えてあれだけの賛同者を背景にして共和党の候補者乱立を泳ぎ切ってきている。 オバマ民主党の2期8年間は戦争をしないアメリカを演じてきたがこれの功罪が織り交ざって世界はアメリカの警察官放棄の下で、あえて多様性の時代を余儀なく演出することを要請されてきている。 このことはあらたな民族主義の台頭を好悪に関わらず生み出すことになる。 

それと今回のG20と各国蔵相会議は当面の世界経済の減速防止を大きなテーマしたが、そのなかで初めて日本と中国の為替安誘導を灰色国として名指しで批判されたのは今後の構造改革と相まって注視観察されることになる。 アメリカのクリントンの非難とも絡んでこれからの日本の為替操作もあまり露骨なやり方ができないようだ。 こういう外部経済要因からも各国の景気浮上策が大きな命題を抱える中、日本としてもこの夏ごろに腹を決めざるを得ない消費税の残余の取り扱いはひとつ間違えばまたまた世界景気の足を引っ張りかねないマイナス政策となる。 もうほとんど外濠だけでなく内濠まで埋まりつつある。 もう緩和パズーカは止めて消費税を止めることだ。 そして本格的な構造改革に大きく舵を切り替えることだ。カネよりも痛みが伴うのは仕方がない。 それは文書主義を排して多様性と個性を吸い上げとくに公務員の仕事を効率化して最大限生産性を上げさせることだ。 日本人は世界でも一部を除いて実に働きの内容が劣る。

じつに無駄な費用を浪費している。 その積み上げが財政赤字の累積にも繋がっているのだ。 もう国民大衆はこんな非効率な輩をいつまでも神輿に乗せて遊ばせてははいられないのだ。 総人員400万人のうち30%は減らすことだ。 IT革命はそのためにあるのだ。 アベは死してもこれをやれ。 さすれば歴史に名を残せる。 岸よりも必ず上になれる。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカ大統領の輪郭が見えてきた

2016-02-29 08:19:09 | 日記

2016/2/29  (敬称は省略します)

アメリカ大統領の輪郭が見えてきた

●民主党は力が弱ったがやはりクリントン、一方の共和党は乱戦の中、トランプがダークホースの強みを発揮して勢いづいている。

日本は伝統的に共和党と親和してきた。 岸アイゼンハワー、中曽根レーガン、小泉ブッシュに記憶が強い。

今年の秋にはどちらかに決まるが、日本にとってどちらになっても厳しいかもしれない。 クリントンは国務長官時代は日本にも宥和的であったが最近の予備選挙中にはTPPに反対とそれに日本の為替政策についてはじめて円安介入を批判したのだ。

また、一方のトランプはもう表向きはモンロー主義かと思わせる強い保守回帰主義を訴えている。 経済でも雇用維持のためにとくに名指して日本と中国からの輸入を抑え、欧州避難民と隣国メキシコからの今以上の流入には、有名になった蜜入国防止壁をいい募っている。 一時のアメリカ人には考えられない激しい苛立ちが漂っている。 アメリカには白人の富の集中と今後の人口増で白人人口が50%から35%へ下落。 その他の黒人、ヒスパニック、メキシコ、ネイティブが65%になる人口的恐怖が猛烈にのしかかっているのだ。

 単なるアジテーターの域を超えてあれだけの賛同者を背景にして共和党の候補者乱立を泳ぎ切ってきている。 オバマ民主党の2期8年間は戦争をしないアメリカを演じてきたがこれの功罪が織り交ざって世界はアメリカの警察官放棄の下で、あえて多様性の時代を余儀なく演出することを要請されてきている。 このことはあらたな民族主義の台頭を好悪に関わらず生み出すことになる。 

それと今回のG20と各国蔵相会議は当面の世界経済の減速防止を大きなテーマしたが、そのなかで初めて日本と中国の為替安誘導を灰色国として名指しで批判されたのは今後の構造改革と相まって注視観察されることになる。 アメリカのクリントンの非難とも絡んでこれからの日本の為替操作もあまり露骨なやり方ができないようだ。 こういう外部経済要因からも各国の景気浮上策が大きな命題を抱える中、日本としてもこの夏ごろに腹を決めざるを得ない消費税の残余の取り扱いはひとつ間違えばまたまた世界景気の足を引っ張りかねないマイナス政策となる。 もうほとんど外濠だけでなく内濠まで埋まりつつある。 もう緩和パズーカは止めて消費税を止めることだ。 そして本格的な構造改革に大きく舵を切り替えることだ。カネよりも痛みが伴うのは仕方がない。 それは文書主義を排して多様性と個性を吸い上げとくに公務員の仕事を効率化して最大限生産性を上げさせることだ。 日本人は世界でも一部を除いて実に働きの内容が劣る。

じつに無駄な費用を浪費している。 その積み上げが財政赤字の累積にも繋がっているのだ。 もう国民大衆はこんな非効率な輩をいつまでも神輿に乗せて遊ばせてははいられないのだ。 総人員400万人のうち30%は減らすことだ。 IT革命はそのためにあるのだ。 アベは死してもこれをやれ。 さすれば歴史に名を残せる。 岸よりも必ず上になれる。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世の中いろいろ

2016-02-28 20:10:32 | 日記

 

2016/2/28  (敬称は省略します)

世の中いろいろ

アベは消費税避難のために安保法制拡大解釈手法を再び学習する。

●もうどう考えても選挙で勝つ分にはいちばんの効用は消費税を止めることだ。

アベノミクスやクロダミクスの回りくどさにじつに滑稽さと疲労感を感じているのは、正直当人らであろう。 それを遡れば現在の状況を予測・想定できなかったこの過去6-7年間の日本の財務中枢部のまさに判断間違いと安易に政治の基本中の基本を軽く見過ぎた文書主義に堕してなんらまともな政治を見損なった劣化財務省を初めとする官僚組織の愚かさは万死に値するものだ。加えて

それに軽々しく同調した全政治家のほとんどもまさに無為無策・無為徒食の批判を甘んじて受けることだ。 もともと自民党時代から消費税は想定されていたが、政権交代の後の民主党時代の菅政権時に突如公約しないで政治課題に上ったのだ。 バカ菅が財務官僚の洗脳に引っかかって狂った後、とぼけたドジョウの野田がこれも財務省の甘言に乗せられた。 いちばんの悪役は黒子の財務官僚とはいえ易々と転んだ民主のアホさ加減はいまに解党の寸前までの落ち目に沈殿したのだ。 その点から考えるとアベはもともと税金が嫌いとか放言していたが、本当にそうなのかとも思える一昨年秋の消費税延期を断行した。 この点からすればもともとこの御仁は5%の消費税には根っから賛成ではなかったかもしれない。 5%といえばフルで見れば年間国民大衆から12.5兆円を巻き上げることだ。 民主の時には最低税収が最悪で37兆円しかなかった。 今最近でこそやっとこさ50兆円超、それも3%のフル増税分7.5兆円を含めてである。 以前ベースでみれば42.5兆円だ。 これはどう考えてももう酷税である。 こんな単純なことを間違うとは官僚どもの肥大主義は行き着くところまで行ったものだと呆れるのだ。 こんな頭の程度の官僚のバカ集団だから戦前でもあんな考えられないような撃ちてし止まんの突貫精神主義で、国を殺めて爆砕してしまうのだ。 今回の2回に分けてもの5%増税がいかに無茶苦茶なものか国民大衆にはこの期に及んでその無謀さに立ちすくんでいるのがよくわかる。アベもある意味仕方なしにアベノミクスとクロダミクスの相合傘で道行としたもののやはりどうも道半ばで二人とも行倒れの悲哀に行かんとしているのだ。 こんななか、アベがまたまた税の先延ばしをしなければ本当に大事に至るのは必至とみたのはこの御仁の直観かもしれない。 もう国民大衆には神輿を担がないでこれにぶら下がる400万人の国家、地方公務員にはもう耐えられないの悲鳴が聞こえているのだ。  アベには前科があり理路整然とは説明が出来る訳はない。 またもやとにかくはこの急場をしのぐために、リーマンショック級の危機を捏造することに如かずとして、いまの日本の危機の脚本づくりに奔走している。誰かがそのシナリオをせっせと書いているはずだ。 それがために官邸の補佐官や秘書官の忍びたちを随所に飛ばして仕掛けしているはずだ。 とくに財務省には厚い防諜網を敷いて水も漏らさぬお得意の秘密情報の網を張り巡らしているはず。 どう見ても予定実施に遡る10ケ月前頃のことし半ばごろには拡大解釈による経済危機第2リーマンショック並警戒警報が発令されるのは必至である。  その引き締めによってお得意の100,000,000経済危機突破作戦を敢行して国民大衆の支持を獲得し併せて自政権の支持率アップを確かなものにする。 今年半ばはいろいろな意味で政局の夏の前の重要な前哨戦になる。 もう民主と維新の合併なんぞはその前には吹っ飛んでしまうだろう。 やれやれ国民大衆はバカ官僚のお陰で随分と遠回りの草臥れ儲けとしか言いようがない腹立たしさだ。 

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アベは消費税避難のために安保法制拡大解釈手法を再び学習する。

2016-02-28 11:18:09 | 日記

2016/2/28  (敬称は省略します)

アベは消費税避難のために安保法制拡大解釈手法を再び学習する。

●もうどう考えても選挙で勝つ分にはいちばんの効用は消費税を止めることだ。

アベノミクスやクロダミクスの回りくどさにじつに滑稽さと疲労感を感じているのは、正直当人らであろう。 それを遡れば現在の状況を予測・想定できなかったこの過去6-7年間の日本の財務中枢部のまさに判断間違いと安易に政治の基本中の基本を軽く見過ぎた文書主義に堕してなんらまともな政治を見損なった劣化財務省を初めとする官僚組織の愚かさは万死に値するものだ。加えて

それに軽々しく同調した全政治家のほとんどもまさに無為無策・無為徒食の批判を甘んじて受けることだ。 もともと自民党時代から消費税は想定されていたが、政権交代の後の民主党時代の菅政権時に突如公約しないで政治課題に上ったのだ。 バカ菅が財務官僚の洗脳に引っかかって狂った後、とぼけたドジョウの野田がこれも財務省の甘言に乗せられた。 いちばんの悪役は黒子の財務官僚とはいえ易々と転んだ民主のアホさ加減はいまに解党の寸前までの落ち目に沈殿したのだ。 その点から考えるとアベはもともと税金が嫌いとか放言していたが、本当にそうなのかとも思える一昨年秋の消費税延期を断行した。 この点からすればもともとこの御仁は5%の消費税には根っから賛成ではなかったかもしれない。 5%といえばフルで見れば年間国民大衆から12.5兆円を巻き上げることだ。 民主の時には最低税収が最悪で37兆円しかなかった。 今最近でこそやっとこさ50兆円超、それも3%のフル増税分7.5兆円を含めてである。 以前ベースでみれば42.5兆円だ。 これはどう考えてももう酷税である。 こんな単純なことを間違うとは官僚どもの肥大主義は行き着くところまで行ったものだと呆れるのだ。 こんな頭の程度の官僚のバカ集団だから戦前でもあんな考えられないような撃ちてし止まんの突貫精神主義で、国を殺めて爆砕してしまうのだ。 今回の2回に分けてもの5%増税がいかに無茶苦茶なものか国民大衆にはこの期に及んでその無謀さに立ちすくんでいるのがよくわかる。アベもある意味仕方なしにアベノミクスとクロダミクスの相合傘で道行としたもののやはりどうも道半ばで二人とも行倒れの悲哀に行かんとしているのだ。 こんななか、アベがまたまた税の先延ばしをしなければ本当に大事に至るのは必至とみたのはこの御仁の直観かもしれない。 もう国民大衆には神輿を担がないでこれにぶら下がる400万人の国家、地方公務員にはもう耐えられないの悲鳴が聞こえているのだ。  アベには前科があり理路整然とは説明が出来る訳はない。 またもやとにかくはこの急場をしのぐために、リーマンショック級の危機を捏造することに如かずとして、いまの日本の危機の脚本づくりに奔走している。誰かがそのシナリオをせっせと書いているはずだ。 それがために官邸の補佐官や秘書官の忍びたちを随所に飛ばして仕掛けしているはずだ。 とくに財務省には厚い防諜網を敷いて水も漏らさぬお得意の秘密情報の網を張り巡らしているはず。 どう見ても予定実施に遡る10ケ月前頃のことし半ばごろには拡大解釈による経済危機第2リーマンショック並警戒警報が発令されるのは必至である。  その引き締めによってお得意の100,000,000経済危機突破作戦を敢行して国民大衆の支持を獲得し併せて自政権の支持率アップを確かなものにする。 今年半ばはいろいろな意味で政局の夏の前の重要な前哨戦になる。 もう民主と維新の合併なんぞはその前には吹っ飛んでしまうだろう。 やれやれ国民大衆はバカ官僚のお陰で随分と遠回りの草臥れ儲けとしか言いようがない腹立たしさだ。 

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世のなかとんとん

2016-02-27 18:54:28 | 日記

2016/2/27  (敬称は省略します)

世のなかとんとん

日本の賃金体系は「能力格差」ではなく「所属格差」

●一時政治家の世襲問題が世間で喧伝された頃があった。もちろん自民党政権時のときだ。 政治腐敗が喧伝された反動だった。 いまはそれが一層進んでしまって国会議員に石を投げれば遠くでなくても近くで当たる。 それほどの身分社会化してしまった。 議員の劣化がとくに大政党の自民に酷いのは最近の世相がよく映している。 そのことが国の多様化と流動化のダイナミックさを奪っている。

いまクロダミクスがデフレ脱却でひとり政府の失敗したアベノミクスの政策を超えて無理にも金融だけでの片肺飛行を強行しているが、現実の構造改革を伴えないその効果はこのさき何年やっても土台、無理なのだ。

人間は自分の所属社会からは臆病にも出たがらないし下からはなかなか上にはでられないのだ。 本来はそれの調整を司るのが政府なのにこれがまつたくできていない。 それがために言葉だけは期待を込めたトリクルダウンという言葉だけを投げかけて一時的に時間稼ぎをするがすぐにも剥げる。それがいまだ。 ほんきでやる覚悟がないから次々に同一労働、同一賃金などというできもしない上っ面の次の期待の言葉だけは簡単に乱発・発声する。 要はすべて見せかけなのだ。 

ことしの賃金ターゲットは流石に最後の円安効果の期待も日本だけでなく世界の経済変動要素が大きく被さって去年、運動の流れはすでに個別企業の判断にトーンダウンとなって間違いなくまだら模様だ。 

とくに労働界の連合も今までの様な活動をほとんどしていない。 労働界の中でも企業格差による賃金の濃淡があるからであり、取りあえずは雇用をまずは優先して賃金は政府が側面で先導するという今までにない形であったが、それも去年までだ。  もともとアベノミクスもその失敗は賃金ターゲットの連動浮上の循環を目指したのにもうすでに3年目の今年は正規・不正規、大企業・中小企業、民間・公務員などとの所属格差が明確に固定化してしまった嫌いがある。

その原因には連合の不活発さというよりは、民主の政治勢力の大幅な後退と公労協などの不活発な自己満足・不協力姿勢を許した民主党内の覇気不足に起因する。 その意味では民主に燻る連合へのシンパシィ乃至は選出議員どもはむしろ民主とは別の組織に完全に線引きすべきである。 そういう公務員と大企業に連なる議員などは90%以上を占める中小企業の労働者とは違うのである。

すでにそういう所属によって保護されるものとそうでないものとの区別だけはしておかないといけない。 その意味でも今回の民主と維新による新党は大方の所属のメリットを享受できない一般労働者から見れば何の期待感も感じられない落ち目の三度笠同士の、未練たらしい落ち目のくっつきとしか映らない。 なにも切らないでただくっつくのは先の希望を持たないただの同棲である。 こんな割るべきものを割らないで済まそうとする野合はこれこそ不倫の極みでもうすぐの先の不和と当然の破局すら感じさせる。 もう両組織は断末魔の極みの破滅を選択したことになる。 所属格差に不満の労働者の何らの期待感もないのは当然だ。 夏の参院選が今回の紛らわしい偽装同棲でしか済まないことから、こんな簡単な政治の二次方程式も解けない政治にはもうまったくつける薬はないことからして野党の勢力結集はやはり残念ながら効果として期待できない。 まさに税金の無駄、これに勝るものは無し。 所属格差の捨てられた労働者はまだしもこの異常な世相にとにかく我慢を自らに強いて自分磨きをしておくことだ。 かならず大きな政治・経済乱世がこの政治家の平成元禄世襲身分社会と所属格差に反対する渦巻くような外洋からの巨大な津波がやってくのはそんな遠いことでない。 それをできない日本はどうみても沈みゆくしかないからなのだ。 その意味で今年のアメリカ大統領がどうなるかが大いなる関心のあることである。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加