Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

アベのアホのひとつ覚え、北朝鮮には圧力を、圧力をと繰り返すばかり。

2017-04-21 20:58:05 | 日記

2017/4/21 (敬称は省略します)

アベのアホのひとつ覚え、北朝鮮には圧力を、圧力をと繰り返すばかり。

●今日も国会で凝りもせずに同じ繰り言。 この男がいる限りは中・韓・朝はみなうち揃って対話にならない。 とにかく歴史に対する真摯な造詣が欠けているため正しい認識ができない。ひとり政治家にとって致命的であるよりも日本にとっての外交指針を定めるのに骨太の一本の筋が通らない恨みが排除できない。 トランプは流石に大統領選の中でもとくに最終盤にはアメリカ・ファーストのキャッチフレーズを何回も国民に訴えて心の底に植え込んで当選した。 その意味ではオバマの初めの時はオバマに袖にされてアベって何者とまでの扱いだった。 とくに中・韓・朝に至っては戦略的互恵関係とかの意味曖昧な中国に始まって韓・朝とは初めから反りがお互いに合わず相互訪問は皆無。 こんな好き嫌いの激しい過疎関係で近隣国の隣同士の付き合いが出来る訳はない。 その意味で日本はとにかくアメリカ一辺倒になったほうが政治的には表向き安定でと思った。 いまもそれの延長がさらに続いている。 そのために無理かもしれぬが明暗のはっきりした付き合い方で今に至っているが、出来ればこのままで大陸関係は凍結も致し方なしと思ってもいる。 とくにトランプ外交が遅まきながら明確に動き出したが結構ドライで日本浮沈戦艦を西の端デッドラインでも日米はやるとまで断言してくれているのは本当は有難迷惑であれば、今のうちにアメリカには意思表示だけはしておいた方がとも思ってしまう。グローバル時代とは言えそこのとこだけは踏み間違ってはいかん。やはり馬の合う合わん国はどうしてもあるんだ。 しかしここまで抱き合った関係になってしまえばじつに息抜きでも離れることになるのは難しい。いずれ将来大陸の経済的引力が強くなったと日本はそれでも政経分離だなんて理屈が通るのだろうか?  日本に政治的野心がこれからもないことであればこのまま親米一本でいいと思うが、あのややこしい右翼的背景が嵩じれば対米摩擦起きかねない。脱皮して換骨奪胎した新しい日本になれるならばやはり日本は脱東亜でこれからも進む方がいいと思う。八紘一宇なんていうものには日本の文明力はとても不足している。アメリカと寄り添う方が過去の贖罪と失敗の歴史に学べばその方がいい。その意味では太平洋は日本海よりは何倍も広大だが、アメリカは本当に隣組なんだ。日本海のごちゃごちゃはないのが一番。とにかく大陸国とは距離をおきなせぇ。 東洋的近所づきあいの小うるささはよくわかった。もう権高、干渉、嫉妬、妬み、横着、横柄、狡猾・・・・・・。

それと最後にロシアはいちばん危険。 アベのアホのロシア参りも頭が狂っている。来年で首。世界をかき回すだけのパラサイト人間。西洋的な白い肌に

東洋的モンゴルの顔貌も匂う危険な狼だ。 北朝鮮も中国も裏であや釣っている。

はなしは戻る。 日本がアメリカが去ったTPPを残り主要国と共に推進することにした。アソウ談。 いずれアメリカのご機嫌を損なうかも。北朝鮮問題が取りあえず落着すれば、日本はアメリカとの経済調整に正対させられる。こういうときにアンチ米国の立場をとることはいずれ米国一辺倒にはなれないことの証であり、日本がそれなりの覚悟で物を言うのであれば対中国との安保のことを固めたうえでないと底板を外されかねない。アソウが積極的に発言をしているのはアベの指導力の低下の反作用であるか?  つい2-3日まえにも、消費税を上げられる態勢が整っていると自信げに言っていたが、アベがリタイアするがごときの言い方に見えた。そこまで政権の威厳が落ちているのはここ最近でもう見るも無残な人事面の乱脈は第1次安倍内閣当時に匹敵するほどの乱れだ。

アベもアソウもどっちもどっちもであるが、アソウの嫁は表に出過ぎないだけにまだしも家のコントロールまで政治沙汰にはなるまい。たしかにアソウの機嫌はいいらしい。そのアソウがアメリカ抜きのTPPだとさ。 そうればアメリカ一辺倒にはならんなぁ。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アベのアホのひとつ覚え、北... | トップ | もうみんな人間的にアベの薄... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL