Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

民進のぬるま湯体質は変わらぬ。前原と枝野はいずれ離婚せよ。

2017-09-01 21:50:48 | 日記

2017/9/2 (敬称は省略します)

民進のぬるま湯体質は変わらぬ。前原と枝野はいずれ離婚せよ。

●全く時間の無駄だ。民進にはあの天からたまたま落ちてきたぼたモチを自分で掴み取ったものと未だに勘違いしている。本当に実力で勝ち取ったものな

らばあんなに簡単に手放すことはなかった。 それで失ったからと言ってまたまた戻る様な甘いものではない。 要はどぶ板を這いずり回る気概がいまだ見えない。 消費税は19年秋には自民の決めた通り実行しデフレ解消の必須2%の物価上昇条件はなんと1%にてOKなんて、こんなエエ加減な挑戦する側のユルユルの政策なんて。 流石に枝野は消費税はいまそんなことが許される時期ではないと反対しているのは当然である。 それに前原はいずれ小池新党にげこむんだ長島や細野との合流を視野に入れてと思っているが、日本ファーストとのtie-upはそんな簡単なものではない。 まずは自民党が割れる予想がある。その不満の虐げらた人たちが日本ファーストにも移民してくる。ここでの日本ファーストとの移民との化学反応がどうなるか?   あらたな野党戦線の構築への反自民の動きと勢力の結集が興る可能性が予想される. 仮にも今のままの同居状態で自公に対峙できるほどの民進の力の伸びはあり得ない。 ぬるま湯の出口戦略こそが問われるべきで出てゆく人間は有っても勢力増に繋がる話には絶対にならない。

その意味ではやはり今の前原民進は早く分裂したほうが国家的には正しい道だ。繰り返すが今の自民も余りにもアベが特異過ぎて右よりが過ぎる。それの反動として普通の自民に戻る左寄りにシフトする慣性の法則が生きてくる。自民の反動勢力が民進の中道に近い勢力と合体するのは歴史的に必然の動きである。

民進・日本ファーストと自民からの移民で普通の中道が大勢力の結集がなれば

政権交代の可能性は実に高まるはずだ。 それの分水嶺として政策的には改憲がその踏み絵になる筈だ。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アベの猫だましは次は何? | トップ | プーチン大統領「北朝鮮への... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事