Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

政治に弄られ炙られて官僚業界は相対的に資質と地位低下が激しい。

2017-06-19 06:21:53 | 日記

2017/6/18 (敬称は省略します)

政治に弄られ炙られて官僚業界は相対的に資質と地位低下が激しい。

●もともとは政治が上に立っていわゆる事務屋がその指示通りに動くことが普通のことであったが、世の中が複雑多岐に亘るようになって政治家の劣化が進んで政治家が事務官僚に丸投げまたは任せるという逆転現象から事務屋官僚組織、つまり省の力が強くなった。そしてその省にもランク付けが自ずと出来てたのが以前の姿であり、各省のトップの次官が自省内を纏めていた。もちろんトップ省は財務省に始まって三流省までランク付けがはっきりしとしていた。ところが内閣人事制度が刷新一元化されて高級官僚600人ほどの人事発令は内閣人事局に統合されたのがこのアベ政権からであった。 このことが政界の風景を一変させた。事務屋官僚とてサラリーマンだ。人事権の源が自省の次官でなく人事局に移れば当然今までとは様子が変わってくる。そこを政治家官邸が都合よく利用してきた。 とくに官邸にもっとも近い、以前は出向姥捨ての官僚たちも一目置かれる内閣直下で官邸の官房付け、補佐官、特別補佐官などとして各省に指示をすることで権限強化にあり付いたのは当然のバランスの変化だ。そこに忖度、意向など昔からあった政治慣習が大手を振るか陰に隠れるかの違いはあっても新しい素地が政権に出来上がってきたのは、いま問題のモリ・カケそば事件に顕れているのは実に正直な現象である。 もう少し丁寧に裏仕事と弁えていれば、こんな表立った越後屋騒動には至っていなかったのに馴れないものだからということ、内閣府自体がもともと寄せ集めの派遣省庁の悲しさで下手であったことだ。

こうしてみると悪いことばかりではない、いわゆる消費税が2度も先延ばしになったのはやはりこの制度に起因している。一流官庁の財務省の劣化が著しいからだ。 19年4月の3度目の挑戦もまるで難しい。 それだけにすでに財政バランスの黒字化2020年公約も、既に猫だましの新手でGDP比に置き換えのニホンセン方式に早めのレールの連結へと誘導論がまことしやかにお得意の転進線路が引かれている。まず消費税は三度めもありませんと全国に放送したようなものだ。 国民もしれっとして何をいまさらと素気無い感じで冷静だ。

この言ってもデフレ脱却が5年近くたっても脱却の目途すらも立たない現状から推断もくそもないことを踏まえれば、税を取ることの神聖さと重大さの壁に政治と官僚事務屋などの行政の岩盤規制がこの期に及んでも気候温暖化に背いて日本の寒冷化はやっとこさ見える形で緩みかけてきているのかもしれない。

それがどうしても巻き上げられない消費税の三度目の正直に繋がっていると言うべきだ。それにしてもあまりにも安易な税と社会保障の一体改革というお題目だけのこの法律は民主党をひっくり返しただけでなく5年経って民進党の存在すら許さないほどの強烈な破壊力をいまに維持してなお今日のアベ一強に繋がっているのは税の恐ろしさを明示して余りある。はたして寒冷極北の政治事務屋官僚大地に本当の春がやってくるのか?   ここの岩盤規制が融けないと日本の政治経済の弾力性は期待できない。 日本の大企業の2000社は健在無借金経営になった。いましばらくはこの踊り場で超金融緩和で金利マイナスの春を楽しむなというのは無理なはなしかもしれない。暫くは政府らが笛吹けど踊らずの様子見を決め込むのだろう。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 結局は官邸サイド(内閣府を含... | トップ | さては早速にお得意のいつも... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL