Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

トランプライオンに纏わりつくハエぶんぶん

2017-08-13 16:51:06 | 日記

2017/8/13-2 (敬称は省略します)

トランプライオンに纏わりつくハエぶんぶん

●もう背後で元軍人どもの国務・国防が暴発を抑えつつ外交主導なのに、肝心のトランプはもう北に対しても言いたい放題。それにうまく口先反発して口喧嘩だけはエスカレート。 どっちもどっちだがこのままチキンレースにはなりっこはない。 トランプは仮にも戦争は日本までの大陸側でと本音は思っていても韓国・日本にの基地を考えているかもしれないが、現実には両国のアメリカ人はいつも通りだ。 とにかくトランプには北なんぞアメリカに纏わりつくハエぶんぶんくらいしかいまも思っていない。 アメリカの一般人も大抵はそこらへんの認識だろう。

ただ日本は頭越しの宇宙空間を飛ぶICBM紛いのミサイルをまるで可視状態で飛ぶように騒いで北が島根・広島・高知などと言うものだからとううパック3をあたふたと配備

急いだが僅かに日本を通過するのに3分あるかないかだ。 無視すりゃいいんだ。 閉会審査の国会でむしろ小野寺が官僚の尻馬に乗ったんか己の智慧で言ったんかは分からんが日本の存立の関わる重大事態に備えてなんてあの集団的自衛権までに踏み込んだバカな理屈付けは全くの外交政治音痴でトランプなら聞きなかせるが日本の防衛相では北を刺激するだけ。  思ったとおりに北は今度は日本を敵とみた日本列島破滅の発言をして見せた。 もう気ちがい相手とみなけりゃいかんのだ。 これでわたしは小野寺というのは結構ダメじゃなと思った。 あんな無茶苦茶な悪法を引用するなんて。 要はこの口喧嘩の発端はアメリカと北なんだ。 日本がアメリカが手出しをしてくれるのを誘発するような下手な芝居は厳禁だ。 バカにされて怒るならば日本単独で普通の国として怒ればいい。日本はいまはもうアメリカなしでは日も夜もない国なんだ。

昔の様に朝鮮に軍艦を差し向けて有無を言わせぬ時代とは違うんだ。 

トランプを焚きつけて一旦緩急あれば北と戦争状態になるのは明々白々だ。

気違いに刃物と心得よ。 日本にはアメリカをはじめとして外交でしかやり過ごすしかない。 アホの一つ覚えで制裁、制裁と叫んでも効果なし。 アベがいなくなれば多少景色が変わるのは間違いない。 それがいちばんの取りあえずの収め方には違いない。 アベよ。 はやく国民の為に消えることだ。

その代わり森友・加計は不問としてやる。 これでは国民の8割は許さないか。

よくよくお前は因果な厄介ものじゃ。 後は自裁しかない。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプライオンに纏わりつ... | トップ | 経済の乱気流に備えて政府・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL