Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

河野外相も総裁選出馬明言避ける

2017-08-05 16:43:20 | 日記

2017/8/5 (敬称は省略します)

河野外相も総裁選出馬明言避ける

●アベの都議選仰向け脳天逆落としの変は一強横着横柄の咎が見事にアベ一味を直撃した。 今回の改造も指名はしたが担当部署が未定が多くまた最終決定までに宙ぶらりんが出て、人事任命にも影が指した。 野田も逆指名で総務以外は受けないとなって支持率のこともあってアベは押し切られた。 ほかの有象無象の待機組ではとんでもない答弁と見識不足から流石のアベも野田の希望に逆らえなかった。 もともと人事は何でもいいものではあるまい。 自分の求める希望部署であるからこそ日々邁進出来る。 その点野田はエライ。 そして一生懸命頑張って野田の名前と仕事を得ることで総裁選にも堂々と世の審判に耐えられるというものだ。 正論である。 此処に来てもうひとり河野が野田ほどではないにしても報道陣の質問に、総裁選のことは直接に応えなかったが一つ一つしごとをこなすと外務大臣としての役割を述べたが、早速にリベラルの政治姿勢はすぐに韓国、中国にも反応があるようだ。 もちろん父親の洋平の外相としての知性と仕事ぶりだ。 この点では太郎が外相という実に重い重責を担うことは他の部署とは雲泥の差がある。いまアベ政権ははっきり言って自らの横着横柄私利私欲の増慢政治が頂点に達して、もうこれからは以前の様な振舞は出来ない中で、その無謀な経緯でこと大陸外交はお座なりもいいところで、安保の言葉に託けてアメリカ一辺倒の反動が北政策の無策傍観視に終始せざるを得ない袋小路にアベの無作為がこの大陸政策の座視を招いた。 大げさに言えば河野の大臣決定までにはじつに政権内で野田とは違った意味で

国策変化への導火線になり兼ねない国論の変更にも繋がる意見があったはずだ。

しかし現実には韓国の反応や中国からもこれと言ったものはない。 河野は父親の影響もあって対外的には比較的マイルドに受け止められている。これは河野の資質と父親の知性的な影響が幸いしている。

それに加えて防衛の小野寺はきのう靖国参拝はしないと明言した。 この小野寺の発言も今までは毎度毎度大陸の軋轢をうむ厭なことではあったる。 そのことからすれば小野寺というのは単に優しさだけでなく今までの大陸政策への

宥和政策を遅ればせながらも進めるその姿勢は大いに評価すべきものがある。

今回のアベのスッテンコロリンの己のタネ、身から出たさびの愚挙は国民から見れば天の配剤であり、まあ後一年の命の任間に今までの悪行の整理整頓を促すせめてもの猶予のときを付与されたものと感謝して、身の回りを清掃すべきである。 いまに森友も加計もまだまだ魑魅魍魎で疑惑芬々。口先だけでなく丁寧をもう何百篇きいても晴れないのは狼少年のウソばかりで本当を言っていないからだ。 アベょ、もうお前の人品、骨柄が満天下にバレているのに往生際の悪いガキだ。 この改造で僅かにチリの津波のように届いた波は支持率にして3-5%ていどか。

それのすべては野田・河野・小野寺らによるものだ。

それともう一つ、元福田首相が平成14年度にアベ政権が内閣人事局を政治が取り仕切る制度に変更してから恣意的な政治の暴走が、とこんなことでは国家破綻と大いに警鐘を鳴らしたら、元々の内閣副官房の杉田が取り仕切る制度へ、きのう隠すよう素早くこっそり決めた。そして今までの萩生田は官邸から逃走するように党のそれでも副幹事長へ逃げおおせたのはアベのしつこい仲間意識の醜さがいまも油断なく残っていると安心してはならん。 どこまでもアベというのは執念深いやつだ。長州人の性格がありありだ。

政治と官僚のハブとマングースの闘いは政治が暴走して官僚側が制した。これは本当はもっと議論の余地はあるのだが、いまはこれほど乱用すればまだしも官僚に任せておく今までの制度の方が行き過ぎないかも。

取りあえず今のところはこんなことで留めるがこれから自民党内の人事不満組の乱もあるかも。 然しながら人事は能力と一対のもので回数とは極端に言えば連動すべきものとは言えない。 じつに下らん議員も多い。 だけど今回小野寺を見ていて彼は在野にある間にもいろいろ自己研さんしているのを見る機会も多かった。そういう人物はいろいろの人が見ているのだ。 それに比べて見せるためのボースのひとはやはりそこが浅い。 それとオンナ議員はもう暫くはよろしい。 どうも議員の仕事を自己パフォーマンスの場所と履き違えている。 もっと目立たないところでの雑巾がけも大切だ。 もうひとつ比例区の議員の今後は改めて検討しなおせ。 浮き草の様に流れるのはどうかと思うし、そのことの身分が流れを加速するのではないか。 一所懸命という言葉もある。 我慢が出来ない議員根性が随所にみられる。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 河野外相も総裁選出馬明言避ける | トップ | 河野外相も総裁選出馬明言避ける »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL