Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

習の香港への恫喝

2017-07-02 07:38:56 | 日記

2017/7/2  (敬称は省略します)

習の香港への恫喝

●香港返還後の20年の今年、習が初めて下見に訪問したが、早速の香港市民の反対の洗礼。 対して怒った習は一国二制度の約束も忘れたように、大陸側の思いが前面に出て約束通りいずれ50年間の後には大陸に併合されるとの立場を改めて標榜した。 返還当時は香港は西側のショールーム的であったが、その間本土大陸の経済が飛躍的に拡大したため経済的な立場はむしろ逆転した。

その相対的な立場の下落もいまの香港人には焦りもあるのだろう。とくに台湾と違って陸続きである為あと30年後には更なる立場の違いが拡散されるはずだ。歴史の中に自然に埋没するか、更なる金融センターとしてシンガポールみたいに生き残れるか難しいこれからの30年の年季明けだ。訪問に不平を鳴らした市民に対してすぐに恫喝したところなんて、習の国内での圧倒的な平定力が行き渡っているようにもみえるが。ただ習は汚職と不正撲滅に就任以来政権の全精力を注いで政的を撲滅してきた実践実績は国内的にも評価が出来上がっている。 

きょう都議選最終日に満を持して秋葉原に街頭演説したアベはアベ帰れの怒号とコールに塗れた。 アベを取り巻く不正への糾合はいま頂点に達している。

なにを力んで帰れコールの選挙民に偉そうに金切り声を挙げているのか?

あるを無い、無いをあるのインチキもんが大きな口を叩くんじゃない!!

国会とは違うそのシュプレヒコールに戦いて小心者が喚いている無様さ。

小池嬢もこれからは旗幟鮮明にして戦う姿勢を表に出さないと、いつまでも

スローペースで都民ファーストのスローガンだけではモタナイ。ホップ・ステップ・ジャンプの段階的な政治プランの時間的スケジュールを分かりやすく明示することだ。 そしていずれ日本のトップを目指すことも含めてプランを示すことである。もともとそのことも含めて都民は投票しているはずだ。 遠慮はイラナイ。 それとアベはなにをいきっておるんだ!!  不正の張本人が開き直って選挙集会参加群衆に喧嘩紛いに言い募って逆恨みとは!!!!  こんなバカだから国民ももう我慢ならんと、アベはもう辞めろ、引っ込め―と言うんだ。

この低能児!!!

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 習の香港への恫喝 | トップ | アベ小人に与えた小言タイト... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL