Social News Site「bizdoor」

Social News Site「bizdoor」の運営。日々政治・経済・社会の動きを追ejr>

小池は都知事と国政トップの道へアウフヘーベンできる算段は立つのか?

2017-10-01 22:17:23 | 日記

2017/10/2 (敬称は省略します)

小池は都知事と国政トップの道へアウフヘーベンできる算段は立つのか?

君子豹変、天子虎変の朝礼暮改の投信案上程

●もうこのことで解散総選挙公示日前の民進と希望は日替わりの政局でいまもごった煮だ。 一つ間違えば小池は崖から飛び降りたが即死か大怪我にもなり兼ねない。 まずは自公が過半数を目途にするとは言っても、それ口だけのことでそれでも自民は現有議席287を自民はマイナス89で公明35維持で言うところの過半数の233議席だ。 希望の踏み絵で民進左派リベラルが新党へまた共産とも離合すれば現有議席共産21、維新15、社民2、自由2、無所属11として単純に考えれば過半数の233になるためには希望は182プラス無所属11をしても193として現有民進の88のうち新党リベラル移行分30として差し引けば193のうちマイナス88-30=58になって193-58=135を当選させねばなるまい。もうこれは至難というよりは神がかりな数字だ。 いくらカリスマ小池でもここまでの神風を吹かせられない。

これこそ矛盾であると認めた方がよろしい。 いくら何でももう簡単な算術の問題で哲学の前の段階だ。 首班指名で小池に投ずるのが仮に共産21、維新15、社民2、自由2、新党リベラル30=70となって

空想すれば最小135-70=65の架空計算も成り立たぬはないが、維新は棄権すれば65はそれでも80人は必要最低当選者が要る。

http://www.new-life-club.com/bizdoor/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民主左派と評論家的中道派の... | トップ | 小池は都知事と国政トップの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事