Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

前川前次官「行政ゆがめた」VS 地方創生相「一点の曇りなし」

2017-07-11 02:46:09 | 日記

2017/7/11 (敬称は省略します)

前川前次官「行政ゆがめた」VS 地方創生相「一点の曇りなし」

●官邸と元行政組織幹部の滅多に出ぐわさない行政に関する参議院の閉会中審査は通常あり得ないだけに、世間の耳目を集めた久しぶりの本チャン国会よりは見ごたえがあった。 流石に日本の官僚のトップであっただけにその受け答えは堂々として総理の犯罪を暴くに十分の疑わしさを浮き彫りにした。守る自民政治家の方はいまを時めく前川だけに論破には程遠い狼の遠吠えだ。

やはり張本人のアベとの対決が待たれる。 そんななか、山本創世大臣のクロはもう顔つきからして証明しているようなもので、こいつが一点の曇りなしとの言い募りは多分次の改造で変えられるかどうかの剣ヶ峰で最後の悪の足掻きに見えて見苦しい。 もう顔つきがどうのでというのは問題だが、正直ひとはその人物性はかんばせに顕れるものだ。うそをつき通してきた卑しい品性には神はそれなりのものを与える。 山本はその呪縛から逃げられない酷いあくどさから逃げられない。 こんな奴を選んだアベにはまさに選んだ己の任命責任の大ナタが下ったと思う。 そのことでTVを見ている国民は十分な正しい感触をえたも同然。 前川の落ち着いた弁明の態度勝ち。それにしても久しぶりの言論府の論戦で、アベの今までの予算委員会のダレキッタそれとは月とスッポン。いかにアベが国会無視のたわけた奴かが改めて恥ずかしいと思え。もうアベの自己弁護に多用するところの印象操作からみても前川前次官は天下りのことで菅越後屋などに悪印象のまさに印象操作で悪印象の誘導操作があったのはじつに作為的な菅の厭らしい性格を表している。まそにアベの裏仕事師、用心棒無頼のゲスだ。

アベはこいつとアソウは次の改造でも手放せないとしてもうひとりあの手が勝手に札に伸びるアソウ派に潜り込んだ悪の常習犯の甘利で櫓将棋ならぬ悪の鉄壁で囲い込むと公言している。 もう悪の砦の4人組で華々しく自爆テロを企てるのかも。 そんな奴らに負けるわけにはイカンと夜叉になって国民に仕返しをするんかいな!!!  これで明治以来の総理の中でもう別格の欄外総理のお粗末と断じられることは明らかだ。いつかは脳天逆落としの曲芸と思っていたが、今回の都議選に至る醜聞わんさかが実はこのことであったのだ。この政権に対してもう合掌するしかコメントはない。小泉は逃げよ、橋下はドツボに嵌められるぞ!! 

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民進幹事長「まずは都議選を... | トップ | アベのニセ病もどきに騙され... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL